「え! 私の写真撮るの!? ちょっと待ってて!すぐ着替えて来るから!」

そして、ほんの1分くらいで笑顔で戻ってきた洋子さん。

「じゃん! 店のTシャツ着てきた!」「どこで撮る?」とキョロキョロしながらおっしゃる。

せっかくなので、店の原点だという子どものおもちゃの前に立っていただきました。
とにかく相手を飽きさせない。
少しも飾り気なく、元気で可愛いノリ。
筆者、すっかり洋子ワールドに引き込まれてしまいました。

では改めて〜。
函館ご出身の木村洋子さんは、2011年に今の『天花地星』をOPENさせたオーナーさんです。
今回は、一瞬で人を惹きつける不思議な魅力を持つ洋子さんの人物像に迫ってみました。

店名『天花地星』の由来
「雪は天に咲く花。
北海道ではその雪が結晶となって星のように降って来る。
地に降りた星のような雪は、地上の花への恵みの水となる。
そして再び空気となった水は天へ戻り、雪は天に咲く花となる。」

なるほど…。
ずっと知りたかった店名の由来がストンと腑に落ちました。
大好きな北海道の雪をベースに、自然の循環を店名に込めていたのですね。

「自然豊かなところで暮らしたい。」
洋子さんのご両親が青森に住んでいたこともあり、20年以上前、洋子さんご夫婦は青森の山奥に住んでいました。

ところが直ぐに想いと環境のギャップに悩まされる事件が起きました。

実は、住んでいたその地の近くには産業廃棄物処理場があり、ダイオキシン混じりの黒い煙が辺り一帯に漂うところだったのです。

洋子さんは、自分達のためにも周辺住民のためにも必要だと感じて反対運動を起こしました。ですが、仲間を得られず同意も得られず、いきなり厚い壁に打ち当たってしまいます。

「反対運動なんかしてもらったら農産物が売れなくなるから困る! 止めてくれ!」

それは洋子さんたちにとって、我が耳を疑う衝撃的な出来事でした。

「みんな、この状態を黙って受け入れるのか? 何故!?」

愕然とした想いに陥りながらも、その後洋子さん夫婦は環境問題に取り組むようになりました。
そして、それは自分達の生き方を見つめ直すきっかけにもなりました。

↑さまざまなカゴが並びます。天花地星の人気商品です。

↑アフリカ製品

「買い物をすればゴミは増えます。自分達もゴミを増やすことに加担している。でも生きるためには買い物は必要…。 買う者・使う者としての責任も考えるようになりました。 行動をしながらも悶々とした日々の中で、シュタイナー教育と出会い伊達に移住して来ました。」

さて。
3人の子どもを授かりましたが、ほどなくして洋子さんはシングルマザーとなりました。
30代の頃です。

↑こちらはとても履き心地が良く丈夫なヘンプの靴下。

「子どもの学費を捻出するため、仕事をいくつも掛け持ちしながら必死で働きました。当時の写真を見ると、今の方が若々しいと子どもたちに言われます。」

そんな洋子さんが18歳から続けていたのはエアロビクスでした。
他にもリズム体操なども教えていらっしゃいます。
まさに芸は身を助けました。

それと同時に、地道に続けて来た環境問題への取り組みの延長線上に、『天花地星』の前身である通販サイトも2004年より立ち上げました。

本当にバイタリティー溢れる方♡



当時扱っていたのは「子どもが安心して遊べる玩具」でした。
主に木製のドイツ製品だそうです。
洋子さんの店のコンセプトは、今も昔も” 心と体に優しいこと “ “ 最終的に地球に還るものであること“

ですから、塗料は極力ケミカルを排除しました。
クレヨンは小さなお子様が口に入れても安全な材料で作られているものを選びました。



その後、2011年に今の場所とご縁があり実店舗を作りました。
実店舗ができた当初は玩具だけの取り扱いでしたが、今は一般食品から雑貨、服飾雑貨、フルーツまで多種多様な物を扱っていらっしゃいます。

↑とても思い入れが強いフェルトシューズ。何年も探していたそうです。丈夫で長持ち、ものすごく暖かい。

↑風呂敷のような布バッグ。色や柄のバリエーションも豊富です。

その取り扱い商品が広がっていった理由が、いかにも洋子さんらしくて面白い。

「なんだか気がついたらこうなっちゃっていたの! 生徒さんたちやインストラクター仲間との繋がりの中で、どんどん商品の種類が増えっちゃって。繋がりって面白いよね〜。でもね、これ絶対いい!って自信があるものしか仕入れない。食品はできるだけ無添加のもの・オーガニックのもの・アレルギーに配慮されたもの・フェアトレードのものに拘っているし。だから胸を張って勧められる。絶対損はさせない!って言えるの。」

