取材に伺ったのはグランドオープン1週間前でした。
かっこよくコーヒーを落としてくれたので、さっそく聞いてみました。

「珈琲はどこで修行されたのですか?」


「YouTube先生です。いまどき修行なんて流行りませんよ。」


「え……。」


こんな会話から始まった今回の主人公は成田大海(Hiromi)さん。
3シーズンは俱多楽湖で「Paddle Street Outdoor Service」として
カヤック・カヌー・サップガイド事業をされています。


入店いきなりの会話で「意外と軽い人?」と思いきや、
実は真逆なタイプであることが段々と分かってきました。



バックボーン(学生時代)のこと

改めて、成田大海さんは苫小牧市ご出身の35歳。
小さい頃から大学までアイスホッケーに勤しんでいました。
御祖父様からお父様、大海さんまで三代続くアイスホッケー一家だったと言います。


「大学にはスポーツ推薦で入学しました。 16歳の時に日本代表にもなりました。 でも、それほどアイスホッケーが好きだったのか?と問われると実は微妙です。練習が終わるのはいつも夜中の2:00頃でした。 競技場があまりないので、小さい子どもから順番に予約を入れていくと、大学生は夜中の割り当てになるんです。 これは結構キツかった…。
それに、本当は美術部に入りたかったし・・・(笑)絵を描くのが好きでしたから」。


「美術部ですか?また随分かけ離れていますが…。 それにしても練習終了が夜中の2:00とは驚きです。寝る間もなければ、学校へも行けなくなりますよね」。


「そうですね。大学では法律を学んでいましたが、授業はほとんど出ていませんでした。だから結局、退学して働くことにしました」。


「辞めてしまわれたのですね。授業はほとんど出ていなかったとのことですが、アイスホッケーは続けていらしたのですよね?
続けてやっていたことで今に繋がっていること、やっていて良かったと思えることはありますか?」


「上下関係の厳しさを知ったことでしょうか? ね?」


なるほど。
このことについては、また後ほど触れるとして〜。

バックボーン(料理)のこと

「大学を辞め、勤めはじめたのは西麻布のバーでした。 そこは六本木や恵比寿にも店を持っていたので、その3店舗を昼夜行き来して働き、飲食店の辛さや面白さを4年ほど学ばせていただきました」。


「ほ〜!GOTHAM  DRIVE INのルーツはそこにあるわけですね! その時、今の大海さんのその後を決定づけた方はいましたか?」



「はい、いました。かなりぶっ飛んだ人でしたが、メキシコ料理がすごく上手で美味しくて、いっつもテキーラを飲んでいる恵比寿店の店長でした 笑 でも、この店長のおかげで本物上質なテキーラを知り、メキシコ料理を学ぶことができました」。


なるほど!
繋がりました!


プレオープンの時の真剣な表情! 緊張が伝わる・・・。


バックボーン(パドル アクティビティー)のこと

「ありがとうございます。料理の背景は分かりました。では、パドルアクティビティーの世界へのきっかけを教えていただけますか?」


「趣味は釣りなんですが、その延長線上にあったのがカヤックでした。 カヤックに乗って釣りをしたいなあ〜と。 僕、基本、人見知りなんです。釣りなら一人でできますし。 学生時代からアイスホッケーにも釣りに行かないときは引きこもって調べ物ばかりしていました。 で、カヤックを色々調べていたら、小樽の塩谷でガイドをしている『ブルーホリック』に行きつきました。そのときは、へ〜!こんな仕事があるんだ…。と思った程度でした」。


「なるほど。飲食店で働き出す前から興味はあったのですね」。


「はい。北海道に帰って仕事をしたいと考え始めたとき、ブルーホリックを思い出して履歴書を送りました。 そうしたら、わざわざ代表の嘉藤さんが上京して会いにきてくれました。 事実上の出張面接となったのです」。


