フジテッコウSolusのブログ










あっという間に2月になってしまった。

コロナ禍終息ムードで迎えた新年だったが、再び猛威を振るっている。

出かけるのが大好きな私、以前ならば年に数度、北海道内や道外へ出かけていたが、それも叶わず。

かといって、家に籠りっぱなしは性に合わず、時々焚き火を楽しんでいる。







雪を掘り、平らにならし、天然の風防やランタン置場を作ったり。

真冬の焚き火、なかなか楽しい。












自作の焚き火台『青海波』で薪をくべ、トライポッドを立て、自在鉤をぶら下げ、南部鉄瓶で湯を沸かす。

ただお湯を沸かすのが楽しくなる。









湯が沸いた鉄瓶を降ろし、鉄鍋で白湯鍋。

氷点下10度で食べる鍋も、乙である。









[video width="640" height="360" mp4="https://mushanavi.com/wp-content/uploads/2022/02/121216847_1993000690899889_6223022974622538007_n.mp4"][/video]




そして分厚い鋳物のプレートで、分厚い肉を焼く。

表面はカリッと、中はジューシー、ほんのり焚き火の香りを纏い、家では食べられない味に仕上がる。








[video width="640" height="360" mp4="https://mushanavi.com/wp-content/uploads/2022/02/272909331_932571220795984_8430674288060068898_n.mp4"][/video]




時間だけはたっぷりある。

童心に還り、実験してみる。

空き缶に松ぼっくりを詰め、焚き火に投入。

蓋に開けた穴から煙が出なくなったら出来上がりだ。









次回の焚き火では、この炭で何か焼いて食べてみようか。




[video width="640" height="360" mp4="https://mushanavi.com/wp-content/uploads/2022/02/271882523_684764169574027_311434588193389356_n.mp4"][/video]




火を見つめ、色々と思いを巡らせるのも悪くない。




フジテッコウ/有限会社藤鉄工

Kokopelli Iron/ココペリ・アイアン オンラインショップ

ココペリ・アイアン インスタグラムアカウント

ココペリ・アイアン ツイッターアカウント





コメント

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

フジテッコウSolusのブログからの関連記事

かじやの「たわごと」 フジテッコウSolusのブログ

フジテッコウSolusのブログのよく読まれている記事(直近期間)

フジテッコウSolusのブログのカテゴリー

フジテッコウSolusのブログのハッシュタグ

フジテッコウSolusのブログのアーカイブ