室蘭中央町1丁目を歩く、後半。0233692s


歩いた所は、地図の矢印、みどり色の部分。 

 

 
「前編」でとらえた未踏の建物、 屋根 on 屋根を横目に見て、 

本来の目的だった店の前に立つ。
 
8 床屋! 

 

床屋だったのか。「理容」と書いてあったのか。 

どんな過去があってこんなカタチのひさしに?02336917s

どこかの角度から見ると別の形にでも見える立体だまし絵にでもなっているとか? カラーリングは形に合わせて塗って、咄嗟に文字を書いたようにしか見えない。壁のどこまで塗るか、ということも、どのようにしてここまでになったのか気になる。とにかく、この、間に合わせ感、やればやれる感が、たまらない。ここに工夫して間に合わせることを楽しむ人がいた。、、、もしかしてブロック階段を作ったのはここの人かもしれない! 


 

入り口の横のシャッターの幅が、狭い。 




ここの店名は正確には「ヘアーサロン橋本」(と書いてある)。 02336918s02336916s0233156s


9 おもちゃのつつみや 

 

めっきりおもちゃ専門店がなくなってしまった西胆振管内。 

貴重な、営業中の堤屋商店。なんと昭和8年創業!02336919s 02336920s

今も昔っぽさは変わらず、だからこそ今は手に入らないおもちゃが眠っているかも?と思わせる雰囲気。室蘭、特に中央町で育った人には憧れのおもちゃ屋さんで、ここでおもちゃを買ってもらうことが幼い人生において至極のヨロコビだったとか。02336923s「カラス撃退に最適」? 日常使いにオススメ? 


02336921s 02336922sドイツゲームの代表「カタンの開拓者」がこんなところに!値段は3694円。 

ボードゲームについてはこちらをみてね!0233156s10 すずや喫茶店 0233693s昭和のデザートの女王「プリン・ア・ラ・モード」などが変わらずに存在。 

詳しくはこちらをみてね!0233156s11 多田手芸店 02336931s開いているのか閉店時間なのか?02336932s


途中まで開いたシャッターには「頭上に注意して下さい」の文字。これが通常営業の開き方のようです。 

通れるからいいよね! 省力化の結果、なーんだこれでいいじゃないの、という結論に達したのはいつのことなのか? そうさ、世の中これでいいのだ。 


02336933s


地元の人いわく「ここには何でもある!」。多くはないが欲しいものがちゃんとある、こう見えてもこの手芸店は、地方商店街にあるべくしてある頼もしくもありがたいお店! 


02336934s0233156s12 手作り作品、古着の店らしき店 

中央町1丁目がはじまる端っこの角。結構背の高いビルの一階部分。 

店名はわからない。窓に書かれた「ココロの箱」というのがそうかも。 02336935s02336936sウインドーに、毛糸のポンポンで作ったちんまいヒヨコが。 

この家の人か誰かが作った、ただの飾りかと思ったら、 

このヒヨコったら! ちゃんと値札が付いている。150円。 

 

ふと見ると、 02336937s手前にも同じ質感の黄色いものが。 02336938s近づいて凝視するとやっぱりヒヨコ。 

ここに飾ったのではないと思う。絶対。飾る時にポロンと落ちて、 

でも拾いにくいから「ま、いっか」、だと思う。 

ツリーの時期も終わったので今頃は救出されているかなあ。 02336939sレトロムロラン。 

ここがどうだそこがああだとつぶやいてみれば 

際限なく感じるものがあるということを改めて実感しました。 

発見の宝庫、未踏の地、想像力をかきたてられる商店街・室蘭中央町。 

気持ちもゆるむツッコミウインドーショッピング、また、まいります。 0233156sレトロムロラン探検 中央町1町目 <前編はこちら> 

0233156s※記事の内容は取材時の情報に基づいています。(取材2016年)  


 


コメント

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

むしゃなび編集部からの関連記事

むしゃなび編集部

むしゃなび編集部のよく読まれている記事(直近期間)

むしゃなび編集部のカテゴリー

むしゃなび編集部のハッシュタグ

むしゃなび編集部のアーカイブ