伊達発

Go to トラベル「苗場」 

心の伊達市民 第一号

心の伊達市民 第一号伊達季節移住のススメ

記事一覧

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

昨年の秋には紅葉を見る為に、1人で2泊3日で奥鬼怒の川俣温泉に行った。
他にもマンションの友人に誘われて、色々なところに紅葉を見に行った。
日本には四季があるが、私は秋が一番好きだ。
今年の秋は「苗場のゴンドラ」から紅葉を見たいと考えていた。

ゴンドラのスタート「山麓駅」

 

そこで8月初めに「苗場ゴンドラ」の様子をHPでチェックしてみた。
すると次のようなお知らせが載っていた。
【苗場スキー場とかぐらスキー場を結ぶドラゴンドラはスキーのゴンドラとしてウィンターシーズンが有名だが、秋の紅葉では25分の色鮮やかな空中散歩が楽しめます。かぐらスキー場からは、田代ロープウェーが運行しています。(2020年は運行中止)】。

 

「2020年は運行中止」というのは、やはり新型コロナウィルスによるものだ。
ガッカリしたが、仕方ない。その後、「もしかして」と思って、9月中旬にもう一度、HPでチェックしたら、「10月10日(土)~11月3日(火・祝) は運行する」に変っていた。
そこで私はネットで、「Go to トラベルの企画」がないかを探した

 

すると嬉しいことにクラブツーリズムが『ひとり旅 絶景空中散歩』という企画を出していて、これは私にピッタリの企画だった。すぐに10月29日の募集に応募したのである。今回の募集は、この1回だけだった。

この旅は日帰りで「Go to トラベル事業支援対象コース」となっており、本来の料金から7000円を割り引いてくれる。
大型バスに19人の乗客、更に地域クーポンが3000円付くというので申し訳ない気持ちになった。

 

前夜の天気予報を見たら、翌日は「全国的に快晴」だが、私の行く新潟県だけが雨だ。
「晴れ男」の私にはあるまじき天気である。
当日は午前8時20分に都庁横のバス駐車場に集合となった。
バスに乗る時に確認したら、オバサンばかりで男性は3人だけだった。

 

湯沢でお昼ご飯となり、バスの駐車場に行く頃には雨でガッカリである。
3つくらいのトンネルを抜けたら、なんと青空が見えて来た。
バスがゴンドラの山麓駅に着いたら、もう雨の心配は無くなっていた。
ゴンドラに乗る前に渡されたパンフレットを見たら、これは「ドランゴンドラ」という名前だった。
「ドラゴン」と「ゴンドラ」を合体させた名前だった。

 

乗り場に行くと、待つことも無くすぐに乗れた。
なにしろ観光バスが、我々のバスを含めてたったの2台しか来ていない。
例年だと紅葉の時期は、ゴンドラに乗るのに1時間近くは待つようだ。
しかも今回はお客が少ないので、4人乗りのゴンドラに1人で乗れる。
いよいよゴンドラのスタートである。

このゴンドラで最高の風景である

【「ドラゴンドラ」の動画は「ここをクリック」】

(おまけの話)
このドラゴンドラはスタートの「山麓駅」から終点の「頂上駅」まで5.5キロある。
そこを25分かけて、上り下りをしながら進む。往復で50分は紅葉好きには堪らない。

山麓駅付近の紅葉は、まだ始まったばかりだ。
ゴンドラが上って行くに連れて、周りの紅葉が染まって行く。
「なんという贅沢だ!」と、1人でほくそ笑む。

 

山を越えたかと思うと、今度は下って行く。
谷底に清流が見える。紅葉もドンドンと全山が染まって行く。
右手奥に二居湖(ふたいこ)が見える。
私は夢中になり、一眼レフカメラのシャッターを押す。
念のために持参したコンパクト・カメラでも写す。スマホでも写した。


   

頂上付近に近付いたら、ガスが出て来た。
ガスでぼやけた紅葉も、またいいものだ。
頂上に着いたら、レストランや食べ物屋台があるだけで、景色は良くない。
そこですぐに下りのゴンドラに乗る。上りより、下りの方が迫力を感じる。
今回の「Go to travel」は大満足だった。「また来年も来たい」と思った。

終点の「頂上駅」付近ではガスっていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

この記事へのコメントはありません。