渓流釣りに行きました


今年も秋が深まり、雪虫が飛ぶ季節がやってきました。

そんな中、先日、伊達市大滝区の三階滝上流(長流川の上流)に

イワナを釣りに行ってきました。


地元の猟友会の名士が(ライフル付きで)ガイドについて頂いたので、

安心して山に入ることができました。


今回の取材に同行したのは大滝の地域おこし協力隊のお二人(長峰さんと天野さんです。)


さて、スタート時。

待ち合わせ時間を間違えて、みんなを待たせ、遅れて到着したくせに、

「えー!!長峰さん、2年も大滝にいるのに渓流釣りしたことないのぉぉ!!」

と釣りをする前に同行者にプレッシャーをかけるのは僕の戦法です。

1年に1回すら渓流釣りなんてやらないのに、俺も偉そうによく言うよなー。


一方、新しく9月から着任した協力隊の天野さんは、釣りが趣味とのことで・・・・

むふふ・・・さて、どうなのかな。


さてさて・・・


続きはこちら




清流を釣り上がる


三階滝のカフェGranpa's Dreamのある白老に向かう色彩街道を

少し登ったところにある昔の林道の入り口から川にアプローチ。


うーん・・・・実に澄み渡った川の水に、まずはみんなでびっくり!


 


「お、すっげぇ!水がきれい!」

三階滝川の上流


ひゃっほー!


テンションが上がります。


早速、寸胴を履いてエサ箱をつけてと、釣りの準備。


我々のルールは「今日食べる分と家族のお土産分だけ釣る」というルール。

ということは、僕ら3人で一人2匹づつくらい釣れるかなー。


うーん・・・楽勝!


「こんな熊がいそうなところにはいって、命のリスク冒してまで

イワナを釣りにくる輩はいないから、今日は入れ食いや!」


そう思ったわけであります・・・・


そしてスタート!・・・


 


さすがの天野さん


最初に釣り上げたのは天野さん。

「おー!川に入ってすぐに釣った・・・・!!!」

さすがあ!釣りが趣味だけあるのか!?


「釣りってやっぱり技術?・・・・・」

いやいや、こんな、釣り堀みたいな好条件のところでは

そんなのあんまり関係ないはず!


それにしても、天野さんの得意げなこのドヤ顔!


しかし、イワナって美しい!!!20cmくらいかな!

食べごろサイズ!

橋本んさんによると、このこくらいのサイズが一番美味しいんだって。


イワナを釣る


 


「よし!」


と自分で気合いをいれてみたものの、

エサのミミズがうまく針につけられないでオタオタ。

いまだ戦線に参加できない自分・・・

情けない・・・・(^^;;;


見かねたガイドの橋本さん。


「こうやるんだよー。ミミズの心臓はここにあるから、

これを指でピュッと押し出してから、ここに針入れる・・・」


ほー・・・・そうなんだ・・・・・すごーい・・・


エサつけてもらって格好悪くてもいいもんね。

ふっ・・・釣れればいいのさ。釣れれば・・・。


うまい具合にエサをつけてもらった竿を振って、いかにもイワナが

いそうなポイントに

いい感じでエサを投げ入れる・・・


「お、うまくいった!ナイススロー!」


・・・・・


・・・・


・・・


清流にエサを流しながら、微妙な竿の感触を確かめながら・・・

しばし待つこと5-6秒。


「ん?来た?」


なんか、アタリを感じて慌てて竿を引き上げる。


続きはこちら



なめていた渓流釣り


 


ビュ!


 


すると・・・・


「おー・・・・!!!」


 


針についた


ミミズがびよ〜んと空を飛ぶ


のが見えた。


「しまったあっ・・・!」


糸についたミミズが対岸から川にかかっている木の枝に絡まる・・・


「ううう・・・・」


そして針は枝からはずれない・・・

ひっかかった糸を無理やり引っ張ってもはずれない。


泣く泣くガイドの橋本さんにお願いして糸を切ってやり直し。


「こりゃ、糸切らんといかんな・・・」


と橋本さん。


「うーむ・・・まずい出だしだな・・・」

出だしから自分の中で少し焦りが出たのを感じた。

そんなはずはなかった、今日は楽勝のはずだったのに・・・

誰も入っていない川での魚釣りなんて、入れ食いかと思っていたのに・・・


そのあと、一同で釣り上がりながら上流へ。


初めての渓流釣りの長峰さんも真剣・・・・


イワナを釣る


だが・・・


しばらく誰も釣れず。

少しずつ釣り上がる。地域おこし協力隊の天野さん


さすがの天野さんも2匹目には苦戦。


次第にみんな焦り出す。こんなはずではなかったはず。

こんなところなら、魚がいれば釣れるはずなのに、


えー! 釣れないってことは、魚がいない???


まじ?

ならいったいどこに魚はいっちゃったの?


