いただいた名刺がまるでトランプのような❤️のA 。きっと何か意味があるはず!そう思いながらも、終始ニコニコクルクルと笑う可愛らしい『風花』オーナーの三橋真紀子さんの楽しいペースにはまり、その意味をすっかり聞きそびれてしまいました。


今は、お洒落な雑貨屋さんですが 、“ 元々は60年続いた作業衣料のお店だった “ と伺い、その意外性にまず驚かされました。



「祖父が、室蘭市と伊達市で “働来館(ワーク館)”という店を営んでいました。その後、バラ好きな母がこの場所にガーデニングショップを開きました。その頃、私はある会社の事務職員をしていたのです。」


『風花』は広い店舗に豊富な商品の品揃えがあります。






「私は、若い頃から大の雑貨好きでした。たまに東京へ行くと、雑誌に載っているような可愛くて素敵なものがたくさんあり、見ていても触れていてもウキウキと楽しくて色々買ってきていました。それにね、雑貨をワクワクと活き活きとした表情で嬉しそうに選んでいる方のお顔がもう本当に大好き!いつかは自分が発信する側、売る側になりたいとその頃から思っていました。ただね、母が営むガーデニングショップは私のイメージしている店とはちょっと違っていました。時々、母から手伝い要請がかかるのですが、商品が重たいものばかりで、ラッピングも管理も大変だなあと感じていました。もちろん、選んでいるお客様は楽しそうなのですが…。」


ところがこれ、どうやらお母様の作戦だったのではないか?と真紀子さんは言います。

「私の雑貨好きを見込んで、ガーデニングショップを私に任せるつもりだったようです。会社勤めをしていた私は、その策略にまんまとひっかかったわけですが ^^;  私は私で、ずっとやりたいと思っていた自分の好きな雑貨屋にしちゃいました。」

と、いたずらっぽく笑う真紀子さんでした。






なるほど〜。
そんな歴史が!
きっと、真紀子さんの夢を知っていたお母様が、場を作って背中を押してくれたのではないかと想像します。

その後、お母様は伊達市でバラに特化した園芸のお店を開き、現在は野菜を中心に果樹も育て、赤いルバーブジャムやアロニアジャム・ブルーベリージャム、黒ニンニクなどの製造も手掛けていらっしゃいます。

風花ファーム
https://www.kazahana-garden.jp/風花ガーデンの移り変り/

さてところで、真紀子さんの雑貨店『風花』は創業21年となりました。


「雑貨って生活の中では無くても困らないものですよね。世の中、シンプルかつ便利なものにシフトしてきている中で、まあ、実用的ではないしムダかな?と思うようなものでも、それがあることでなんとなく心が弾み、笑顔になるのならば決してムダなものではないと思うのです。って、実は自分自身がそうなのですが^^; 私と同じように感じるお客様もきっといらっしゃると思い、そういうお客様の気持ちに寄り添いたいと思っているのです。『可愛い!』とか『おもしろい!』とか『なんか笑っちゃう』とかいうもの。正直、仕入した後で『なんでこれ買っちゃったんだろう?』っていうこともあります。それはもう、その時のインスピレーションっていうか、遊び心を発揮しちゃうというか。『あ!これ!』みたいな直感で買ってしまうんですよね。たまにお客様から『またこんなものを仕入れて!』と言われたり(笑)、でもそう言いながら買ってくださったり。本当にうちのお客様は私のことを良く理解してくださっているので助けられています。それにね、仕入れをする時に、いつもお客様のお顔が浮かんじゃうんです。あ!これは〇〇さんが好きそうだから買っちゃえ!とかね。」

このお話だけ伺ってもお客様とのコミュニケーションがしっかりととれていることが分かります。

さらに真紀子さんのお話は続きました。

「なんだかね、常連様も多くいらっしゃるのですが、もう本当に素敵なお客様ばかりで。子どもが小さかった頃、お店が忙しかったりすると、お客様が子どもをみていてくださったこともありますし、時には私の食事のことまで心配してくださったり。皆様とっても優しくて。本当に周りの方々に助けられていることを感じています。ありがたいです。」

このお話を伺い、筆者は気づきました。
それは何より、真紀子さんご自身がお客様を大切にされているからこその関係だということを。
雑貨を見に来ているけれど、実は真紀子さんに会いに来ているのですよね。

さて実は、『風花』は雑貨だけでなく食品も扱っています。
伊達のお母様の店『風花ガーデン』でも食品製造を行なっていますが、真紀子さんも安心安全な食品には元々強い関心を持っていました。




