洞爺・壮瞥・豊浦発

庭にドッグランサーキットをつくる

kayaker

kayaker犬と暮らしとカヤックと

記事一覧

北海道の噴火湾を臨む町に住むオヤジカヤッカー。犬や暮らしやカヤックを中心に考えたことなどを綴ります。2021年1月のプロローグ記事を起点として、過去記事と新規記事を投稿していきます。
登場犬:(元)コマリ 現在はコマ(コマちゃん・メス・2019年12月生)セージ(セージくん・オス・2019年12月生)
コマちゃんは気が強くて怖がり。セージくんは気は優しくて力持ち。だからセージはコマにいつもやり込められている。

冬は寒いから散歩も面倒。

特にウチにいる子たちは、

散歩に連れていくのが一苦労。

セージくんは自分のウンコや石までも食べてしまうし

コマちゃんは誰にでも吠える。

ついでにウチの中でもいたずらばかり・・・

まったくもって躾に失敗している。(^^;;)

 

人は彼らを「ちびっ子ギャング」と呼ぶ。

ちびっこギャング

 

 

 

だからなかなか連れ出すのが億劫になるのだ。

ましてやマイナス気温の中、一緒に歩くのは容易ではない。

ついつい面倒になってしまうわけだ。

 

 

そこでいいことを思いついた。

「そうだ。庭で遊べるようにしてやろう。」と。

ドッグランを作れば散歩に行かなくてすむようになると思ったわけ。

幸い今シーズンの冬は雪がたくさん降っている。

 

私は実は雪の中の作業は嫌いではない。

以前は3日がかり、マイナス10度の山の中に

10人以上でバーベキューを囲める

大きなイグルーも仲間と作ったものだ。

イグルー

 

暇な人は下の動画みてね・・
どうやってイグルー作るのかわかるよ。(あ、作る機会ないか・・・笑)

↓↓↓↓↓↓

 

それに末娘にも毎年のように庭にイグルーをつくってあげたこともあるのだ。

小イグルー

 

 

要はモチベーションである。

 

寒い散歩をサボれるかも・・・

 

そのモチベーションが俺をドッグラン建設にかきたてたわけである。

 

そこで、膝くらいの高さまで降り積もった雪をかきわけ

周回できる道を造成した。

 

これをのちに家に帰ってきた息子が延長させた。

 

それがこれ。

 

 

素晴らしい・・・

 

こいつら勝手に遊んでくれる・・・

 

 

これで雪が解けるまでは楽できそうだ。

 

めでたし、めでたし・・・

コメント

この記事へのコメントはありません。