藍、ホタテの貝殻、有珠の火山岩!
伊達ならではの3つの素材を顔料にした「だていろ150年パステル」が、この4月から中学生になる市内の6年生の皆さんに卒業の記念品として贈られました。











このパステルは、伊達150年記念事業の一環として、記念事業実行委員会の「歴史文化事業部会」により制作されました。
3月13日(金)に伊達市役所で、メンバーの皆さんから伊達市教育委員会に完成したパステルが手渡されました。











寿浅実行委員長さんから影山教育長さんへ贈呈。
後ろで晴れやかな笑顔を見せているのが、部会メンバーの皆さんです。嬉しそうな表情から、力を合わせて制作したパステルへの並々ならぬ思いを感じます。











全18色のうち、5色に伊達の素材が使用されています。天然の微妙な色合いが実に美しいですね。
他の13色は、既存の色のラインナップから、伊達の自然や歴史をイメージして選ばれたそうです。





部会長の渡部さんにお話を伺いました。






「このような状況で、卒業式がなんとか行われる中、6年生の皆さんに出来上がったパステルを贈ることができて、本当に嬉しいです!」(渡部部会長)






平成30年の秋に部会が発足し、企画・制作を進めてこられたそうです。
実際にパステルを製造したのは京都のパステル専門メーカーですが、そこに至るまでには、藍の収穫や火山岩・ホタテの採取、粉砕作業のため札幌に出かけたりと、様々な作業があり、沢山の労力がかかったそうです。











市内の農場での藍の収穫の様子。収穫量はなんと2〜3トン! しかしそこからとれる顔料は本当に少なく、わずか数%なのだとか・・・本当に貴重な「藍」色ですね。
(画像は公式Facebook https://www.facebook.com/pg/date150/posts/ よりお借りしました)











150年を迎えた伊達へのアツイ想いがこもったパステル。現在のところ今後の商品化の予定はないとのことですが(商品として作った場合、労力もコストもすごくかかるので、なかなか難しいのではないか、というお話でした)、この色合い!必見です!
お近くに6年生のお子さんがいらっしゃるご家庭があれば、見せてもらってくださいね。








「だていろ150年パステル」について詳しく知りたい方はこちらへどうぞ。





伊達150年記念事業実行委員会
伊達市役所内 総務部総務課総務係
北海道伊達市鹿島町20番地1
電話: 0142-23-3331(代表)
https://date150.jp





https://date150.jp








記事の内容は取材時の情報に基づいています(取材2020年3月13日)





むしゃなび編集部

アクセス総数:205,446

コメント

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

むしゃなび編集部からの関連記事

むしゃなび編集部

アクセス総数:205,446

むしゃなび編集部のよく読まれている記事(直近期間)

むしゃなび編集部のカテゴリー

むしゃなび編集部のハッシュタグ

むしゃなび編集部のアーカイブ