伊達発

エゼキエル書

タリズマン・マスター

タリズマン・マスターちょっと不思議なおはなし

記事一覧

1995年から、この伊達市に、占いスペースを開き、運命アドバイザーとして占いをおこなっています。
札幌、苫小牧など、遠方よりお越しになる方も、多く占わせていただいています。

占いに使うアイテムは、タロットカード、占星術、など、多岐にわたりますが、アイテムをガイドとして使いながら、霊感によって、その人の本質を霊視します。
この仕事についたのは、運命だと思っています。

エゼキエル書は紀元前597年、バビロニアに捕囚された南ユダヤ王国末期の預言者エゼキエルによって書かれた…。
圧倒的な迫力と内容で書かれたその預言は、「イザヤ書」「エレミア書」と共に、旧約聖書の三大黙示録の一つに数えられています…。

エゼキエルが未来を予言したのは紀元前592~570年の間で、「終末の預言」「神にあった時の風景」「イスラエルの再建国」等、全48章からなっている…。

このエゼキエル書に影響された人物として有名なのがヒトラーです。
ヒトラーの著書「わが闘争」の中には、エゼキエル書の文章をコピーしたかのような表現がいくつも見られる。ヒトラーは、これらユダヤの聖典を元に、ナチズムを組み立てたともいわれているほどで…。

エゼキエルは、黙示録の第1章で神の幻を描いている…。
その光景は、まるでUFOの目撃談のようでして、そこに描かれた乗り物は20世紀なって初めて登場した月着陸船に酷似しているという指摘もある…。次のような描写がある…。

「私が見ると、激しき風が北より吹き、大きな雲と燃える火の玉が北より出て来た…。また雲の周りに輝火あり…。
その中より真っ赤に熱した金属の如きものが出て来た。
その火の中に4個の生物にてなる1個の形が見え、人間の形のようであった。おのおの4つの顔あり。
おのおの4つの翼あり。その足は直なる足。その足の裏は丸みを帯びて、磨かれたる銅のごとく光れり…」

 4つのまっすぐな足は、裏が丸みを帯びて銅のように光っている。
その形は、アポロの月着陸船そっくりで、次のような記述も機械を表しているとしか思えない…。

「私が、生物を見ると、4個の生物の側にそれぞれ車輪があった。車輪は輝けるターシス石のごとし。
その4個の形はみな同じで、車輪の中に車輪があるように造られている。その行く時は四方に行き、異なる方向へ行く時、方向転換はしない。輪ぶちがあり、その周りには多くの目があった。生物の行く時は、車輪そのかたわらを行き、生物が地を離れて上がる時は、車輪もまた上がる。全て霊の行か
んとするところには、車輪またその傍らに上がる」

まるで4本の脚を持った機械ですよね?
エゼキエル書のクライマックスとなるのは世界の終末の描写で、それは第38、39章に繰り返して語られている…。

「マゴグの地のゴグ、すなわちメシュクとトバルの総首長に対して顔を向け、彼に預言して、いいなさい。彼らはみな完全に
武装した大集団で、大盾と小盾を持ち、みな剣を持っている。ペルシャ、クシュ、プトが彼らと共におり、みな盾を持ち、兜をかぶっている。
ゴメルとその全ての軍隊、北の果てのベト・トガルマとその全ての軍隊、それに多くの国民がお前と共にいる」

これはマゴグのゴグが軍隊を揃えて、終末戦争に備えている様子を描いているといわれている。
そして、いよいよ終末の戦いのシーンに入って行く…。

「ゴグがイスラエルの地を襲う日、まさにその日に…私の憤りは激しく燃え上がる。
必ずその日に、イスラエルの地に大地震が起こる…山々は裂け、崖は崩れ、全ての城壁は地に倒れる。私はゴグに向かって剣を呼び寄せる。私は疫病と流血によって彼を裁く。
私は彼とその軍勢、また、彼と共にいる多くの民の上に、大雨と雹と火と硫黄を注ぐ」

北方からやって来たゴグに対して、イスラエルはその大地を震わせ、激しい怒りで、流血と疫病(”細菌””ウイルス”)により抵抗し、終末にはユダヤが勝利するとしている。
北方のゴグとは何か?いつ行われるのか?は、語られてはいないですが…。

コメント

この記事へのコメントはありません。