蘭越町湯里にあるベアーズというペンション&パン屋さんの工房をお借りしてお菓子を作っている “ ももと木 “ のオーナー木村桃子さんは、東京都青梅市出身34歳。





わたし、おかしやさんになりたい!





4年前、当時勤務していた世界のお茶専門店「ルピシア」のヴィラルピシア・ニセコの店長として赴任して来られたのが北海道移住の始まりでした。





とっても元気&しっかり者、感性豊かで笑顔がチャーミングな女性ですので、一大リゾート地の店舗「ニセコ店」リニューアルオープンの店長として抜擢された理由がわかるような気がします。





バリバリと働いていた桃子さんでしたが、「いつかはおかしやさんになりたい!」という夢は捨ててはいませんでした。









「小学校低学年からお菓子作りが好きでした。最初はクッキー作りでしたが、姉がとても褒めてくれたので、友達によくプレゼントしていました。そうすると友達も褒めてくれるのです。それが嬉しくて、もう本当にしょっちゅう作っていました。」





そして、ももと木の誕生









「事情があり仕事を辞めた翌年の2020年1月、とあるカフェでブラウニーを焼くチャンスを得ました。そのカフェは、実はお世話になっているベアーズの娘さんのカフェでした。その後、お菓子の製造許可を取り、引き続きベアーズの工房をお借りして、その年の11月から自己ブランドでお菓子の製造販売を開始することができたのです。」





ご縁とか、星回りというのは不思議なものです。





強く思うと願いが叶うとおっしゃる方もおられますが、「本当にそうなのかも…」と思ってしまいます。





そして、2020年11月1日 晴れて“ ももと木 “のラベルを付けたお菓子が店頭に並びました。





ブランドを立ち上げてからもベアーズの工房を使わせていただき、委託販売の1st.ステージは蘭越町の「街の茶屋」となりました。





今では委託販売先が近隣3店舗になり、東京にも1店舗増え、オンライン販売も開始されています。





さて皆様。





前回の「Café creperiz」の記事を覚えていらっしゃいますか?






https://mushanavi.com/specials/59670/




実はこちらも委託先4店舗のうちの一つです。





↑人気のクッキーは直ぐに売れてしまいます。




その記事の中で。





“政義さんの影になり日向になり、そっと寄り添いながら支えている大きな力がありました。”





というくだりがありました。





そう、実は桃子さんは政義さんとご夫婦なのでした。





「ももと木」は2020年11月1日立ち上げ。





「Café creperiz」は2021年3月21日立ち上げ。





政義さんには米農家としてのバックボーンがあるものの、お二人で同時期に起業するのは勇気が要ることです。





絶対に成功させる!という強い意志と、地道な努力と、周りの人を大切にするお人柄が、道を開かせているのだと感じました。





米農家の妻としてのプライドと強い想い





「ところで、お菓子の材料へのこだわりを教えていただけますか?」





「お菓子はすべて小麦粉ではなく米粉を使っています。夫の実家が米農家ですから、義父が作ってくれた ” ゆめぴりか “を札幌で挽いてもらい利用しています。砂糖はきびさとうや黒糖。抹茶やココアはオーガニックのもの、イチゴや蜂蜜は蘭越産です。レモンは瀬戸内産の無農薬のものです。また、クッキーは卵不使用になっています。





できるだけ国産のもの、できるだけ北海道産のものを使用するように心がけています。」





なるほど~!





旦那様のご実家のお米を使っているなんて最強の地消地産です。





「以前は、米は主食のイメージしかありませんでした。でも、木村の米に出会ってその美味しさに惚れました。惚れ込んだお米をお菓子の材料として使いたい!と思いました。」





あれれ?





もしかして、旦那様よりも先に木村農園の米に惚れっちゃったのかしら??





焼き菓子を中心にラインナップはこんな感じ~。





例えばカヌレ・レモンケーキorバナナケーキ(季節限定)・クッキー5種類・クッキー缶(イベント用)などなど。





なかでも密かに話題になっているのは “みそ&チーズクッキー“ !





