〜和のお手当基礎講座in伊達〜

いつでもどこでも、自分の手さえあればできる優しいお手当です。さっと、そっと、寄り添い、あたたかさを共有できる、そんな手をつくっていきませんか♡どなたでもご参加頂けます。
すでに基礎(ベーシック)講座を受けられた方は、おさらい会のみ、再受講も可能です。

【日時】12月4日(金)
基礎講座:9時半から17時半
合同おさらい会:13時半から17時半

【場所】伊達市みどり会館(南稀府町305、稀府神社隣りです)

【参加費】基礎講座:25000円(再受講は半額)
おさらい会のみ:5000円

※基礎講座はお申込み時点で下記キャンセレーションポリシーが適用されます。
お振込をいただいていない場合でも、下記日程でキャンセルをされますと規定のキャンセル料を頂きますのでご留意ください。

【キャンセル料金】
・開催日1週間前まで:受講料の10%
・6日前~4日前:受講料の50%
・3日前~当日:受講料の100%

【持ちもの】基礎講座の方:筆記用具、お弁当、バスタオル2枚、あればヨガマット
おさらい会のみの方:バスタオル2枚、あればヨガマット
○締め付けないゆったりした動きやすい服装

【講師】齋藤光洋先生

【お申し込み・お問い合わせ】二木尚美
080-5589-2096
yuruyuru.naomy@gmail.com
お気軽にお問い合わせください。

どうぞよろしくお願いします。

●和のお手当てとは

「和のお手当て」とは、東洋思想に基づいて頭蓋仙骨療法をアレンジした手技療法です。
頭蓋仙骨療法(クラニオセイクラルセラピー) を東洋医学と解剖学の見地から、日本のくらしと身体に合わせた形で「和のお手当て」としてご紹介しています。
東洋人の自然体である「上虚下実」を基本に、中枢神経系に対する負担を考慮し、より繊細に丁寧にアプローチを行います。
優しく相手に触れ、身体のこわばりを解きほぐし、脳脊髄液の流れを促進することにより自然治癒力を高めていくものです。
痛みやこりを軽減させるだけでなく、骨格のゆがみを整え、深いリラクゼーション効果や自律神経を整える効果もあります。

生まれたばかりの赤ちゃんから妊産婦さん、お年寄りや病気療養中の方にも、安心して受けていただく事のできる、優しい手技療法です。
圧を加えたり揉みしごくようなことはなく、ただぴったりと柔らかく触れ、相手の体からのサインを待ちます。
必要なのは相手を感じとる力、寄り添うセンス、あたたかい手です。

頭・耳・胸・お腹・骨盤・足などに優しく柔らかく触れます。
触れているだけのように見えますが、施術者は手で体内の動きや体の状態を診て、ゆっくりと身体のこわばりを解きほぐし整えていきます。

体内を構成する臓器や筋肉、関節、神経や血管にいたるまで、殆ど全てのものは膜(漿膜、筋膜等)に包まれています。
特に中枢神経系である脳と脊髄は脳脊髄液と呼ばれる、海水に近い成分の液体に包まれており、その周囲が膜(硬膜)に覆われています。硬膜のこわばりをゆるめ、解きほぐすことによって、脳脊髄液の循環が改善されると、自律神経の働きが安定し自然治癒力が向上していきます。

身体や潜在意識の滞りに、その人のカラダ自身が気づくことで「自己治癒力」にスイッチが入り、不必要なコワバリや感情、老廃物などの体毒をカラダから排出する「流れ」が甦ります。

あらゆる痛み、心身の不調を改善するきっかけとなるでしょう。

たとえば、肉体・精神的な疲労、不眠、うつ、呼吸が浅い、胃腸障害、生理不順、骨格のゆがみ、腰痛や肩こり、顎関節痛、側湾症、慢性的な頭痛・便秘などの改善を手助けします。

詳しくは和のお手当会

http://cranio.uminoie.org/p/blog-page.html?m=1#introduction

自然療法花音(ゆとりの空間HugRuu)

自然療法花音(ゆとりの空間HugRuu)”治る力”を応援して自己治癒力をUPし、生き生きと毎日を過ごせるようにお手伝い

記事一覧

病院に行くほどじゃないけど、なんとなく具合が悪い、薬の副作用が怖いからなるべく薬を減らしたい、自分の健康は自分で守りたい、体の声に耳を傾けて自然と調和して暮らしたい。自然療法癒し処・花音ではこのような方々の”治る力”を応援して自己治癒力をUPし、生き生きと毎日を過ごせるようにお手伝いをしていきます。
現代人は様々なストレス、環境の悪化などによって、本来誰もが持っているはずの”自然治癒力”が著しく低下しています。こころやからだの滞りを解放することによって、生命力が波のようなリズムを取り戻し、自ら健康なバランスを取り始めます。からだを部位でくぎるのではなく、こころやたましいも含めた1つの全体とみる、それが自然療法なのです。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。