面接をパスして25歳で帰京。
ブルーホリックで働くことになった大海さんは、カヤック修行への道に入りました。
入店時、「修行なんていまどき流行りませんよ」
と言っていた大海さんでしたが、アイスホッケーにしても、カヤックにしてもその道をきちんと歩いたからこその台詞だったというわけです。


「上下関係の厳しさが身についているというのは私生活にも役立っていると思っていますが、特に仕事には必要なことだと思っています。  例えばブルーホリックの嘉藤さんは仕事には物凄く厳しいんです。 一歩間違えば大変危険な環境の海で行うカヤックというアクティビティーですが、どんな時でも、お客様の命を絶対に守らないといけないわけです。
だからどうしても指導は厳しくなる。 当然だと思います。 でも、そのような嘉藤さんの姿勢をなかなか理解できない人もいる。
そう言う意味で、僕はアイスホッケーにしても料理にしても上下関係が厳しい世界にいたので、耐えられたしそういうものだと捉えることができました。打たれ強さも育っていたかもしれません」。


先ほど、「アイスホッケーをやっていたことが今に生きていることは?
の質問に「上下関係の厳しさを知ったことでしょうか? ね?」
と答えてくれましたが、なるほど〜と思えたお話しでした。


大海さんはブルーホリックで2シーズンを修行した後、嘉藤さんの紹介を受け、沖縄座間味島でさらに2シーズン修行しました。
のちに独立を考えだした大海さんの背中を押してくれたのも嘉藤さんだったと言います。


俱多楽湖でSUPガイドをしている大海さん


「でも、強く押されたと言うよりも、『いいんじゃない?』と言った軽いかんじで・・・(笑)
これ、嘉藤さんらしさです。 人の繋がりを大切にする本当に懐が広く深い方でとても尊敬しています。テキーラ好きな六本木の店長ともなんとなく似ているかも」。


二つの道を極めようとした背景には、二人の師匠がいらっしゃったわけですね。

それぞれのバックボーンを活かしたい!

独立を決めた時、飲食業とアウトドア業の両方をやりたい!
と考えていた大海さんは、北海道に戻り活動フィールド探しを始めました。
2019年のことです。

本当は前職で貯めたお金で南米へ料理修行に行きたいと思っていたそうですが、それよりそのお金で早く事業を始めようと考え直し、南米行きを諦めたと言います。

支笏湖や洞爺湖も視野に入れつつフィールドを探し回り、倶多楽湖に出会った瞬間「ここだ!」と即決したそうです。


「俱多楽湖がなかったらここには来ませんでした。 とにかく水が綺麗で感動しました。 すぐに元々あった施設で当時休止中だったレイクリゾートのオーナーさんに交渉し、施設管理を条件に使わせていただけることになりました。
パドルアクティビティーの拠点は確保しましたが、飲食店の店舗探しには苦労しました。 予算の関係もあってなかなか決まらなかった。でも粘り強く探し、待ち、いまの場所を購入することができました」。


決断と行動の速さを感じるエピソードに、アイスホッケーでゴールキーパーを務めていた大海さんの判断の速さがリンクして聞こえた筆者です。


店名は、看板屋を営むお父様が書いてくださったそう。


店舗は、以前『ケニア』というレストランだったところです。 登別駅から登別温泉方面に向かうメインストリートに位置するとても目立つ場所にあります。

ドア枠は大好きな緑に塗り変えました。
店内の内装は電気工事(資格も持っています)に至るまで、
ほとんど自分でリノベーションされています。



「ところで、GOTHAM DRIVE INという店名の由来を教えていただけますか?」


「映画のバットマンに出てくる地名です。 映画の中のGOTHAMはNEW YORKのことなのですが、劇中では薄暗いイメージに描かれています。 それが登別という晴天率の低い街と重なりました。 まあ、単純にバットマンが好きというのもあるんですけどね。

