心の伊達市民 第一号

心の伊達市民 第一号伊達季節移住のススメ

記事一覧

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

毎週、木曜日の午後7時からTBSテレビ(6チャンネル)で放送される「プレバト」という番組を見ることが多い。
「プレバト」とは「プレッシャー・バトル」の略だそうで、芸能人が俳句や水彩画の腕前を競う番組である。

私はそもそもテレビをあまり見ないので、この番組を知らなかったが友人から教えてもらって見るようになった。

洋品店は閉店か、他の日には営業しているのか?

 

この番組が放送される時間帯は、丁度、我が家の夕食時間である。
テレビを見ながら夕食を食べるという習慣の無い我が家は、食事が始まるとテレビを消す。

だから、いつも最初と最後の方だけしか見られない。
ある日の番組で、「スプレーアート」というものを放送していた。

アート作品と店の営業品目は関係無い。

 

その時の番組の企画は「芸能人がシャッター街となった商店のシャッターに芸術作品をスプレーで描き、その才能を競う」というものだった。
私は「面白しろそうだなー」。

「これで商店街が活性化すれば、なお良い」と思ったのである。
ただ番組の最初と最後しか見ていないので、現物を見たいと思った。

 

その商店街は「桐ヶ丘商店街」という名前だった。
私は聞いたことが無い商店街なので、ネットで調べたら赤羽にあった。
そこで私はそのスプレーアートを見に行くことにした。

政府のキャンペーンとは関係無い、私だけの「Go to 商店街」である。
「赤羽」と言う場所は、私にとってはかなり縁の無い場所で、今までにも1~2回しか行ったことが無いと思う。

 

地図で場所を調べたら、かなり面倒な場所にある。
京浜東北線の「赤羽駅」で降りて、そこからバスで「赤羽郷」で降りる。
なんだか寂しい場所だ。

歩いているのは、後期高齢者ばかりだ。
おしゃべりをしているお婆ちゃん達に、桐ヶ丘商店街の場所を聞いた。
すぐそばにいたのに、気が付かないくらい町全体が寂れている。

 

バス通りから入った場所の広場の両側に、「桐ヶ丘商店街」はあった。
殆どの店のシャッターが下りていて、開いている店は少ない。
ところどころに、シャッターにスプレーアートの描かれた店がある。

カフェが開いていたので中に入る。
すると店の人が「営業は水木金だけです。でも中に入って休んで行って下さい」と言った。

 

そこから話が弾み、「ここは大きな都営団地ばかりで、昔はお祭りの時はこの広場が住民でいっぱいになった。今は住民が高齢化してしまい、子供達もここを出て行ってしまった。
週末にはシャッターの絵の写真を撮る人達が来て、少しだけ賑わう」と言っていた。

ここは令和の時代に「昭和で時間が止ったまま」の商店街だった。

 

(おまけの話)
スプレーアートというのは、最初はただの落書きだった。
特にヨーロッパが盛んで、電車やバスの車体にスプレーでなんだか分からない文字のような
ものを書いていた。
それをアートにまで引き上げたのが、「バンクシー」である。

若い女性が写真を撮っていた。

 

昨年の4月に東京都は「バンクシーの絵らしきもの」を防潮堤で発見し、それを都庁で公開したことが
あり、私はそれを見に行った。

でもバンクシーは型紙を使ってスプレーで吹き付けるのだから、公開されている絵柄なら日本に住む
誰でも出来てしまうから偽物だと思う。

酒屋の隣のシャッター・アート。

 

桐ヶ丘商店街だけではないが、全国のシャッター商店街になった理由が住民の高齢化による人口減少と郊外の大型ショッピングセンターの進出だから、スプレーアートだけでは復活は難しいのではないだろうか?

一番の問題は、シャッターアートは、「シャッターが閉まっていないと見られない」ことだ。
だから店が繁盛しては、アートが見られないのである。

アートの隣の米屋は営業していた。


       

 


     

 

 

コメント

この記事へのコメントはありません。