心の伊達市民 第一号


最近は頭髪の伸びも元気が無くなり、床屋に行くのも40日に一度になった。
10時頃に行き付けの有楽町の床屋「ニュートーキョー」に行った。
現役の時はこの店の新宿店に行っていたが、そこが経営不振で有楽町店と統合されたので、私は引っ越しを機会に有楽町店に行くようになった。

その店はビルの中にあるので、入口には検温用のカメラが設置してある。
そこで私は店に入る前と、調髪後の写真を撮っている。どうということもないが、なんだか決りになってしまった。


ビルの地下一階の「ニュートーキョー」



マンションの友人のYさんがメールに添付して動画を送って来た。
その動画は有楽町駅脇にある、台湾のケーキ「クニャーネ」の店の横の壁に映写された「ウサギ」だった。有楽町の床屋まで行ったのだから、それを見に行った。

それは「サイネージ広告」で、大きな画面に動画や広告を映し出していた。特に知らせてもらうほどのものではなかったが、お礼は伝えておいた。
「クニャーネ」も買ったことは無いが、これは台湾のケーキかなー?


友人が教えてくれた店の横の「ウサギの動画」



その時に、向かい側の有楽町駅前で、「罪なき屋台」という良く分からないイベントをやっていた。それは㈱ZENB JAPANという会社のイベントで、「食に対する我慢から解放したいという想いから、ミツカンのグループ会社が企画した」ものだそうだ。

そして有料(100円)でその会社の製品である「ヌードル」で作ったラーメンを食べさせていた。私も試しに食べてみたが、湯飲み茶碗くらいの大きさの器に「エンドウ豆」で作った麺のラーメンだった。有料の試食も珍しいが、あんな少量で100円は高いのではないだろうか? 味は私の好みでなかった。


「罪なき屋台」(なんだか分からない店名だ)



都バスで「勝どき」へ戻り、大江戸線で「新宿西口」に出て、そこから都バスで「中野」に行った。中野に行った事情は「おまけの話」で・・・。

大江戸線の電車が来たら、私の乗った車両は運良く「子育て応援スペース」だった。
この車両は数は少ないが3両目と6両目に設けられていて、車内に描かれた子供向きの絵が素敵だ。私はこの車両に乗れた時は、「ラッキー!」と思う。


 大江戸線の「子育て応援スペース」



新宿西口から、初めてバスに乗って中野まで行ってみた。
1階のバス乗り場には行先別にプラットホームがあり、中野行きは12番の関東バスだった。JR快速行けば中野までは1駅で、5分くらいで到着する。

バスもそんなに時間は掛からないだろうと思ったのが大間違いで、アチコチ寄り道をして30分も掛かった。道中もあまり面白くないので、帰りはJRにした。


中野駅前の「中野サンプラザ」



バスが中野駅に到着して下車すると、目の前は「中野サンプラザ」だった。
そこで変なことを思い出した。『むかし中野サンプラザという芸人がいたなー。いまはどうしているだろうか?』。
ネットで調べたら、彼は「爆風スランプ」というグループのミュージシャンだった。
現在は改名して「サンプラザ中野くん」で活動しているようだ。

中野サンプラザは若い頃に何度かイベントで行ったことがある。ニュースによると「老朽化で2023年に解体し、高層化される」ようだ。若い頃の思い出の建物が、どんどんと無くなって行く寂しさを感じる。


「中野サンロード」を進むと「中野ブロードウェイ」に入る。



駅前の「中野サンロード」に入って行った。
今どきには珍しいアーケード街が続く商店街で、驚くほど賑わっていた。
小さな商店が密集していて、その先が「中野ブロードウェイ」でアーケードが続く。

ここの2階は「オタクの聖地」で、アニメやキャラクター好きなら誰でも知っている。
有名な店は「まんだらけ」で、以前に私は「都心を歩く会」で同級生達を案内したこともある。中野という街は新宿に近いので世間から埋もれている感があるが、意外に面白い町である。


 懐かしい「鉄人28号」が店頭に飾ってあった。



(おまけの話)
今回の中の行きのメイン・イベントの話である。
ある日の夕方のTVニュースで、手作り点心の店「また明日」を取り上げていた。
その時は「変な店名だなー」と思って見ていたら、「ホタテ焼売」が美味しそうだった。女房が『食べてみたいわね』と言うので、わざわざ中野まで買いに行ったのである。


 手作り点心の店「また明日」



行ったはよいが、住所を詳しく調べて来なかった。「中野ブロードウェイ」ということだけが記憶にあった。
「行けばなんとかなる」と思ったのが大間違いで、その時に同時に肉屋と魚屋も紹介していたので、行った時には「何屋か、店名は何か?」も忘れてしまっていた。

近くの交番で聞いたら、『この地下にある』と言われた。
忘れたままに探していたら、お客が並んでいる店が3軒あった。幸いに向かい合っているのが肉屋と点心屋で、その時に「ホタテ焼売」を思い出した。
そして10人ほど並んでいた列の最後に並んだのである。

 


「ホタテシューマイ」は1個95円。



私の順番が近付いて来て、前の人達の注文と店員の応対が見えて来た。
店先に蒸籠が4つ並んでいて、その中に別々に3種類の焼売と肉まんが入っている。
お客の注文に1人でテキパキと対応する女店員の姿に、私は見とれてしまった。

私の番が来て、「ホタテ焼売6個」、「餃子1パック」、「肉まん2個、あんまん1個」を買った。それ等はその日の夕食に出て来たが、美味しかったがわざわざ中野まで買いに行くほどのものではなかった。


 少し離れた場所にある「魚屋」も行列が出来ていた。


コメント

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のアーカイブ