「meta title 」「meta description」の設定方法

SEO(検索エンジン最適化)対策として一番最初に行うのが、タイトルやディスクリプションの設定です。タイトルタグやメタディスクリプションは、内部SEOで最も基本かつ重要な設定の一つです。今回はタイトルやメタディスクリプションの基本的な考え方と設定方法について解説します。自分で設定しなくても、Googleなどの検索エンジンは自動的に記事の中から抜粋し表示してくれますが、自分でユーザーに伝えたいディスクリプションを考えて設定しておくほうがユーザービリティ(ユーザーの使いやすさ、満足度など)を上げることができます。

「meta title」はユーザビリティの向上のため

titleとは、コンテンツのタイトルとなります。以下の様に検索結果に表示される一番重要な部分です。

title説明

titleは検索エンジンが最も重要にする要素です。ここにキーワードが入っていないと検索結果に表示されません。そのため、ここの設定を見直す事で、書いている記事の想定する「キーワード」で検索順位が一気にあがることもあります。それでは設定方法について解説します。

「title」 タグの設定方法

titleの文字数は30⽂字程度で設定して下さい。タイトルの文字数が多いと省略されて表示されることがあり、何のサイトか分かりにくくなります。そのため、titleは検索されたいキーワードを含めたシンプル・分かりやすく記述するのがポイントとなります。

ページタイトルが、titleタグとは別のものに書き換えられる場合

通常検索結果にはtitleタグの記述が用いられるようになっています。しかし、検索されるキーワードによってはそのページのtitleタグがそのまま表示されるのが最適ではないケースも多くあります。そのためGoogleが自動的に最適化して表示する場合があります。その場合には、そのページのmetaタグやhタグ要素などの情報から、代わりとなるページタイトルを自動で生成し書き換えることが起こります。
希望しないタイトルに変更された場合は以下のような方法で改善できます。

    • 全ページにtitleタグを記述する

そもそもtitleタグが無いページが検索された場合には表示する情報がないため、Googleが書き換えすることになります。全ページにtitleタグを設定しましょう。

    • キーワードを入れすぎない

同じキーワードを何度も繰り返して使用した場合、検索エンジンからスパムと認識される可能性もあり検索順位が下がる可能性があります。同じキーワードは1語、多くても2語までにしましょう。

    • ページ事にタイトルを変える

全ページに同じtitleタグで記述している場合や、各ページを少し変えただけのtitleタグを記述している場合はタイトルが書き換えられる可能性があります。各ページ毎のテーマに合ったtitleタグを設定し、重複させないことでタイトルが書き換えられる可能性を低くできます。

「meta description」とは

meta descriptionは検索エンジンに伝える、「ページの概要説明」です。以下のように検索結果に表示されます。

descrioption説明

メタディスクリプションはタグ自体にはSEOとしての効果がないと言われていますが、最適なディスクリプションを設定することでサイトへのクリック率を高める事ができます。メタディスクリプションに予め文章を入力しておく事で、検索結果に表示される文章をコントロールしましょう。設定しなかった場合は、googleが自動的に記事の中から抜粋し表示してくれますが、自分でユーザーに伝えたいディスクリプションを考えて設定しておくことをおすすめします。

「meta description」 タグの設定方法(HTMLとWordPress)

descriptionの文字数は長くても120文字程度にしましょう。できれば最初の50文字が重要なことを。それでモバイルにも対応できます。先ほども記載しましたが、descriptionタグ自体に直接SEO効果はない(Googleのウェブマスター向けガイドラインには書かれていない)ので、キーワードやテキストを詰め込まず、検索したユーザー惹き付ける文章にすることを意識しましょう。それが間接的ににSEOにつながるとも言えます。

新むしゃなびでの「meta title」と「meta description」の設定方法

記事の下部に設定画面があります。ここにテキストで設定したい内容を入力するだけで設定が出来ます。
自分の記事を検索エンジンに適切に表示させるようにするために、meta titleとdescrioptionを記事ごとにカスタマイズするといいと思います。

title03

 

→ マニュアルに戻る

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。