チカプ~“こだわりを持たない”というこだわりのパン屋さんに出会った。

伊達市南稀府町 緑丘高校をすぎ、さらに山の方へ走ると「チカプ」はありました。
看板には“しあわせの青い鳥”が描かれています。

オープン時刻直後から次々と焼き立てパンを買いにいらっしゃるお客様。
その切れ目を待っていた筆者は、パン工房からの香りだけで幸せな気分に浸っていました。
それは、くどい匂いが一切しない、シンプルな香りでした。

↑今の気温が高い時期だけ限定で10:30~開いています。でも全部揃うのは11:00~

昨年5月、関東圏から移住してこられた佐藤さんご夫妻が、お店をOPENされたのは2021年6月のこと。
それまでは、旦那様は美容室を経営し、亜実さんはパン屋さんに勤めていました。

「本当は北広島市で美容室を営みながら、私はその片隅でパンを売ろうと思っていたのです。」

と亜実さん。
ところがこのコロナ禍。
住み慣れない街でのチャレンジをするにはあまりにもリスクの高い状況でした。

すっぱりと諦めた旦那様は、亜実さんの夢を全面的にバックアップすることに決めました。
そこで、親戚が伊達市に住んでいらしたご縁から、物件を探し、店舗付き住宅にリノベーションをしました。

オーナー佐藤亜実さんは「チカプ」の職人兼店主として。
旦那様は主夫 兼 畑係 兼 販売係として。
見事な連携でお店を切り盛りされていらっしゃるのでした。

亜実さんは製菓製パン専門学校ご出身。
パン作り一筋で16年のキャリアをお持ちです。

↑一度に二組のみの入店とされています。感染予防対策もしっかりとされていました。

↑庭のお花も店内に素敵に飾られています。

↑実はこちらはフィッティングルーム。パン屋さんにフィッティングルーム???

↑亜実さんのご実家(茨城県)のお母様がもんぺなどを作っていらっしゃいます。
こういうところにも佐藤ご夫妻の自由なセンスが光ります。

↑立派なとうもろこし! 筆者はこのとうもろこしが入ったパンを購入しました。

↑サンドウィッチの日には大活躍のパリパリきゅうり

朝3:45起床をしたところから、亜実さんのパン作りの1日が始まります。
夏ならば野鳥の鳴き声と共に、この時季ならば野鳥の鳴き声を待ちながら、亜実さんは仕事をしています。

↑庭の杏や近所の農家さんのところで摘んできたハスカップなどを使って作ったジャムも販売されています。

↑ひよこのお菓子のようなスコーン。とっても可愛くて「チカプ」そのもの!

「チカプ」とはアイヌ語で「鳥」のこと。
実は旦那様の美容室のお名前も、鳥にちなんだ「egg」と「bird」でした。
せっかく北海道に移住したのだから、アイヌ文化にちなんでこの名前をつけたと言います。

「自然が豊富な稀府で、野鳥の声しか聞こえない時間は、清々しい気分でパン作りをすることができるのです。」

そう話す亜実さんは本当に幸せそう。
幸せな人が作るパンは美味しいに決まっています。
筆者もたくさん購入してしまいました。

↑3つも食べてしまいましたが、全く胸焼けしませんでした。

↑店内は、とにかくセンスある温かみに溢れていて素敵です。

コンセプトを伺ってみました。

「コンセプトは…。 生地そのものの原料には拘りますが、 それ以外は“特別なこだわりを持たない”という『こだわり』と、私自身が楽しむということ。 例えば、その時に畑で採れたものを活かしたいし、材料が揃わなければ無理して作らず、あるもので美味しくなる工夫をして作りたいと思っています。 “こうしなきゃいけない”という縛りを作らず、自由な発想で楽しく作らなければ長続きしないと思っています。 そうすれば無駄も出ませんし。 だから、あまり定番の商品は多くありません。 いらっしゃる度に違うパンと出会える。 その方がお客様にも楽しんでいただけると思いますし、私も楽しく作れます。」

このお話には飲食店経営経験者の筆者も激しく同意しました。

自らが楽しみ、「これ絶対に美味しくなると思う!」という閃きを大事にして、お客様が喜ぶ顔を思い浮かべながら作る。
きっと、亜実さんもその感覚なのだと思いました。

そしてこんなお話もしてくださいました。

「伊達は自然や天候にもとても恵まれています。 それが証拠に自家製の天然酵母がとても元気に育つのです。 以前はうまく発酵してくれず何度も失敗をしたので、店をオープンさせるにあたってとても心配をしました。 でもそんな心配は要りませんでした。 本当に酵母が元気! 水や空気など、環境がすごく良いのだと思います。 もう本当に、この環境に作らせていただいている。 そんな気持ちです。 その元気な天然酵母で作った元気なパンを是非皆様に召し上がっていただきたいと思います。」

なんて素敵なお話し!!

「チカプ」のパンものがたりを伺うだけで「絶対おいしいに違いない!」と思ってしまいます。

自然に恵まれた環境で、自家菜園もあって、元気な天然酵母が作れて、楽しくパンが作れる。
亜実さんが夢に描いた通りのお店になりました。
「チカプ」は、稀府版「しあわせのパン屋」さんです。

―パン情報―
♡ 月曜日はサンドウィッチの日です!
♡ 平日は14:00以降でも品数があります。ただし、ご予約はご遠慮ください。
♡ 今後、冷凍パンのおまかせセットの発送にも力を入れていきます。

[パン生地主原材料] 道産小麦数種・天然酵母(レーズン)・国産米油・道産てんさい糖・シママース(塩) *パン生地には乳製品・卵は使用していません。
[定番商品] カンパーニュ・全粒粉バゲット・食パン・スコーン 他のバリエーションは日によって変わります。

―チカプ店舗情報―
・営業日  木曜日~月曜日 11:00~16:00
・定休日  火曜日・水曜日
・住所 伊達市南稀府町303-49
・電話 0142-24-1017
・Blog   https://chikap-bakery.hatenablog.com/

Rietty

Rietty編集部ライター

記事一覧

編集部のライターとして月に2~3回ほど、皆様のお目にかかることになりましたRiettyです。
この場では、私が出会った「好き」や「楽しい」や「いいね!」を皆様におすそわけさせていただきたいと思っています。

いろんなモノ。
いろんなコト。
いろんなヒト。

楽しむための情報の一つとして。
どうぞ末長くお付き合いくださいね ♡

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。