それと、うちは『CAFÉ』ではないんです。 あくまでも『DRIVE IN』として存在したいと考えています。つまりファーストフード店でありたい。
そういう意味で、クオリティーの高さと提供の早さを売りにしたい。 観光のお客様って結構時間に追われています。
レストランやカフェは14:00くらいで一旦閉めてしまうところが多いですよね? だから14:00を過ぎても開いていて、その時間に食べても夕食に影響が少なくて、車の中で片手でも食べられるものと考えたらこのようなメニュー構成になりました。
何より、大好きなメキシコ料理が提供できますし」。


「カフェは空間も商品だと思うけれど、うちはそういう造りにはなっていませんし」。と話していましたが、店内とてもおしゃれです。 「LIFE IS SHORT EAT MORE TACOS」って!? そうか…食べなきゃ…って思わされる 笑


そう。 実は店内も寛げてしまう。


筆者もタコスとカレーをいただきましたが、本当に美味しい!! メキシコの代表的な肉料理 “カルニタス “ がめちゃくちゃ美味しいのです。



トルティーヤは小麦粉とコーンミールが半々のタイプを使用しています。


「カルニタスの肉は牛肉と豚肉を別々に煮込み、合わせて作っています。 牛肉は肉の食感を残したいので歯応えを感じるように。
豚肉は柔らかく煮込んであります。 それと、メキシコ料理は辛いイメージがあると思いますが、お子様でも食べられるように、ベースの味付けには辛みスパイスは使用していません。辛いのが好きな方には別添えのスパイスで調整していただいています」。


味への拘りも相当なものでした。
時間を作っては、東京や大阪などの珈琲店や飲食店などを巡り、知識やアイディアの入手に努めているというお話しも伺いました。
日々の研究にも余念がありません。


「GOTHAM DRIVE INは、『おいしいね!』と言ってもらえるもの、手軽に直ぐに食べられるものを提供する親しみやすいファーストフード店を目指します」。


最後にそう語った大海さん。
日本マクドナルド創業者の藤田田さんを尊敬していると伺い、全てに合点がいった筆者です。
目指す師匠がもう一人いらっしゃいました。
もしかしたらいつの日か、西胆振にGOTHAM DRIVE INがチェーン店展開する日が来るかも?


大海さんがクールに目指すパドルアクティビティーとファーストフード店の両立。
心から応援したいと思いながらタコスを頬張りました。


次はナチョスをいただきます!!

―GOTHAM DRIVE IN 情報―



https://www.instagram.com/gotham_drivein?igsh=MWx2eGk3dTI1bjJidg==

住所 〒059-0463 登別市中登別町174-9
電話 090-6937-7540
営業 10:00~18:00(水曜日11:00~22:00)
休み 木曜日

*2024.2月現在求人中

―Paddle Street Outdoor Service情報―

https://www.instagram.com/paddlestreet?igsh=enh5eGY3c3BuaDB1


編集部ライター Rietty

アクセス総数:70,962

編集部のライターとして月に2~3回ほど、皆様のお目にかかることになりましたRiettyです。
この場では、私が出会った「好き」や「楽しい」や「いいね!」を皆様におすそわけさせていただきたいと思っています。

いろんなモノ。
いろんなコト。
いろんなヒト。

楽しむための情報の一つとして。
どうぞ末長くお付き合いくださいね ♡

コメント

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

Riettyからの関連記事

編集部ライター Rietty

アクセス総数:70,962

編集部のライターとして月に2~3回ほど、皆様のお目にかかることになりましたRiettyです。
この場では、私が出会った「好き」や「楽しい」や「いいね!」を皆様におすそわけさせていただきたいと思っています。

いろんなモノ。
いろんなコト。
いろんなヒト。

楽しむための情報の一つとして。
どうぞ末長くお付き合いくださいね ♡

Riettyのよく読まれている記事(直近期間)

Riettyのカテゴリー

Riettyのハッシュタグ

Riettyのアーカイブ