心の伊達市民 第一号


最近の若者は「新聞は取らない」、「テレビは持っていない」という人が増えているようだ。そのせいか新聞購読者はドンドンと減り、朝日新聞などは新聞事業で赤字となり、今や「朝日不動産」と揶揄されている。

若者のテレビ離れも普通のようで、これは私にも理解できる。
どのチャンネルを廻しても、同じようなお笑い芸人が出ている。
そして自分達だけで面白がっている。これじゃテレビ離れも進むわけだ。


 ビルの歩道の壁に咲いている「ペチュニア」



新聞を取っていると、広告が折り込まれる。
これが新聞販売店の利益となっているようで、配達部数が減った新聞そのものでは赤字のようである。コロナ騒動真っ盛りの頃は、折込広告は少なかった。
ところがオミクロンの感染者数が減って来たら、突然のように増え出した。

多いのはスーパーの安売り広告で、続いて旅行広告である。
旅行業界は相当にダメージを受けて来ただろうから、ここから一気に挽回を目指しているのだろう。でも私には行きたいところが無い。それも悲しい。


旅行会社から送られて来る大量のパンフレット



有楽町のビックカメラに行った。
時々、入口でなにか渡されるが、今回は「瞬間冷却パック」だった。
表面に「叩くだけで簡単冷却」、「食べられません」と書いてあった。
裏面を見たら「HUAWEI(ファーウェイ)Special Week」と書いてあった。

「ファーウェイ」は中国企業で、情報抜き取りを疑われてアメリカから締め出されている。日本政府も政府調達から排除しているが、民間では堂々と販売している。
私は抜かれて困るような情報は無いのだが、でも今後もファーウェイ製品は買わない。


手渡された「冷却パック」



いつものように写真展の案内ハガキが届いた。
その写真展は「全日本山岳写真展」で、池袋の東京芸術劇場で開催されている。
毎年のように見に行っていると、同じような写真ばかりでマンネリ感がある。

池袋に行くのは自宅からだと面倒だが、東京芸術劇場の5階フロアの天井画が好きで見に行くことになる。建物入口前の踊るような噴水もいい。
暇つぶしと言っては申し訳ないが、出掛ける目的を与えてもらえるのはありがたい。


東京芸術劇場5階の天井画



もう1つの写真展である。
私の所属するマンションのデジカメクラブのメンバーである、女性会員のS子さんからメールが届いた。
『朝日新聞社主催の「渋谷撮り尽くしコンテスト」に入選しました。本社2階コンコース・ギャラリーで展示が始まりました。ご都合の付く方は、築地大橋からも近いですからご覧になって下さい』とあったのですぐに見に行った。

コンコースに張り出された20枚くらいの写真は、どれも上手だ。
S子さんの写真は「入選」だが、「特選」より良いと思った。
写真もあるレベルを越えると、その先は審査員の好みになるようだ。


 S子さんの入選作



甲府に住む大金持ちの女房の友人が、毎年この時期になると立派な桃を送ってくれる。
山梨は「フルーツ王国」で、「ぶどう」も美味しい。
家族で『そろそろXさんから桃の届く頃ねえー』と話していたら、その3日後に宅急便が届いた。開けてみたら桃ではなく、立派な「シャインマスカット」が3房も入っていた。

先日、三越デパートで同じような房を見たら、桐の箱に入り1房が1万円近くもした。
早速、冷蔵庫で冷やしてから食べたが、とても美味しかった。だが、お返しに悩む女房だった。


家に届いた立派なシャインマスカット



北海道の壮瞥町に住む農家のIさんから電話があった。『道の駅でモチキビを売っていたが、送りましょうか?』
毎年、この頃になるとIさんにお願いして、モチキビを送ってもらっているからだ。
『送って欲しい』と言ったら、すぐに宅急便が届いた。そして中にはモチキビの他に、ジャガイモとカボチャが入っていた。

モチキビ以外はIさんの農家の作物のようだ。
すぐに茹でて食べた。残りは天婦羅にした。どちらも美味しかった。
都会に住んでいて、北海道から秋を届けてくれるありがたさを感じている。もうすぐ新米の季節だ。


 Iさんが送ってくれたモチキビを茹でた。



(おまけの話)
股関節の軟骨がほとんど無くなった話は以前に書いた。
それを補うために医師の勧めで、ゴムバンドを使い開脚運動をして股関節の周りの筋肉増強をしている。その時に同時に、そのゴムバンドを両腕に掛けて、左右に引っ張り上腕の筋肉の衰えも補強している。

最近になり肩の辺りが痛くなり、「やり過ぎで筋肉痛だな」と感じて、この運動は止めていた。しかし一向に痛さが無くならず、最近になって分かったのは肩の関節が痛いのであった。「四十肩」というのは経験があるが、「八十肩」になったようだ。


 開脚運動に使っているゴムバンド



最近のことだが、寝ている時の朝方に足が攣ることがある。
寝てママだとどうしても治らないので、電気を点けて起き出すことになる。
そこで爪先立って力を入れると以前なら簡単に治ったのものが、最近は簡単には治らない。しかも治っても、いつまでも痛いままが続く。
仕方ないので湿布薬を貼ってからまた寝るが、もう眠れない。


近くに出来た「消防署」が絵になる。



なにかで読んだが、「足が攣る人は心臓が悪い」と書いてあったが、それも悪くない。
心臓ばかりが強靭で、ボケてもいつまでも生きて周りに迷惑を掛けたくないからである。

9月9日にイギリスのエリザベス女王が亡くなったニュースを見たが、彼女は96歳だったという。彼女はボケてもいなかったようだが、私はそんなに生きたくない。
今でさえ私の計画より長いのだから・・・。
女房も友人も、もしかしたら子供も先に逝ってしまっている恐れがある。


 マンションン1階の自転車置き場への通路はブルーだ。


コメント

  1. Shinji
    Shinji
    返信

    瞬間冷却パックですが、ぱっと見たところ、カツオブシのパッケージとひどく似ていて、一瞬混乱しました。

  2. 山本英次
    山本英次
    返信

    脚が吊るのはプールで水泳中でも吊ります。足先を冷やすと吊るようですね!寝ていて吊るのは布団を剥いでしまったときです。プール仲間は皆漢方薬のツムラシャクヤク甘草湯NO68を飲んでます。毎晩一包づつ飲み安泰です。

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