伊達発

AI(エーアイ)に腹を立てる 

心の伊達市民 第一号

心の伊達市民 第一号伊達季節移住のススメ

記事一覧

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

私の現役時代と違い最近は世の中が複雑になり、とても付いて行けない。
特にコンピューターに関する技術の進歩は凄まじく、今までの技術はすぐに陳腐になってしまう。
私程度にインターネットを使用していても、トラブルが発生すると解決は今までのようにはいかなくなった。

私の極狭の書斎

 

私は台湾びいきなので、パソコンも台湾のメーカーである「ASUS」を使っている。
ある時、PCのハードディスクの表示が変なので、ASUSのサポートに問い合わせようと思った。
ネットでホームページを呼び出して、「サポート」に接続する。
するとどこのメーカーの製品にもあるように、先ず「よくある質問」で調べろとある。

ASUSのサポート画面

 

そのページに該当するものが無いと、今までならメールで問い合わせることが出来た。
ところが最近は技術の進歩で、「チャットサポート」に繋ぐように指示される。

これが問題なのである。質問事項を書き込んで送信すると、すぐに返信が来る。
それは良いのだが、これは担当の人間が行なっているのではない。

私の使っているASUSのデスクトップパソコン

 

回答はAI(エーアイ)が行なっているので、こちらの意図することが伝わらない。
しかも機械のくせに「土曜・日曜は休み」だという。

私のトラブルは「2つの内の1つのハードディスクに残量が表示されない」ので、その通りにチャットに書き込んだ。すぐに返事が来た。

物入れの中にあるネット接続のルーター等

 

画面では女性が電話で回答しているような画像を使っているが、実際はAIが答えている。
その回答は「入力したキーワードを認識できませんでした。別のキーワードにて再度、お試しください」だった。

別のキーワードを入力しても駄目で、最後にはチャットは諦めて以前にメールで回答をもらったことを思い出して、担当者にメールを送ったのである。

ASUSのチャット画面(右下)

 

他にもパナソニックに夜間灯の故障の件で問い合わせたが、ここは電話、FAX、メールでの旧式対応でチャットはやっていない。メールで問い合わせれば写真を添付することも出来て、先方も理解し易い。(その後、担当者から電話連絡があった)

私の年代はAIチャットより、面倒でもメールの方が助かる。
サポートサービスにAIを使うと、まだ完全でないだけに、かえってサービスの質の低下になるのではないだろうか?

諦めてASUSにメールで問い合わせた時のPCの添付画面

 

気の毒だから外国のどのメーカーとは公開しないが、サポート画面を見ていて可笑しくなった。
AIのせいか、或いは翻訳ソフトのせいか、人間の翻訳能力の問題かは不明だが、全く理解を越える日本語が出て来た。

「ハードウェアチェックをててください」の「てて」ってなんだ?
他にも「押しがらせる」、「揺がます」、「な問題」などが散見される。
こうなると腹が立つより、笑ってしまう。私に「笑いを与えてくれた」と、理解しよう。

AIか?、自動翻訳か? 変な日本語である。

 

(おまけの話)
もう1件は「ELECOM」という日本の会社である。
我が家ではJCOMのネットを使用しているが、室内ではWiFiも利用出来る。

女房が自室でWiFiでビデオを見ていると、「時々、フリーズ状態が起きるのでなんとかして」と言った。JCOMに相談したら、「電波が弱いので中継器が必要」と言われた。
そこで居間に設置してあるルーターと同じメーカーの「ELECOM」のサポートセンターを調べて、チャットで事情を説明して質問をした。

ELECOMのチャット画面

 

すぐに回答が来た。そして「こちらの製品がお勧めです」とあり、製品番号を知らせて来た。これは質問のキーワードが良かったのか、もしかしたら人間が答えているのかは不明だ。

更に設置に対しての取り扱いを質問したら、すぐに的確で正しい日本語で回答があった。
どうやらELECOMのチャットはAIではなく、人間が応対しているようだ。

すぐに回答が来たが、日本語が変ではないので人間が回答していると思う。

 

AIというものを私はよく理解しているわけではないが、納得できないことがある。
それはAIというものは、次々と情報を入れることにより進化するということだ。

進化するのは喜ばしいことだが、それはユーザーがチャットで色々な質問をすることにより、AIが段々と進化することだ。でも良く考えて欲しい。
ユーザーの無償の協力でメーカーのAIを進化させてあげるという方法は、なにか変ではないだろうか?

ELECOMが推薦して来た中継機

コメント

    • 信濃 征太郎
    • 2021.04.16

    世の中、もはや管理社会になっています。人の動きはすぐさま把握されます。今日の人出は〇〇パーセント増えたなどとやっております。会話もどこかで聞かれているようです。しかも外国で。お金のこともわかってしまいそうです。把握されても困るような行動もしないし。お金もないから、堂堂とあっけらかんと、近隣を徘徊しております。