旅人と地域住民の交流が生まれる~CAFE YUPI

道の駅くろまつないの近くに

2021年10月にOPENされた

『CAFE YUPI』さん。

クラウドファンディングをされて、

応援してくださった方々と

共に作られたのだそうです。

 

冬眠期間を終え、

4月から今シーズンの営業がSTARTしたとのことで

お邪魔させていただきました♬

道の駅からお店の看板も見えます。

道の駅側から進むとこのように看板が見えてきます。

左奥に道の駅があります。

自転車用のラックもありました♬

古民家をリノベーションした

可愛いお店です♥

玄関周りも手作り感が可愛い!

お店に入る前からワクワクしちゃいます♬

店内は木のぬくもりが感じられる雰囲気で。

お友達の家に遊びに来たような気持ちになります♪

笑顔が素敵な

店主の只埜博子(ただのひろこ)さんに

お話を伺いました。

美味しそうなメニューが並んでいて

迷っちゃいます。

黒松内産の材料というのに惹かれて

ガレットをいただきました。

今回、黒松内でお蕎麦を栽培していることを

初めて知ったのですが、

そのお蕎麦というのが

『幻の在来種』と言われている

長野県松本市奈川地区発祥のお蕎麦で、

栽培している地域で主に消費されていて、

一般にはあまり流通していない種類のお蕎麦なのだそう。

このお蕎麦を気候が似ているということで、

黒松内でも栽培されているそうで、

ガレットには、そのそば粉が使われているそうです。

もちもちとした幻のそば粉を使ったガレット、

とっても美味しかったです♥

 

クラフトコーラもいただきました!

炭酸割かミルク割、

ホットかアイスかも選べます。

カシスが入った手作りクラフトコーラです。

コーラをミルクで???

どんな感じなんだろう?

黒松内産のミルクということで、

ミルク割のアイスをお願いしました!

ストローは紙製で環境に配慮されてます。

チャイのような感じでスパイシー!

ジンジャーや広島県産の無農薬のレモンなど、

9種類のスパイスが入っているそうで、

身体に良さそうです♥

 

また、コーラの下に敷かれている

コースターも可愛い!

ひとつひとつ手作りなんだそうで、

側面にも模様が焼きつけてあります。

 

食後にはデザートプレートもいただきました。

アイスは黒松内産のミルクで作られていて、

ケーキやクラフトコーラには

広島県生口島の

無農薬のレモンが使われています。

ガレットやデザートをいただきながら、

素敵で気になるお皿は、

1枚1枚、黒松内やYUPIさんを

イメージして作られたお皿なのだそうです。

コーヒーカップもYUPIさんのイメージで作られたもの。

CAFE YUPIさんは

YUPIさんを応援する様々な方々の

力・物・知恵・アイデアで作られたお店なのです。

 

東京から黒松内へ

東京で生まれ育った博子さん。

なぜ黒松内にやってきたのでしょう?

東京では洋服を作るお仕事をされていた博子さん。

お子さん達が独り立ちする頃から

お仕事の合間に旅を楽しむようになったそう。

しまなみ海道のサイクリング 弓削島にて

北海道にも何度も来られていて、

たまたま参加した

黒松内町のツアーでご縁があり、

その出会いがきっかけで

黒松内町に移住を決めたそうです。

知床ウトロでの流氷ウォーク

旅に行くのも好き。

人と会うのも面白い。

人との繋がりが好き。

そんな博子さん、

カフェをOPENされる前に、

黒松内町内にゲストハウスもOPENされています。

ゲストハウス | ゲストハウスYUPI | 日本 | 北海道 | 素泊まり | 田舎暮らし | 黒松内 (yupi960271.wixsite.com)

旅人と地域住民の

交流が生まれるカフェ・・・

お店の名前の「YUPI」

アイヌ語で「結ぶ」という意味があるそう。

 

旅に行く目的は様々だと思いますが、

目的のひとつに

「人に会いに行く」があると思います。

あそこに行けばあの人に会える・・・

 

このCAFE YUPIさんへ

博子さんに会いに来る方も

いらっしゃるかもしれないですし、

YUPIさんに来る地域の人に会いたくて

寄られる方もいらっしゃるかもしれません。

私が取材させていただいている間にも

「近くを通ったから・・」と

寄られた常連さんもいらっしゃいました。

 

気さくで明るい博子さんに

ついつい

会いたくなってしまうのかもしれませんね♥

 

コラボ企画やイベント参加も

4月には蘭越町のフリマの出店や

黒松内ぶなの森自然学校さんとのコラボも!

