伊達発

どんな映画よりも・・・。

「ああ〜遊行!!」

★誕生★
12月10日 洞爺湖のほとり

★血液★
興味がないがO型みたい

★趣味★
創造

5歳で父の仕事の関係で岩手県に・・。

修行時代>高校を卒業後千葉県の大友美容室で10年間みっちり修業・3年程、姉のサロンで店長として修業

遊行の始まり>
Cut&Perm麗人 1995年10月7日OPEN、
遊行が始まった、始まった頃は苦行の連続 真面目にリサーチしてお店をするべきだった・・。と後悔の日々・・・。
しかし生まれながらの恵まれた環境に育ち、苦労知らずで生きている

2007年12月10日
麗人Love Earthに名前を変える。
そして新しい基地を構える。
みなさんのご指示で立派な基地がオープンしました。

生まれただけでぼろ儲け・・。

目標
「楽しむこと・・。」
「人生はたった一度きり・・。自分の人生の映画を主演で演じきる」

麗人HP
http://reijin.website/

おはようございます・・。

 

今日は麗人さん連休の初日です・・。

 

先週は大人の修学旅行で

 

ゴルフ三昧でしたが

 

今日は何しましょうか?

 

大滝の紅葉が見ごろって話なので出かけてみようかしら?

 

あ!!そうだ・・。

 

本日もありがたく目覚めました・・。税好調です。

 

さてさて、今日のタイトルですが

 

今私は長編の映画を見ている感覚です

 

それはアメリカで繰り広げられている、大捕り物帳とでもいいましょうか?

 

いや?水戸黄門?

 

いやちがうなぁ~・・。アルマゲドンかな?

 

まぁ!!麗人さん今までにいろんな感動してきた映画を見てきて皆さんにシェアさせていただきましたが

 

このリアルピクチャーはあまりにもスぺクタルでありミステリーでありホラーチックでもあります。

 

表現のしようがないことばかりです。

 

でもいろいろと知るうちに、わかってきたことがあります。

 

それは、一生懸命に自分を活かし稼いでいた仕組みには

 

私だけでなくすべての人々が、ある1部の方だけのために奉納する仕組みだった

 

ということです・・。

 

それを知ったのは数年前、でもこの場で明かすことはなかった・・。

 

それは、誰もその出来事にメスを入れることもできなかったし

 

自分のやっていることに、なんとなく満足してしまっていたから・・・。

 

人間そうなると、ある疑問も、「まぁ~いいか!!」って話になるんですよね

 

さて、その疑問、私よりも前にずっと感じていたアメリカの大統領がしました・・。

 

たまにテレビ番組でも拝見するであろう、第35代ケネディ大統領です

 

アメリカで闇に起きている仕組みの解体に着手しようして暗殺されました。

 

時は流れ数年後

アメリカは一見、世界のTOPを走る国家として長年突っ走ってきましたが

ふたたびアメリカの闇を正そうとする

計画が立てられていたのです

 

それがQ〇〇〇計画・・・。

 

まぁ!!私の解説ではちんぷんかんすぎるから、ぜひいろいろと調べてみてください。

 

っていうのも、アメリカの大統領選11月3日から世界は劇的に変わるかもしれません・・。

 

それに対応できる自分でいられるように、地に足をつけていきたいですね・・。

 

今年の2月ころから、壮大なスぺクタルなリアル映像は

 

映画では表現できないくらいの壮大な計画です

 

今から変わろうとする世界、私が望む世界になろうとしています

 

ケネディー大統領が暗殺されてからも光の勢力は

 

地道に走り続けてきました・・。

 

このリアル映画はどこから話していいのかわからないくらいに、あまりにも

 

闇が多すぎます。

 

でも、知ること大切です・・。

 

なぜならば、このような地球の仕組みになったのも

 

知らないうちにそうなってしまった仕組みだからです。

 

新しい夜明けです・・。

 

2020年、生き証人として、語れる人になっていきたいですね

 

さぁ!!」今日もはりきっていくぞ!!

 

PS 多分ちんぷんかんぷんに感じた方申し訳ございません

でもコロナ禍の現在も、以前の暮らしってどうだったか?って感じではありませんか?

時間とともに、昔の暮らしを忘れてしまう

わずか10か月くらいの前の生活を…≪笑≫

始まりを短い時間で表現した動画です

 

ぜひご覧ください!!

 

https://www.youtube.com/watch?v=sKaDlFf0rcM

 

https://www.youtube.com/watch?v=qCRlSyI-flE

 

 

 

 

 

コメント

この記事へのコメントはありません。