ガイドの橋本さんが呟く。

「数日前の大水でかなり川の形も変わったからなー」


でもどっかにいるでしょ?魚。


続きはこちら



突然の通り雨。すると・・・


すると、いきなり大粒の雨が降ってきた。

空は晴れているのに結構な通り雨だ。

一同、上着のフードを急いで被る。猟師の橋本さん


今回ガイドをしてくれた橋本さん


まずい。


今日のゴール予定地点の砂防堰堤まで来てしまった・・・。




しかし橋本さんに「ここには絶対いるから。」と言われ、皆で釣り糸を垂らすと、


キタ!キタ!キタ!


魚がエサをつついている・・・

でもこの感触が来たら焦らずに、一度は待ち・・・


もう一度来るはず・・・・

そしてさらにグッときたら、今度は手首のスナップを効かせてエイ!


「やったー!!」


25cmのイワナを釣り上げる。

すると、皆、その辺で一斉に釣り上げ始める。


そして・・・


「また来た!」


「ナイス!」


美しいイワナ


美しいイワナ。グッドサイズ!


「雨で水が活性化したんだろうねー。魚がエサ食うようになった。」

と橋本さん。


まもなく、全員が予定の数を釣り上げたので引き揚げることに。

イワナが全部で8匹ほどと、汁で食べるカジカが3匹。

みんな釣れてよかったねー。


さて、これからがまた楽しみ。釣った魚を川原で食すのである。


途中、味噌汁に入れると最高にうまい「ボリボリ」(ナラタケ)などの

きのこを見つける。これらをお土産用として採取しながら、川原で炉を作り始める。秋の食材ボリボリ 秋の食材ボリボリ


この季節の旬の食材のひとつ。ボリボリ(楢タケ)。


続きはこちら



これが究極の贅沢じゃん!



天野さんは慣れた手つきで内臓を取り出す。


今回の一番大きいイワナは32cm

まずは、これを刺身にしてみることに。


おまけの卵も一緒に醤油でつけて・・・・



イワナ刺身で食う


「げっ!何これ?うまい!」


川魚って、「臭い」と思われる方、多いでしょう?

全然そんなことないんです。


この清流、しかも上流でとれる魚は、刺身にしても、ムチャうまいんです。


しかもさっぽりした脂身が乗ってるー!!


うまっ!!


そして残りのイワナは、かるーく塩を振って炭火焼。

橋本さんがその辺でとってきてくれた柳の木を串にして

石で作った炉で焼きはじめる。


イワナ炭火焼


そして、橋本さん(正確に言うと、橋本さんの奥様(笑))に作っていただいた

天然まいたけのお弁当をいただきながら、イワナが焼けるのを待つ。


続きはこちら



「こりゃあ、うまいわ!!」と橋本さんの天然まいたけご飯にみんなご満悦!


そしていよいよいい感じで焼けてきたイワナも食う。


イワナ炭火焼


熱くて、最初は「ホフホフ・・・」そして、


「うまい!」


適度な脂ものっていて、臭みはない。やわらかい身の味はしっかり。

軽く振った塩が、身の旨味をひきたてる!


「イワナってこんなにうまいのか!」


みんな、綺麗に骨を残すまで食べ尽くし、

たらふくいただいたところで、今度はコーヒーの自家焙煎をする

コーヒーマニアの天野さんのお点前でデザートコーヒーが振舞われる。


もう最高でしょー!


何?この川原の大グルメ会・・・


と、最後に橋本さんが出してきたのは・・・


鹿の燻製


そう。

橋本さんが仕留めた鹿の燻製なり!!!

これが、また


実にウマイ!!


のです。


 


鹿肉は究極の健康食材


何しろ山でできる自然のものしか食べてないし、

高タンパク低カロリーで鉄分が豊富なんだもんね。

そしてこの自分で仕留めた鹿の肩甲骨あたりの肉を

橋本さんが独自のレシピで燻製にしたこの鹿肉。


もうつまみなんかに最高なんです!


みんな腹一杯のはずなのに、食う食う・・・・笑

こうなるともう、


「おーい!ビールはどこだあ!」


なんて誰かが騒ぎ出す・・。いやいや、まだ仕事中。これ、取材だから・・・笑


いやあ、しかし今回の渓流釣り、実に


自然の恵みを堪能した、至福のひととき


でありました。


都会暮らしではなかなかできない、この上ない体験。


これこそ


『究極の贅沢』


と言わずしてなんと言おう・・・!


ごちそうさまでした!

橋本さん、どうもありがとうございました!


で、また連れて行ってね・・・(終)


むしゃなび編集部

アクセス総数:212,996

コメント

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

むしゃなび編集部からの関連記事

むしゃなび編集部

アクセス総数:212,996

むしゃなび編集部のよく読まれている記事(直近期間)

むしゃなび編集部のカテゴリー

むしゃなび編集部のハッシュタグ

むしゃなび編集部のアーカイブ