伊達発

台湾産のパイナップル  

心の伊達市民 第一号

心の伊達市民 第一号伊達季節移住のススメ

記事一覧

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

このブログでは、なるべく政治的な話題は取り上げないようにしている。
しかし今回は例外である。

私と深い縁がある台湾が中国からイジメられているからだ。
そのイジメ方が子供っぽい。
自分で「大国」と言っている割には、やり方が情けない。

台湾総統の蔡英文さんが日本語でツイッターで発信している。

 

ニュースによると、【中国の税関当局は2月26日、台湾産パイナップルから「害虫が確認された」として、3月1日から輸入を禁止すると発表した。台湾のパイナップル生産量は年間40万トン前後で、9割が台湾内で消費され、残る1割程度の4万2000トンが輸出されており、その97%が中国本土向けだった】とあった。

パイナップルの輸出は全生産量の10%しかないので、あまり心配ない。

 

私は台湾とは浅からぬ関係があるので、これには怒った。
そして少しでも台湾の為になるのならと、台湾産パイナップルを買いに走った。

ところがフィリピン産ばかりで、台湾産のパイナップルはスーパーでは売っていない。
そこで私は1階のスーパー「マルエツ」に、「台湾産のパイナップルは扱わないのですか?」とメールで問い合わせた。

1階のスーパーで1本637円(税込み)で売っていた。 隣の棚でフィリピン産は427円(税込み)で売っていた。

 

すると次のような回答メールが届いたのである。
『早速では御座いますが、3月19日(金)に販売させて頂く手配をさせて頂きましたので、ご利用頂ければ幸いです。なお数量に限りがあるとのことで御座いますので、何卒ご理解賜りますようお願いします』とあった。

でも「頂く」が「3回」もでは変じゃないか?
しかしスーパーマーケットも客商売だけに、時流には乗るんだと感心した。

とりあえず、2本、買って帰った。

 

台湾の友人のプロカメラマンのKさんにメールで「私は台湾を応援しているので、スーパーで売り出したらすぐに台湾産のパイナップルを買います」と連絡した。

するとKさんから「Triple Pineapple quality is very good, especially no.17 called Golden diamond. If you possible, I suggest you should try」と返信が来た。

Kさんは日本語は喋れるし、読むのもなんとか出来るが、書くのは苦手のようだ。
そして、どうやらゴールデン・ダイヤモンドという品種が美味しいようだと分った。

家ですぐに切ってみた。

 

そして私は18日にスーパーに『台湾産パイナップルは明日の何時に店に並びますか?』と電話した。そしてその答えに驚いた。
「入荷が早まったので、本日から販売となり、既に売り切れました』。
エー!、腹が立つなー!

翌日、出掛けた帰りに念のためにマルエツを覗いてみたら、なんと台湾産パイナップルを売っているではないか!
また腹が立った。 どうなってんだー!
すぐに食べたら、値段はフィリピン産の1.5倍ほどだが甘くて美味しかった。

4分の1本を1人で食べる用意をした。

 

台湾の総統である蔡英文さんのツイッターを見たら、日本語で『台湾のパイナップルはまもなく本格的な収穫期を迎えます。これから美味しいパイナップルが日本にどんどん輸出されます。日本の皆さん、どうぞ宜しくお願いします!』とあった。

私は前回の台湾訪問の時に、丁度、総統選挙の最中で、選挙カーに乗っている蔡英文さんを見たことがあるので、なんだか知り合いのような気になっている。

芯まで食べられて、甘くてとても美味しい。

 

(おまけの話)
私が初めて台湾に関わったのは、今から50年前のことだった。
その時は作家で「お金の神様」と言われていた邱永漢に引率されて、台北の輸出加工区の見学と観光だった。

その頃の台湾は国民党支配の国だったが、外国資本を導入して経済発展の政策を実行するために台湾から逃げて日本に滞在中の邱永漢、金美齢などを呼び戻していた時期だった。

台北のランドマーク「101タワー」

 

次の機会はロータリークラブの関係で、台湾からの留学生のLさんの面倒を見た時だ。
彼は金門島での兵役を終えて、東京の日本語学校に入学した。
そして成蹊大学に入学し、卒業と同時に私の友人の商社に入社してシンガポールに駐在した。

その後、独立して小さな電子関係の輸入商社を始めた。
しかしそれが失敗して、自己破産などの手続きのために私は弁護士を雇ったことがある。

台湾名物の夜の屋台は大賑わい。

 

その前にはLさんの父親が亡くなり、夫婦で台中で葬儀にも参列した。
そこで知り合ったプロカメラマンのKさんが永住権を取るためにカナダに一時移住をした時は、トロントまで行って1週間を共に過ごしたこともある。

その後はなん回も台湾を訪問しているので、特別な思い入れがある。
そんなことで、今回はなんとしても台湾を応援したいのでパイナップルを買って食べたのである。

台北のお寺で。

 

コメント

    • Shinji
    • 2021.03.24

    1階のスーパーで買えるとはなんという便利!とにかく手に入って良かったですね。

    • 信濃 征太郎
    • 2021.03.24

    台湾へ行ったことがありません。自動車屋をやっていた時その機会があったが、社員に行ってもらいました。その人は電信関係の仕事で戦前の台湾に居た人でした。その後NTTを定年退職後働いてくれていました。久しぶりに行けたことを大変喜んでくれました。パインアップルはあまり好きではありません。熱帯系の果物は味が強烈すぎるように思います。寒い山国育ちですからリンゴや柿が合っているようです。