アニマルコミュニケーション<ペットとの会話>

おはようございます。

 

麗人オンライン管理人の大屋です・・。

 

我が家の愛犬のピース君とらぶちゃんです・・。

<こちらがピース君>

 

<こちらはらぶちゃん>

 

実はピース君は2年前に11歳で亡くなってしまいました・・。

 

ピース君が亡くなる前日、ケージからこちらをピース君が私たちにこんなことを言っていたように感じました・・。

 

「ありがとう!!出会えてよかった」

 

ということを目で訴えていたように感じました。

 

これはうちのかみさんも感じていたようで、思い出すと切なくなりますね・・。

 

ピース君がいてくれたことの感謝は今でも忘れておりません・・。

 

そして、なくなってからのらぶちゃん・・。しばらく一人ぼっちになったことで

 

あきらかに彼女<らぶちゃん>のさみしさを感じる日々がしばらくあったように感じます。

 

さて・・。

私がお伝えしたいのは、「感じた」 「思った」という表現なんですが

 

長年ペットと暮らしていくと気持ちが通じるから言えることです。

 

ただ、それはあくまで「感じた」ということで彼や彼女がなぜ我が家に来てくれたのか?

 

そしてなぜ、あんなに人様に吠え掛かったしまうのか?などなど

 

ペットを育てているなら疑問に思うことって多々ありますよね・・。

 

そんなことを解決してくれる方のご紹介です。

 

アニマルコミュニケーション和さんです

 

見えない世界をサポートしてくれる方です。

 

気になる方はセッションを受けてみてください。

 

麗人オンライン

麗人オンライン北海道らしい商品かららしくない意外な商品まで!

記事一覧

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。