↑身体にとって良くないものが含まれるものは扱いません。

強い拘りを持ち吟味されて選ばれたものは、似たようなものを値段だけで比較すれば「高い」と思われます。
けれどもモノやコトの価値を値段で測らない『天花地星』のラインナップは、自分にとって本当に必要なものを、その商品の背景も含めて判断してほしいという願いを洋子さんは持っています。

「類は友を呼ぶ」
とはよく言ったものです。
いまや『天花地星』は、洋子さんの理念を理解して足を運ぶ人、口コミで買い物に来る”食べ物ジプシー(様々な事情で特定のものしか口に入れられない人)” にとっての大切な存在になっています。

「うちの店ね、胆振管内一入りにくい店って言われてるの!笑 ぱっと見 普通の家だしね。
でも大丈夫だから!笑 どんどん入って来ちゃって大丈夫って書いておいて!笑」

1時間ほど話していて、「この人は本当に開けっぴろげで嘘をつかない人だなあ…」ということを感じました。

常に直球勝負で潔い。
自分の言動にはきちんと責任を持つ。
自分の中に矛盾があるのは許せない。
だからあらゆることに辻褄が合うように努力する。

かくいう筆者にも似たところがあるので、これら一つ一つのお話に大きく頷いてしまいました。

↑全国各地に仲間がいる洋子さんは大のフルーツ好き。天花地星の玄関には、一年中全国の果物が並びます。

ところで洋子さんは2010年からヨガインストラクターをされています。

↑インドにて〜。

ヨガのポーズにはそれぞれ意味があるそうですが、生徒さん一人一人に目指してほしいゴールがあるそうです。
目指してほしいのは、一人一人が心も身体も健康になるためのゴールとその道筋。

↑右側の男性がインド人の洋子さんの師匠です。この先生に師事できること自体がすごいこと。

「自分も含めて、何故それをするのか?何のためにやっているのか分からないと心身ともに納得して取り組めない。ヨガにはね、人は生きている間に7回生まれ変わるという思想があるの。そして最後は泡になる。ヨガはきれいな泡になるための修行。 私はまだまだきれいな泡にはなれてないけどね。」

正直、体験していない筆者にはよく理解ができない表現でしたが、身体には「理想的な動かし方」つまり「理にかなった動かし方」がきっとあり、それが健康に結びついていくということなのでしょう。

「7回生まれ変わる」「きれいな泡になる」については、次回詳しく教えていただこうと思います。

↑インドでの修行の途中にて〜。

洋子さんは最後にこんなお話をしてくださいました。
「商品は国内だけのものではなくて海外のものも多くある。海外旅行が好きだから、以前は現地に買付にも行っていたの。でも今は仕入れ方を変えた。だって、買付に行ったら国内でお金が回らないでしょ? だから国内の輸入事業者から仕入れるようにした。もうね、自分のところだけ儲かればいいって時代じゃないよ。いろんな国のいろんな人とも関わって、いろんな人たちが幸せになった方がいいもの。」

このお話は、洋子さんの生きる姿勢を端的に表す言葉だなあと感じました。
人の繋がりを何よりも大切にして、関わる人を心から大切にする。
その結果、嘘のない好循環が生まれていく。

架け橋としても。
実践者としても。
洋子さんが繋ぐ人々の活動が正当に評価され、みんなが幸せになる。

本当に素敵です。

小さな体でなんという大きなパワーを持つ人なんだろう!と、終始屈託ない笑顔の洋子さんに圧倒された時間でした。

さて、その洋子さん。
実はさらなる夢の実現に向けて大きく動いています。

なんと、5月〜6月を目標に「こども食堂」を展開されるそうです!
そちらについてはいずれまた〜。

『天花地星』情報


*むしゃなびページhttps://mushanavi.com/author/tenk/

*ヨガサークル サントーシャ https://mushanavi.com/author/mutenka2/




※記事の内容は取材時の情報に基づいています(取材2022年)


コメント

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

Riettyからの関連記事

編集部ライター Rietty

編集部のライターとして月に2~3回ほど、皆様のお目にかかることになりましたRiettyです。
この場では、私が出会った「好き」や「楽しい」や「いいね!」を皆様におすそわけさせていただきたいと思っています。

いろんなモノ。
いろんなコト。
いろんなヒト。

楽しむための情報の一つとして。
どうぞ末長くお付き合いくださいね ♡

Riettyのよく読まれている記事(直近期間)

Riettyのカテゴリー

Riettyのハッシュタグ

Riettyのアーカイブ