類は友を呼ぶではないですが、真紀子さんの周りには真面目に真摯に食品に向き合っている方が多いようです。

例えばこの塩。


なんと、牧場主さんが手作りで作っています。
「大切な牛たちに納得できないものは舐めさせられない!」という思いからだそうです。
牧場で塩作りというのは初めて耳にしました。
詳しくはこちらを
https://www.n-slow.com/shopdetail/000000000364/

それからこちらの醤油。


白醤油は見たことありますが、透明な醤油って…。
詳しくはこちらを
https://www.fundodai.com

これらも真紀子さんの感性にピンときたものたちです。


そしてこちらも。

何事にも誠心誠意まっしぐらで頑張る真紀子さんは、カンボジアで有機栽培農業をしている農家さんが手摘みで収穫し、管理された工場で丁寧に作られている希少種のクメール種胡椒で作られた「生胡椒の塩漬け」の販売を始めました。


しかも、より確かな保証が付いたものをお届けしたいと「有機JAS(オーガニック)」の認証までご自分で取得したのです。
この認証を取得するにはとても厳しい審査にクリアしなければなりませんし、取得した後の商品管理はもちろん、ラベル管理に至るまで厳しくチェックされています。

さらに、現在では北海道内でオーガニック認証を受けた事業者同士で集まり、『既存の農業生産に付加価値をつけ、国内外へのPRと、次世代に北海道農業の魅力と可能性を伝えていくこと』を理念とした「Green horaizon」という団体の一員にもなりました。

真紀子さんは、「生胡椒の塩漬け」を厳正に管理された部屋で袋詰めし、オーガニック認証ラベルを貼って販売をすることをご自分の使命にしています。
雑貨はもちろんですが、今最も真紀子さんが力を入れている商品です。

「とにかく、安心して美味しく食べていただきたいのです!」

そのまま食べても美味しいのですが、例えばこんなお料理に使ってみてほしいとのことでした。






「それにこの生胡椒の塩漬けで雇用も生みたいのです!ですから、もっと販路を拡大していきたい!」


コロコロと可愛らしく笑う真紀子さんから出てきた言葉は、本気が強く感じられる決意の言葉でした。


「コロナ禍が長引いたので、まだ行けてないのですが、今年はカンボジアの胡椒農場を訪れたいと思っています。想いを共感できる生産者さんを縁の下で支え、発信していく側として頑張りたいです。」


その言葉は、『風花』であつかう商品全般に対しての想いなのでしょう。

そうそう!
帰宅後、どうしても気になった「❤️のA」の意味を改めて伺うことができました。


「❤️は、実はプレゼントをする方の気持ちを表しています。販売する側としては、その “あなた”の気持ちを届けるお手伝いをさせていただきます!という想いです。そして、Aは “あなた”を表すAです。」


ものすごく納得☆
やはり素敵な想いがこもった名刺だったのですね。


店舗には、選んでくださる「A」あなたの「❤️」気持ちに寄り添った商品を揃え
常に向上心を持って決して止まらず
まっすぐに突き進んでいく


『風花』オーナー三橋真紀子さんのそんな姿に大いに勇気をいただいた筆者でした。


―「風花」情報―


Instagram(風花)
https://www.instagram.com/kazahana.zakka/?igshid=YmMyMTA2M2Y%3D

Instagram(noproblem.3bridge : オーガニック生胡椒の塩漬け)
https://instagram.com/noproblem.3bridge?igshid=Mzc1MmZhNjY=

Base
https://kazahana.base.shop/

GREENHORIZON
https://www.greenhorizon-group.com/


編集部ライター Rietty

アクセス総数:77,697

編集部のライターとして月に2~3回ほど、皆様のお目にかかることになりましたRiettyです。
この場では、私が出会った「好き」や「楽しい」や「いいね!」を皆様におすそわけさせていただきたいと思っています。

いろんなモノ。
いろんなコト。
いろんなヒト。

楽しむための情報の一つとして。
どうぞ末長くお付き合いくださいね ♡

コメント

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

Riettyからの関連記事

編集部ライター Rietty

アクセス総数:77,697

編集部のライターとして月に2~3回ほど、皆様のお目にかかることになりましたRiettyです。
この場では、私が出会った「好き」や「楽しい」や「いいね!」を皆様におすそわけさせていただきたいと思っています。

いろんなモノ。
いろんなコト。
いろんなヒト。

楽しむための情報の一つとして。
どうぞ末長くお付き合いくださいね ♡

Riettyのよく読まれている記事(直近期間)

Riettyのカテゴリー

Riettyのハッシュタグ

Riettyのアーカイブ