なんとその味噌は、木村のおじいちゃま製なのだそうです。






↑こちらはプレーン。こちらのカヌレは旦那様のお店「Café creperiz」でしか買えません。




もう見るからに美味しそう~♡





そこで筆者、米粉のカヌレを初めていただいてみました。






↑仕込みに丸一日かかるというカヌレは絶品!





↑ビターな抹茶味もあります。大人の味!




一口噛むと、中はしっとり。





外側カリッととても味わい深くて美味しい~~!





小麦粉製のものとはまた少し違う食感と味。





まったく違和感なく美味しい!と感じるのは、桃子さんの研究の成果と、 ”日本人に馴染んだ食材だから” ということもあるのかもしれません。





「自分が過去に出会った米粉のお菓子は、どうしても納得できないものが多かったのです。だからこそ、義父が丹精込めて作ったお米を挽いた米粉で美味しいお菓子を作りたい!という気持ちが強くありました。小麦アレルギーの方にも安心して食べられる、日本人の体に優しいお米を、形を変えて多くの人に食べてほしいと考えています。」





主たる原料に絶対的に自信があるからこその言葉だと感じます。





だからこその次の言葉なのでしょう。






↑田植えを終えた木村農園の様子




「薄利多売は考えていません。原材料には納得したものだけをお金をかけて仕入れていますから。夫婦間であってもお互いにビジネスですので、米粉も木村農園から買っていますし、夫の店に置いてもらっているので販売手数料も払っています。」





↑米粉のお菓子てっぺん目指します! あれ?お腹 ^^;




かっこいいな。





桃子さんのお話を伺いそう思いました。





夫婦であってももたれ合わず。





けれども仕組みとして支え合う。





素晴らしいです。





「夫がよく口にする話があります。それは、" 米農家として、米を主食としてだけ販売するのは正直先行き不安だから、米の多様な食べ方を提案して消費拡大に繋げるぞ! " ということです。私もその想いに強く共感しているので、共に頑張りたいと思っています。私の強みは東京出身の余所者だということです。だからその視点を忘れずに、米の消費拡大に向けて工夫をし続けたいと考えています。」





「ところで、 “ ももと木 “ の名前の由来をお聞きしてもよろしいですか?」









「実はよく “ももの木“ って言われます 笑 発音しやすさから言っても “と” じゃなくて “の” ですよね? でも敢えて“と” にしたのは “の=in “ではなく “ ~と共に=with“ にしたかったからです。私は桃子です。 “ 桃子は木村農園と共に “ という想いです。そして、木村桃子は木へんが三つもある。だから、“ももと木“ にしました。」





なんということでしょう!





政義さんのご家族がどれほど喜んだことか容易に想像できます。





主原材料=米への愛。





政義さんのご家族への愛。





だからこそこんなに美味しいお菓子ができるのだと思いました。





「東京からの移住でしたが、ゆったりのんびりした蘭越暮らしは自然も含めてとても気に入っています。子どもの頃からの夢 “おかしやさんになりたい!” という夢が、代々続く木村農園のもと叶ったのですから、ここ蘭越でお菓子作りを一生続けていきたいと思っています。」





最後にきっぱりと桃子さんの決意をお聞きしたところで取材を終えました。






↑近々イベントにも出店されます。




―ももと木情報―





Instagram
https://instagram.com/momotoki.123









メルカリ ももと木
https://jp.mercari.com/user/profile/453063195





ラクマ ももと木
https://fril.jp/shop/MOMOtoKI





委託先情報














※記事の内容は取材時の情報に基づいています。取材2022年



コメント

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

Riettyからの関連記事

編集部ライター Rietty

編集部のライターとして月に2~3回ほど、皆様のお目にかかることになりましたRiettyです。
この場では、私が出会った「好き」や「楽しい」や「いいね!」を皆様におすそわけさせていただきたいと思っています。

いろんなモノ。
いろんなコト。
いろんなヒト。

楽しむための情報の一つとして。
どうぞ末長くお付き合いくださいね ♡

Riettyのよく読まれている記事(直近期間)

Riettyのカテゴリー

Riettyのハッシュタグ

Riettyのアーカイブ