ぶなの森自然学校さんとのコラボは5月にも!

通常はお昼間の営業なのですが、

お昼間とはメニューを変えた、

夜CAFE毎月29日に営業されます。

初回の4月29日の夜カフェは

地元の方々に大好評だったそうです♥

今後は物作りカフェなどもされたいと語る博子さん。

博子さんには

妄想企画がいくつかあるそうで!

「YUPIの1室が

ギャラリーやワークショップ仕様に

変身するかも??」

古民家のYUPIさんだからこそ、

博子さんや応援される方々のアイデアで

今後、色んな形で利用されていきそうです(*’▽’)

レンタルスペースのように、

ママさん同士や

趣味の集まりなどにも

CAFE YUPIさんを利用して欲しいそうです!

(通常営業日以外の日も相談されると開けてくださる場合もあるそうです!

気になる方は相談してみてくださいね♬)

 

黒松内町の方にとっても、

黒松内を訪れる方にとっても、

そして博子さん自身にとっても、

ワクワクすることが起こりそうな

CAFE YUPIさんなのでした♥

ショップカードも知り合いの方が描かれた絵とのこで、とっても可愛いです♡

 

TAKE OUTもできますよ♬

カレー2種類とケーキ・プリンは

お持ち帰りができるそうで、

カレーとプリンを

テイクアウトさせてもらいました。

オムライスに見えるかもしれませんが、こちらはキーマカレー!卵の下にキーマカレーが隠れております!

ネパールカレー。スパイス好きな私にはたまりません!

プリンは黒松内町の

ふるさと納税の返礼品にもなっています。

以前いただいて、

とっても濃厚で美味しかったので、

家族のお土産にお持ち帰りいたしました♬

クリームチーズとプレーンがあります。

黒松内のカントリーサインにもなっている、クマゲラのロゴが可愛いですね♡

※TAKE OUTをされる場合は提供までに

 お時間がかかる場合もあるので、

 事前にお問い合わせをお願いします。

 

お持ち帰りの袋にスタンプされていた

YUPIさんのマークが

シンプルで可愛いんですよ!

このマークの意味はなんだろう?と思いましたら・・・

この交差している感じ!

黒松内のジャンクションを表しているのだそうです!

「人と人とを結ぶ」

「旅人と地域住民の交流が生まれるCafe」

このジャンクションの交わりと

人と人との交わり。

それを表すこのマーク。

YUPIさんにピッタリなデザインですよね。

先月、お店の裏の大家さんのお馬さんに

赤ちゃんが生まれたそうで。

お店の窓からお馬の親子を見るのも

癒されますね。

仔馬と博子さんの笑顔に会いに、

またYUPIさんに行きたくなってしまいました♥

お母さんのアーモンドと4月23日に生まれた仔馬ちゃん

 

CAFE YUPI(カフェ ユピ)

住所: 黒松内町白井川17-46

電話:080-5648-2499

営業日:金・土・日営業(冬季間はお休み) 

    毎月29日は夜CAFE営業  

営業時間:11:00~17:00

 毎月29日 夜CAFE 17:30~21:00

駐車場:有り お店の前に数台停められます。

    近くの道の駅くろまつないも駐車可

※GW後半の営業はこちら↓↓↓

5/3(火)~6(金) 11:00~17:00

5/7(土) ぶなの森自然学校Daycamp コラボの為お休み

5/8(日) 11:00~17:00

 冬季間のお休み情報など

 詳細はH.PまたはFacebookにて。

CAFE YUPI H.P↓↓↓

カフェ | Cafe Yupi | 黒松内町 (yupi960271.wixsite.com)

CAFE YUPI、ゲストハウスYUPI Facebook↓↓↓

Cafe & Guesthouse Yupi | Facebook

ゲストハウスYUPI H.P↓↓↓

ゲストハウス | ゲストハウスYUPI | 日本 | 北海道 | 素泊まり | 田舎暮らし | 黒松内 (yupi960271.wixsite.com)

こちらもお友達が作られたそうです♡

(記事は2022年4月の取材時の情報に基づきます)

 

Homitotto

編集部のライターとして月に3度ほど記事を書かせていただくHomitottoです。
私が感じる「面白い!」「楽しい!」を綴らせていただきます。
皆さんの暮らしにちょっぴり楽しみがプラスになればと思っています。
お付き合いよろしくお願いします。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。