おすすめ絵本・紙芝居 2

こんにちは。

読み聞かせボランティア『きつつきの会』です。

今日は先日の長和小学校で披露した絵本『かたあしだちょうのエルフ』をご紹介します。

少し長めのお話ながら、長和小の皆さんは最後まで集中して聴いてくれました。

それだけ惹きつけられる魅力のあるお話とも言えます。

夏休み後半、ぜひお子さんと読んでみてはいかがでしょうか。

◎あらすじ

わかくて つよくて すばらしく大きなだちょうのエルフは、草原に住む動物の子ども達の人気者でした。

ところがある日、子ども達を守るためにライオンとたたかって、大切な片足を無くしてしまいます。

はじめのうちこそ、みんな心配して食べ物を届けてくれたりしましたが、

日が経つにつれてだんだん忘れられていき、エルフはひとりぼっちになりました。

そんな時、今度は黒ヒョウがおそってきました。

エルフは、逃げ遅れた子ども達を背中に乗せると、最後の力をふりしぼり、戦いをいどみました。

そして…。

◎読み聞かせ担当 Tさんより

子ども達は長いお話にも集中して聞いてくれたと思います。内容のある大好きなお話です。

最後に…9月3日土曜日 14時より 市立図書館にて定例の『おはなしの会』を行います。

幼児から小学生まで楽しめる絵本やお話、紙芝居を用意してお待ちしています!

ぜひお子さんと一緒に遊びに来て下さい!(^o^)/

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。