伊達発

お着物の着方できれいに見せるコツとは・・・。

「ああ〜遊行!!」

★誕生★
12月10日 洞爺湖のほとり

★血液★
興味がないがO型みたい

★趣味★
創造

5歳で父の仕事の関係で岩手県に・・。

修行時代>高校を卒業後千葉県の大友美容室で10年間みっちり修業・3年程、姉のサロンで店長として修業

遊行の始まり>
Cut&Perm麗人 1995年10月7日OPEN、
遊行が始まった、始まった頃は苦行の連続 真面目にリサーチしてお店をするべきだった・・。と後悔の日々・・・。
しかし生まれながらの恵まれた環境に育ち、苦労知らずで生きている

2007年12月10日
麗人Love Earthに名前を変える。
そして新しい基地を構える。
みなさんのご指示で立派な基地がオープンしました。

生まれただけでぼろ儲け・・。

目標
「楽しむこと・・。」
「人生はたった一度きり・・。自分の人生の映画を主演で演じきる」

麗人HP
http://reijin.website/

おはようございます・・。

 

今日も元気な麗人さんですが・・。

 

さすがに昨日はぐったりしておりました≪笑≫

 

それでも起きたら絶好調な自分に

 

「まだまだいける・・。」

 

と言って自分に言い聞かせております

 

昨日、伊達市の成人式は延期になりましたが着付けをしてくれた方が

 

3名おりました・・。

 

ここで、着付けに関してのちょっとした見方についてのレクチャーです・・。

 

着付けをしている人でもそのような観点で着付けをしている人は少ないかもです・・。

 

まずは帯の位置

 

わきの下にきちんと帯があることで、前から見た帯の位置は

 

これくらいになります・・・。

 

 

帯の位置ってすごく重要なんです・・。

 

そして襟の角度・・。かわいく見せるには90度くらいがベストです・・。

<振袖 花嫁は90度くらい・・ 留めそでになると角度は鋭角に変えたほうがいいですよね>

 

 

体系や慎重により 鋭角になりますが、意外に90度にして襟抜きをしっかりとるのは結構難しい作業なんです・・。

 

前から見た時のおはしょりも5Cm~8Cmくらいに納まっているのがベストですよね・・。

 

さて、私が一番大切にしているところ・・。

 

それは後ろ姿です・・。

 

帯位置を脇下からとることで、おはしょりの位置から下の部分<ふき>までの距離が長く見えます

 

この距離感がきれいに見せれるか見せれないかのポイントなんですよね・・。

 

帯の形に目が行ってしまいそうですが、私の視点は上下のバランスです・・。

 

帯が小学校の低学年の子がランドセルをしょっているようなイメージですとNGです・・。

 

きれいにこじんまりと足が長く見えるような着付けをする・・。

 

これが私流の見せ方なんですよね・・。

 

私が気つける人がみんなびっくりされますが・・・。え!!こんなにいろいろとタオルやガーゼを使うの?

 

って感じるようです・・。≪笑≫

 

鳩胸と腰回りの補正は着付けの一番の重要ポイントです・・。

 

まぁ!!いろいろと講釈垂れてますが、やっぱ一番のポイントはメイクとセットだよね・・。

 

来たことない着物はどうやって見ていいのかわからないのが現実ですよね・・。

 

でも今度見た時には、ぜひご確認下さいませ!!(*^。^*)

 

 

 

PS 着付けをされた森田様よりお礼にとお菓子をいただきました・・。

ごちそうさまです・ありがとうございます。

 

 

今日の言葉

 

 

 

 

コメント

この記事へのコメントはありません。