■小幌ファンも鉄道マニアも必見!豊浦に来ないと買えない“入場券”

JR北海道の「わがまちご当地入場券」の販売が7月21日から始まりました。
北海道と青森県の101の駅で販売されるこの入場券、それぞれの街の表情や鉄道風景が描かれています。豊浦町は、日本一の秘境駅「小幌」の入場券です。

「小幌駅」の入場券、表面は
噴火湾をバックに大岸~豊浦を走る寝台特急・北斗星の写真。
裏面は、小幌駅のイラストが描かれています。
こちらのイラストは、豊浦町も加盟している「北海道新幹線×nittan地域戦略会議」で統一されたデザインです。

この小幌駅の入場券は、実際に豊浦町を訪れた人しか買うことができません。豊浦駅と天然豊浦温泉しおさいで、1枚170円で販売されています。

夏休みに豊浦町に遊びに来ていただき、思い出に、お土産に…
ぜひお買い求めいただければと思います。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。