地元に暮らす幸せを噛みしめる。だて野菜のサラダバー&お手頃ランチ|EAT-Dining

2020年10月に完成した「だて地域生活支援センター」施設内のコミュニティ・カフェレストラン「EAT-Dining(イートダイニング)」をご紹介します。
居心地よくオシャレな雰囲気の中いただくこだわりランチは至福のひととき!何しろ、伊達野菜がたっぷりなのです・・・
お値段もリーズナブルで「嬉しい&美味しい」空間を訪ねました。

本格メニューがリーズナブルに楽しめるカフェレストラン。


EAT-Diningは2020年11月6日にオープン。
障がいのある方々の就労支援を目的として、「だて地域生活支援センター」の地域交流エリアにつくられました。
メニューは、地元産の新鮮な食材を使ってベテランシェフが腕をふるう創作料理!本格レストランのようなメニューの数々を、カジュアルに手頃な値段で楽しめるのが大きな魅力です。

シェフの峠谷昌希さんはこの道20年以上のキャリアを持つベテラン料理人。札幌やニセコのホテルで活躍してきました。「だて地域生活支援センター」の担当者が料理人の先輩だったという珍しい縁で、EAT-Diningのシェフに就任。地元の食材の良さを引き出した本格料理の数々を提供しています。

峠谷シェフ「伊達野菜はとにかく種類が多くて、冬でも葉物が採れることはやはり大きな魅力だと思います。仕入れの際には、農家さんに足を運ぶことを大切にしています。一緒に収穫をすることも多いですよ。畑で野菜の状態をよくみて、料理に生かしています。」

それでは早速、おすすめメニューをご紹介します!

オススメその1。和食ワンプレート

日替わりの和食ワンプレート(1,100円税込 ドリンク&デザート付き)

副菜5品と肉または魚の主菜が選べる華やかなプレート。
日替わりで様々な料理が登場します。
この日のメインは鹿肉のハンバーグ!
鹿肉の旨味をギュッと閉じ込めた特製ハンバーグは、ふっくらした口当たり。口いっぱいに濃厚な旨味が広がって「わ、美味しい・・」


オススメその2。ライスボウル

ライスボウル・ハンガーステーキ(700円税込 ドリンク付き)

EAT-Diningオリジナルの野菜たっぷり丼ごはんのラインナップです。
全6種類の中から、こちらは牛ハラミステーキをドーンとのせた豪快な「ハンガーステーキ」。ジューシーで食べ応え満点です。お肉のおいしさをシンプルに堪能できます。

そして・・・
ぜひぜひ、食べていただきたいのがこちら!


オススメその3。サラダバー

葉野菜から根菜まで、旬の野菜をふんだんに使ったサラダが8種類。マリネや温野菜など、生野菜だけでなく様々な味わいの野菜たちが、色とりどりに並びます。好きなものを選んでお皿に盛り付ける楽しさといったら・・・!1〜2種類でお腹いっぱいにならないよう、ちょっとずつ取るのがおすすめです。
シェフ自慢の手作りドレッシングも贅沢な風味です。

サラダバーは食事とセットで450円。単品の場合は600円、軽めのお食事にも!
※コロナ対策として、サラダバーご利用時には備え付けの使い捨て手袋の着用をお願いしています。

パスタやリゾットにもシェフの技が光ります。こちらは伊達野菜を練り込んだニョッキ。赤・緑・黄の可愛らしさ、プリプリ、もちもちの食感にうっとり・・

なんともかわいい、その名も「ねこパン」!テイクアウトで販売しています。

本格的でありながら、イタリアン、フレンチといったジャンルにこだわらずに、難しくなく楽しめるのがEAT-Diningのコンセプトのひとつ。

峠谷シェフ「どなたにも親んでいただけて、しかも新しさのあるメニューを揃えています。気軽に楽しんで食べていただけたら嬉しいです!」

食材が豊富な地域に暮らしているありがたさ・・・そんな幸せをしみじみと噛みしめるようなランチのひとときでした。伊達野菜がいっぱいのしあわせランチを味わいに、出かけてみませんか。

店舗情報:
EAT-Dining(イートダイニング)
伊達市舟岡町134番地15
だて地域生活支援センター内
営業時間 10時〜17時
定休日 日・月・祝日
最新情報はFacebookをご覧ください。

※記事の内容な取材時の情報に基づいています。メニュー、価格等変更になることがあります。取材2020年
※シェア、リンク大歓迎です!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

むしゃなび占い

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。