伊達発

「国語辞典を食べ歩く」 

心の伊達市民 第一号

心の伊達市民 第一号伊達季節移住のススメ

記事一覧
エントリー数 アクセス数計
旧ブログ 2,106 1,284,749
当ブログ 447 45,275
総計 2,553 1,330,024

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

お笑い芸人の「サンキュータツオ」が書いた「国語辞典を食べ歩く」という本が面白い。
国語辞典を出版している「岩波国語辞典」、「三省堂国語辞典」、「明鏡国語辞典」、「新明解国語辞典」等の食べ物に関する言葉の解説を比較し、それを面白おかしく書いた本である。

お笑い芸人が「難しい話を書くなー」と思ったら、彼は「早稲田大学大学院研究科日本文化専攻博士後期課程修了」の文学博士なのであった。

「国語辞典を食べ歩く」★★★

 

「目玉焼き」の項では「鶏卵を2つ落として並べて焼いた卵焼き」(新明解)
「フライパンに生卵を割って落とし、焼いたもの。黄身を目玉に見立てていう。(三省堂例解小学国語辞典)
「目玉」に関して「形状が目玉に似ているので」と記述があるのは、「広辞苑」と「小学国語」だけだった。

「生卵」の掲載の無い辞典は多い。新明解は『ニワトリが生んだままで、加工すると「玉子」になる』、用例として、『デモ隊に生卵をぶつけられた』(新明解)が出て来るのも可笑しい。

「生きる」★★(同級生なので、おまけ)

 

「コロッケ」は「茹でてつぶしたジャガイモに挽肉などを混ぜて丸め、パン粉をまぶして揚げたもの」(岩波)とあるが、形に触れていない。新明解は「小判型にまるめ」と具体的な形まで解説している。

「弁当」は「入れ物に入れて持って行き、外出先で食べる簡単な食事」(三省堂)
これでは不親切で、「コンビニで買う」、「松花堂弁当」はどうなるんだろう?
「新明解」は「日の丸弁当」を、「岩波」は「腰弁」まで入れているのも可笑しい。
「腰弁」は知らない人が多いかもしれないなー。

「少しぐらいの嘘は大目に」★★

 

「おでん」では具の解説も面白い。
「大根、こんにゃく、はんぺん、竹輪」などが入っているが、著者は巷の人気ネタの「玉子」が入っていないのが大問題だと書いている。

「おじや」と「雑炊」の違いも、言われてみれば「そーかー」と思う。
著者は『鍋のあとにするのが「雑炊」で、翌日になると「おじや」』と思っていたが、実はそうではない。
ゼロから作るのが「雑炊」で、残り汁で作るのが「おじや」のようだ。

「ツバメのひみつ」★★★

 

「花巻」は「かけそばに 炙った海苔をもんで振りかけたもの」(三省堂)
私はこれを花巻ということを初めて知った。
「しっぽく」は「かまぼこ、シイタケ、鶏肉などを入れて煮たうどんやそば」(明鏡国語辞典)

落語に登場する「時そば」は「しっぽく」であることも初めて知った。
「うどん」は麺の太さで決る。
1.3ミリ未満は「そうめん」、1.7ミリ未満が「冷や麦」、1.7ミリ以上が「うどん」も初めて知った。

「もう聞こえない」★★★

 

「佃煮」は「魚、貝、海苔などを、調味料を入れて濃い味で煮詰めたもの」(三省堂)
私の住む勝どきの隣町の月島の佃地区が「佃煮」の名前の由来である。今でも3軒の佃煮屋がある。

「納豆」は「蒸した大豆に納豆菌を加え発酵させた食品」(集英社国語辞典)
「納豆は日本のソウルフードと言いたいところだが、全国的に食べられるようになったのはごく最近。外国人からしたら、あれほどおぞましい食べ物は無い」と著者は書いている。

「黒い司法」★★

 

「ポン酢」は「ダイダイ・スダチなどの絞り汁」、「オランダ語のPONSから」「酢は当て字」(明鏡)
「岩波」は「ポンチ」と解説し、フルーツポンチはここから来ているそうだ。

「ラムネ」は「レモンの香りなどを加えた清涼飲料水。ガラス瓶に詰め、ガラス玉で栓をする」(岩波)
ラムネの瓶の形はイギリス人が初めて作り特許も取ったが、そのイギリスでは姿を消している。
こういう話が334ページもわたって綴られている。久し振りに面白い本に出合った。

「天路」★★★

 

(おまけの話)
私は「子供の頃に何を食べていたのか?」を思い出せない。
年をとると「最近のことは覚えていない」が、「昔のことはよく覚えている」というのは嘘である。

私は昔のことも、最近のことも覚えていない。
昔のことで少しだけを、ハッキリと覚えているのに過ぎないのである。
同じように最近のこともハッキリと覚えていることと、全く忘れてしまうことがある。

「メーター検針員テゲテゲ日記」★★

 

私の子供の頃は終戦直後で、我が家も食糧難だっただろうと思う。
なんとなく覚えているのは、(もしかしたら後から何かで読んだのか?)麦の混ざったご飯や、サツマイモが混ざったご飯だったような気がする。それなのに「おかず」が何だったを全く思い出せない。
苦労しただろう母には申し訳ないと思っている。

「派遣添乗員ヘトヘト日記」★★

 

日本経済が安定し、私が少し大きくなってからの食べ物もあまり覚えていない。
その中で覚えているのは「茄子の亀の子焼き」、「くずしロール」、「チャン汁」である。
「くずしロール」と「チャン汁」の話は以前に書いたので省くが、「亀の子焼き」である。

これは母の考案した料理かと思っていたら、ネットに出ていた。
【茄子を半分に切り、皮の方にいくつかの浅い切込みを入れて裏表を軽く焼く。焼く前に内側の身を少し取り除いておく。そこに鰹節を入れて醤油を垂らし油で焼く】。
これは美味しいので、今でも我が家の食卓に上がる。

「交通誘導員ヨレヨレ日記」★★

コメント

    • 信濃 征太郎
    • 2021.11.18 7:14am

    最近辞書を引くことを時々やります。メールでなく手紙を書くようになったからです。すると、面白い言い方などに出くわして感心することがあります。 昭和二十年代はほとんどの人がいわゆる粗食だったでしょうね。今のようにお金さえ出せば何でもある状態など思いも及ばないことでした。

    • Shinji
    • 2021.11.18 8:38am

    早稲田の文学部博士がお笑い芸人をしているという破天荒ぶりも、そして本を書き、出版しているというのも勇ましいことです。自由に生き、才能を発揮しているのは素晴らしい!