洞爺・壮瞥・豊浦発

ジオ友☆手工芸部会 枝打ち&樹皮はぎ作業!

お散歩大好きぽこみ

札幌から移住し豊浦町在住。北海道上川町育ち。
洞爺湖有珠火山マイスター・防災士・北海道観光マスター。洞爺湖有珠山ジオパークを思いっきり楽しみつつ、なんちゃって温泉ソムリエなので温泉大好き。美味しい物も大好きな食いしん坊。
1日中お散歩して暮らしたい。そんな日々の身近な宝物を綴ります。
洞爺湖有珠山ジオパーク(ユネスコ世界ジオパーク認定地) | Facebook

「有珠山周辺地域ジオパーク友の会」って

皆さんご存知でしょうか?

「洞爺湖有珠山ジオパーク」

というのも

何となく聞いたことある~!という方も

多いかなと思います。

伊達市・洞爺湖町・壮瞥町・豊浦町が

そのエリアになっています。

ジオパークとは!

ジオ→地球

パーク→公園

「大地の公園」

ジオを学び丸ごと楽しめる場所!

ということで・・・

「有珠山周辺地域ジオパーク友の会」とは

ジオパークを思いっきり楽しんじゃお~♬

という会です(^▽^)

昭和新山や有珠山の登山学習会や

ジオパーク周辺の登山や散策などをしています。

そのジオパーク友の会→略して「ジオ友」には

開発局の許可を得て枝打ちした

木々の樹皮をはいで、

その樹皮で籠などを作ったりする

手工芸部会があります。

これは私が持ってるのです。↓↓↓

こちらは上手な方が作ったのをイベントで購入↓↓↓

こちらは私の始めての作品。

ザックなどにぶら下げるスマホケース↓

昨年作ったリモコン入れ↓

歪んでる感じも自分で作ったのなんで

愛着があります♡

この作る作業は楽しいのですが、

これを作るってことは

材料がいるわけで。

いつでも樹皮がはげるわけではなく、

今頃の時期に採って、

(時期を1週間でも逃がしてしまうと樹皮をはがせなくなります!)

樹皮をはぎ、

乾かして、

秋ごろやっと作り始められる・・・と

前段階が大変なんです!

今日は壮瞥町の農家さんの敷地内にお邪魔して

山ぶどうの蔓やオニグルミの木などを

切らせていただきました!

 

木を切ったら樹皮をはぎます。

ホタテ剥きのヘラで作業している方も!

籠バッグなどを作るには沢山の樹皮が必要になります。

木を切ったり、はいだり、

大変な作業ではありますが、

今年は何を作ろうかな~と

秋の楽しみにワクワクです(*'▽')♬

 

手工芸部会の籠は

壮瞥町の雑貨屋 鹿の子さんで購入できます↓↓↓

雑貨屋 鹿の子(@kanokotokonoka) • Instagram写真と動画

ジオパーク友の会H.Pはこちら↓↓↓

NPO法人有珠山周辺地域ジオパーク友の会 (localinfo.jp)

 

 

 

コメント

この記事へのコメントはありません。