東京オリンピックの中止運動があったりしたが、いよいよ7月23日に開会式が行われることが最終的に決定した。当初の計画より規模を縮小し、観客は1万人か競技場の50%のどちらか少ない方となった。
しかし国際オリンピック委員会(IOC)関係者はこの人数に含まれていないようだ。

またJOCはスポンサーに気を使って競技場での酒類販売も行うような話が出ていたが、多くの反対に遭い、またスポンサーからの申し入れもあり酒類販売は中止となった。



オリンピックまで「あと30日8時間53分51秒」(6月23日)


我が家のすぐ近くにオリンピック村があるし、家からも見える築地市場跡地は選手、関係者の送迎車輌の駐車場となっている。競技場も豊洲市場の先の有明地区に何ヵ所か準備されている。

その競技は有明テニスの森で「テニス」、有明アーバンスポーツパークで「BMXレーシングとスケートボード」、有明体操競技場で「体操」、有明アリーナで「バレーボール」などが予定されている。
有明は中央区の隣の江東区にある。



マンション前の環状2号線は9月30日まで通行止め。


マンション脇を通ってオリンピック村に繋がる環状2号線は、既に6月23日から勝どきから先は9月30日まで通行止めとなっている。オリンピックの為に検問所を設けたり、専用車線の工事をしているようだ。

その為に銀座や新橋で飲食店を経営していた人は、豊洲市場に仕入れに行く時に環状2号線を使えなくなった。そうなると晴海通りを行くので、遠回りで混雑に巻き込まれる。
飲食店はコロナで痛め付けられ、外国人選手達はオリンピック村から外に出ず、追い打ちをかけるように政府は「観戦の後は直帰」と言っているのだから気の毒を絵に描いたようだ。



前方に見えるのがオリンピック村


実際のオリンピック競技が始まるのは7月21日である。
開会式より先に競技が始まってしまうのも、なにか変だと思っている。
カウントダウン時計は7月23日には「ゼロ」を示すのだろうか?

開会式の翌日は「プラス1」と表示されるのだろうか?
或いは時計自体を撤去してしまうのか、それが気になっていて「見に行かねば」と思っている。



オリンピック村の入口にはテント張りの検問所が見える。


6月19日に成田空港から入国したウガンダ選手団9人の中の1人が、空港のPCR検査で陽性となった。残りの8人は泉佐野市に入ったが、更にその中から1人が陽性となった。

オリンピックには発展途上国からも多く参加するので、これからも陽性者が出る恐れがある。選手村で陽性者が出たら選手村は私の住む中央区にあるので、その所管の保健所は中央区になる。
万が一、クラスターでも起きたら、我々区民はどうなるのか?



振り返れば環状2号線沿いに私の住むマンションが見える


「通行止めとなった、環状2号線のオリンピック村の辺りはどうなっているのか?」と思い、私はカメラを持って出掛けて行った。写真を撮って戻る途中で、夕立が来た。
慌てて近くのマンションの屋根の下に入った。雨宿りである。雨宿りなんて、何年ぶりだろうか?

目の前の朝潮運河の水面を夕立が激しく叩くのを見ながら、雨の上がるのを待った。やることも無いので濡れるのを覚悟で運河に近付き、水面に出来た波紋を撮影した。
なんだか子供の頃に返ったような気がした「ひと時」だった。



環状2号線の真ん中に工事用事務所らしきものがある。


今回の東京オリンピックは、本来は去年の7月に開催されるはずだった。
それが新型コロナウィルスの蔓延で、1年の延期となった経緯がある。
延期になってもコロナ感染が収まらず、再々延期とか中止とか、色々な意見があった。

思い出してみると、最初からケチが付いていた。
エンブレムの模倣問題、メインスタジアムの設計発注キャンセル、JOC会長の辞任など、大きなことだけでも3つもあった。やはり何ごとも出だしが肝心なのであったなー。



朝潮運河の水面に、雨で出来た「波紋」


(おまけの話)
6月30日の午前中に、私は2回目のワクチン接種を行った。
前回と同じマンション1階のクリニックである。
2回目の接種の方が1回目より副反応が出ると聞いていたので、この日は家に戻り静かにしていた。

まだ1晩寝ただけだからハッキリは言えないが、今のところ大丈夫そうだ。
とりあえずは、少しだけだが安心になった。



都バスもオリンピックで規制されて、ビックカメラと床屋に行くのが不便になった。


ところで気になっていたことがある。それはワクチンの価格である。
製薬メーカーと契約者の間でワクチン価格は、守秘義務として公開出来ないことになっていた。
ところが迂闊にもベルギーの予算担当大臣が、購入数と金額の書かれた一覧表をネットに投稿してしまったのである。その投稿は30分後に削除されたが、もう遅かった。


オリンピック村の無人電動車のプラットホームらしい。


その表によるとEUが契約した価格は1回分が、アストラゼネカが約225円、モデルナが約1860円、ファイザーが約1520円だった。ワクチン接種は2回、行うので、1人分としてはこの2倍である。

日本の契約価格は公表していないので不明だが、1回分が2000円と言われている。しかしワクチンがどのくらいの期間、効果が続くか不明であるから、今後、更に接種が行われたら国家財政はコロナで破綻してしまう恐れがある。どうすればいいのだろうか?



雨が上がったら、朝潮運河のテラスのパイプにスズメがやって来た。


伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,412,213

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

コメント

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,412,213

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