北海道糖業への道をまっすぐ走り、そこを通り越して300mほど走ったところ、「え!?こんなところに?」という場所に(有)伊達納豆さんはありました。









創業76年。
なんと、終戦の年に初代の店主は海岸近くの西浜町に納豆屋を作りました。
その時の名前「大友納豆製造所」は、今も伊達納豆の看板の下に残されています。
1代目はわずか1年足らずで店を閉め、その後、2代目が「伊達納豆」と社名を変えて事業を引き継ぎ、その後現在のところに引っ越されました。









30年前にお嫁にいらした詠子さん。
その時は3代目(旦那様のご両親)を見様見真似で家業を手伝っていたそうです。
そして、4代目の旦那様の代になり、夫婦で仲良く続けてこられましたが、残念なことに3年前に旦那様を亡くされてしまいました。





それからはもう無我夢中。
寝ても覚めても我が子のこと(納豆さん)で頭が一杯!
どうしたら美味しい納豆ができるか?
今でもそれしか考えていないとおっしゃっていました。





ものすごい納豆愛です♡





この大きな鍋で大豆を蒸します。









こちらは麦入り納豆を作っているところ。
まだ発酵前の状態です。









容器に詰めたら、この機械に入れて発酵させます。









小さな工場で、全て丁寧な手作業で作られています。
なので、大量生産はできません。





私はこちらの3点を購入しました。
上の二つは、いつもスーパーマーケットで購入しています。でも、工場で買うと美味しさが増す感じがするのは、作り手の顔が見えるから。









「ん? デザート!?」





反応された方、さすがです。
びっくりしますよね。
納豆がデザートになるなんて。





これこそ、旦那様亡き後に4代目社長として会社を受け継いだ 大友詠子さんの粘り強さと愛が生んだ一品なのです。









パッケージを開けると、まさしく黒豆納豆が出てきます。
これに備え付けの黒蜜をかけていただきます。





本当に美味しい!
めちゃくちゃ美味しい!





次回は必ずアイスクリームと共にいただきます。
トルコアイス風になりそうです。
これ、本当に食べてみて欲しいです。





そしてもう一つのビックリは…。
実は“伊達納豆”黒豆納豆はあのウィンザーホテルさんの朝食に提供されているのです。
なんと、料理長自らが覆面調査で味を確かめにいらして採用されたと言います。
立派なお墨付きですね。
このウィンザーホテルさんの朝食で提供されているものと同じものは、こちらの店舗でのみギフト用としてセット販売されています。





そう。
ここだけで手に入る品物です。









ほかにもこんなラインナップ♪









大豆は外国産もありますし、伊達産もありますが、豆の品質にはとことん拘り、製品になるまでの工程では、可愛い我が子の様に大切に大切に扱われています。





それと、もう一つの大きなこだわり。





それは、「大豆そのものを味わっていただきたいからたれを備え付けていないこと」だそうです。
稀に「たれを入れ忘れている!」とクレームが入ることがあるそうですが、きちんとした理由があるのですね。
大豆の味を何よりも大事にしている自信の現れでしょう。





詠子さんのおすすめのいただき方は、「出汁が入っていない普通の醤油だけか、オリーブオイルと塩」だそうです。
オリーブオイル+塩との組み合わせは、私のおすすめでもあります!





是非お試しあれ。





アイデア豊富な詠子さんは、今後の計画への想いも色々お持ちのようです。
そのお話は、是非店頭で直接伺ってみてくださいね。









最後にお客様にお伝えしたいことはありますか?
と、お聞きしてみました。





「納豆は安心して召し上がっていただける安全な食品です。もっと、気軽に毎日の食卓に上らせてあげてください。 皆様にも納豆パワーで健康に美しくなってほしい」





つやつやの優しく気さくな笑顔で、4代目大友詠子さんは突撃取材で訪れた私を見送ってくださいました。









有限会社 伊達納豆
伊達市館山下町1-68
電話 0142-23-2648
WEBショップ https://datenattou.stores.jp/





*水曜日〜土曜日 七飯町 勝田商店さんの手作りとうふ・揚げ・おから・湯葉なども販売しています。














※記事の内容は取材時の情報に基づいています。メニューほか変更になる場合があります(取材2021年5月)



コメント

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

Riettyからの関連記事

編集部ライター Rietty

編集部のライターとして月に2~3回ほど、皆様のお目にかかることになりましたRiettyです。
この場では、私が出会った「好き」や「楽しい」や「いいね!」を皆様におすそわけさせていただきたいと思っています。

いろんなモノ。
いろんなコト。
いろんなヒト。

楽しむための情報の一つとして。
どうぞ末長くお付き合いくださいね ♡

Riettyのよく読まれている記事(直近期間)

Riettyのカテゴリー

Riettyのハッシュタグ

Riettyのアーカイブ