記事の本文の書き方(エディターの使い方)

記事本文のエディターの使い方を説明します。
基本的なツール等の使い方を説明します。
いろいろなツールをご自身でやってみると使いこなせるようになります。
(動画挿入機能など現在使用できないツールあります。)

改行の仕方(段落の作り方)

「Enter」キーは改行ですが、前後で段落が変わり余白ができます。
同じ段落で文章を改行する場合は「Shift+Enter」で、単純に改行ができます。

改行について

ツールバーで本文を修飾する

エディターツール

本文入力欄の上にあるツールが修飾ツールです。

クイックタグで見出しをつくる

ツールバーの中の「クイックタグ」で「見出し」をつくります。
「クイックタグ」は下図のところにあります。
「見出し」の種類は

  • H3見出しa
  • H3見出しb
  • H4見出しa
  • H4見出しb
  • H5見出しa
  • H5見出しb

とあり、それぞれ修飾も違います。

クイックタグ

これらの中から「見出し」を選んで作っていきます。

見出しは本の「章」のようなものです。見出しには階層もつけられます。
h1が本の「タイトル」だとしたら、h2は「第1章」とか「第2章」、h3は「第1章第1編」「第2章第1編」、h4は「第1章第1編第1項」というようなイメージです。

h1とh2はすでにこの記事の「タイトル」とかで使っているので、本文では「h3見出し」から使います。

見出しを適切につけることで文章は読みやすくなるわよね。またSEO(検索最適化)対策にも有効よ。

 

 

「クイックタグ」からそれぞれの「見出し」を選ぶと、それぞれ下記のように修飾されて表示されます。


◆ 見出しの種類

H3見出しa

H3見出しb

H4見出しa

H4見出しb

H5見出しa
H5見出しb

 


「見出し」は書いているときの編集画面と表画面の見え方が違うわよ。

 

 


さらに、ツールバー左上にあるツールからも「見出し」は作れます。

見出しただし、ここで出てくる「見出し1」と「見出し2」については、すでに本文のタイトルなどで使っているので、階層的に考えると「見出し3」以下を使うことが良いです。

 

 

ここから見出しを選ぶとそれぞれ、

見出し3

見出し4

見出し5
見出し6

 

という感じで表示されます。

ちなみに、今書いているような通常の本文部分は、ここのリストにある「段落」という種類になります。

箇条書き

「箇条書き」(リスト)には何種類かあり、「番号なしリスト」と「番号ありリスト」とあり、それぞれ数種類のリストを右の▼から選べます。

箇条書き

最初にツールバーの「番号なしリスト」を選んで箇条書きを作れます。
箇条書きしているときは、改行したら次のリストになります。
箇条書きを終えるときは2回改行して段落をつくります。

Shift+改行で同じモードは続く・・・

たとえば「見出しh3」を選択して見出しを作って、Shift+改行をすると、それらの文も「見出しh3」として扱われます。

同じ段落は前の文と同じ修飾がされていることを覚えておいて。

 

 

 

→ 画像の追加について

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。