伊達発

2021年の最初のブログ

心の伊達市民 第一号

心の伊達市民 第一号伊達季節移住のススメ

記事一覧

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

2021年は「丑年」で、最初のブログである。
昨年は「コロナで始まり、コロナで終った」年だった。
今年はなんとかコロナを終息して、明るい年になって欲しいと願っている。
まして今年は東京オリンピックも開催されるのだから、コロナが収まらなければ開催も危ぶまれてしまう。

マンション入口の門松。

 

全国の神社やお寺がコロナの影響で、「分散参拝」をお願いしている。
そこで私は2020年が「なんとか健康で」、「大きな問題も無く過ごせた」ので、そのお礼に12月26日に近所の波除神社にお参りに行った。

すでに初詣の為に、神殿の前には「茅の輪くぐり」が用意されていた。
この輪のくぐり方の作法は神社によって違うようだ。

「波除神社」の「茅の輪くぐり」

 

波除神社では「左足から入り、右に廻って元の位置に来る。次にまた左足から
入り、左に廻る。そして元の位置から左足で入って神殿に向かう」という方法である。

お寺や神社が元旦の初詣は混雑してコロナ感染の恐れがあるので、分散してお参りして欲しい」と盛んに伝えていた。「神様はいつお参りしても、ご加護がある」とも言っていたが、それでは初詣ではなくなってしまうが私はそれでもいいと思った。

我が家のお正月飾り。

 

現役の時は苦労も多かったし、助けが欲しい時もあった。
だからお寺でも神社でも、行く機会があれば「お願い」ばかりしていた。

でも今はもう個人的には「お願い事」は無いので、新型コロナの終息をお願いしている。
でもコロナは感染症だから、神様でもどうにも出来ないだろう。

会津柳津の「赤べこ」は「牛」

 

菅義偉総理大臣は『新型コロナウイルスの感染拡大を止めるため「静かな年末年始」を過ごすように』と国民に呼びかけた。
東京都の感染者数が過去最高を更新し続けているので、私は用心の為に珍しく家で終日過ごしていた。
でも、飽きる。仕方ないので散歩がてら、また波除神社に行ってしまった。

銀座「WAKO」の正月飾りは大小の「牛」

 

波除神社から戻ると、もうやることが無い。
テレビを見ても、相変わらず同じようなタレントがつまらない芸をやっている。

そこで年末に図書館で借りた本を読んだ。
ビルゲイツの友人の西和彦の「反省記」、中国のネット社会の「網内人」、トランプ大統領の「RAGE(怒り)」、麻薬取締官の「マトリ」など、10冊くらい読んだ。

人形町の商店街での年末お飾り売り。

 

新年を迎えるに当たり、女房が私にパソコン用に椅子を買ってくれた。
今までは食堂の椅子のような安物だったのだが、「ニトリ」に行って色々と試した。
そして人工皮革で回転、キャスター付き、リクライニングもする椅子が気に入った。
私が現役の時に使っていた椅子と同等で、値段は驚きの1万3797円+税で当時の半分以下であった。

そこで私の周りの色々な品物を見渡してみたら、殆どが中国やアジアの国からの輸入品であった。
これでは「日本経済のデフレからの脱却は難しい」と感じた。
新年早々に、難しい経済問題を考えさせられた。でも私には答えが分からない。

フーテンの寅さんの実家の設定になった帝釈天の参道にある団子屋「高木屋」

 

(おまけの話)
ニトリで買った椅子に座りパソコンをやったが、それも飽きてしまった。
そこで家にいても女房に嫌がられるかもしれないので、年内に他の神社にもお参りしてみようかと考えた。
中央区の図書館で正月休みに読む本を借りた後に、近くのバス停から人形町に行ってみた。

ここには「水天宮」があり、「安産と子授け」の神様だ。
今さら子授けも必要無いので、ここでも「コロナ終息」をお願いする。

人形町の「水天宮」

 

暮れにマンションの友人のXさんが暇そうにしていたので、「柴又帝釈天」のお参りに誘った。
バスで金町駅まで行き、そこから京成電鉄で1駅の柴又で降りた。
参道は思ったより、人が出ていた。

各神社やお寺が分散初詣を訴えていたので、年内にお参りしようとする人が多くいたのだろう。
それは私達も同じだった。

フーテンの寅さんが産湯をつかった「柴又帝釈天」

 

25日にマンションの友人のYさんから連絡があった。
3月に腎臓病で入院していたが、正月なので一時退院したと言っていた。
そこで帝釈天では「コロナ終息」とYさんの「健康回復」をお願いした。

他には菩提寺の築地本願寺にもお参りしたので、年内に4ヶ所もお参りしてしまった。
男女の関係では「二股かける」は問題だが、年内初詣の「四股」はコロナの終息のお願いだから神様も分かってくれるだろう。

築地本願寺の年末の法要。

コメント

この記事へのコメントはありません。