心の伊達市民 第一号

ブログ閉鎖中の話題(2017年8月7日)

「来年のことを言うと、鬼が笑う」という言葉があるが、なぜ鬼が笑うのか?
私はこの年になっても知らなかったので、調べてみた。
『昔、曽爾(そに)村という村があった。曽爾村は、大和で一番東の端の村で、隣は伊賀の国でした。この村では年越しが来たら豆まきをします』。


窓から外を見たら、正面に花火が上がった。


『最初に炒った豆は神様に、次は自分らが食べるために、最後は豆まき用の豆で真っ黒に炒ります。豆まき用の豆を炒るのは、庭にまいても芽が出ないようにするためです。
これが、「来年のことを言うと鬼が笑う」ことに起源していたのです』。

『大昔に、鬼が村に時々やってきて、牛やニワトリをとったり、娘をさらって山に逃げ帰っていました。困った村人達は都の殿様に鬼退治を陳情しました』。


部屋を暗くして、望遠レンズで撮影した。


『その殿様は、鬼とまともに戦っても勝ちはないと悟り、鬼をだます手段を考えつきました。鬼に使いを出し、「もし、今後村を襲わなかったら一国の殿様にしてやる。ただし、年越しの豆の芽が出るのを見つけたら・・」という条件を伝えました』。


大玉が上がった。見事だった。


『鬼も沢山の軍勢と戦うのもやっかいだし、国の殿様になれると思い、条件を了承しました。 それから毎年、春先になると、鬼は年越しの豆の芽を見つける為に国中走り廻っていました。
そんなある時、良く炒ったはずの豆がなんと、芽を出していたのです。
鬼は喜び勇んで殿様のもとに走りました。聞いた役人もびっくりして鬼と一緒に来てみると、影も形も無いのです』。


横一列で5ヵ所から同時に打ち上げている。


『村人が鬼が戻って来る間に引っこ抜いたのです。鬼は何度もその辺りを探し廻ります。とうとう鬼は泣き出しました。
それを見て役人も可哀相になって「なんでもええがな。来年も年越しがあるのや。その時、また探したらええねん。」
鬼は「なんや、来年のこと言うて・・・・・」と急に泣くのを止めました』。



『鬼はみんなが自分を毛嫌いしているくせに来年の事を言うなんてと思って、鬼は笑い出しました』。
「来年の事を言ったら、鬼が笑う」とは、これから始まったという説があるが、確かかどうか私には分からない。 ・・・と長々と書いてしまったが、それには理由がある。


7月29日に近所に住むOさんカップルに「私の家から隅田川花火大会を見ませんか?」と誘ったのに、当日は生憎の雨の上に、ビルも出来て見通しが悪くなり良く見えなかった。ところが8月5日の午後7時過ぎに窓から外を見たら、真正面で花火が上がった。
全く邪魔ものは無い。素晴らしい光景だった。

そこでOさんに申し訳なかったので、お誘いのメールを出した。
「来年の江戸川花火を、もう一度、我が家で一緒に見ませんか?」・・・と。
そしてメールの最後に、「もし生きていたら・・」と追加した。鬼が笑っているか?


8時30分のフィナーレは凄い。


(おまけの話)
私は誰かに何かを頼まれると、よほどの事情が無い限り断れない性格である。
これで75年やって来たが、幸いに大失敗はしなかったのは運が良かっただけだ。
8月4日の「勝どき通信」で「築地市場の火事(号外)」を送信したら、かなりの人達から返信でコメントがあった。


火元のラーメン屋「井上」の表は焼けていない。


その中の1人のA子さんは「TVの火災現場中継を見ながら、必ずどこかに橋本さんがいるはずだと主人と一緒に 野次馬ばかりを見ていました。橋本さんを見つけることはできませんでしたが、発見もありました。橋本さんがおっしゃるように、墓場があるんですね。面白いですね。橋本さんもぜひ、取材してください。鎮火後の状況も「橋本目線」で伝えてください。待ってます」と書いて来た。


火元のラーメン屋「井上」はブルーシートの向こう側。


A子さんに頼まれたので、翌日の午後から現場を見に行った。
ところがまだ消防隊員は現場に大勢いて、現場検証を行っているようだった。
火事の火元はラーメン屋「井上」と判明している。

新大橋通りに面した名物の食堂街はロープが張られ、全店が営業を出来ないでいる。
火災現場の一角を除き、他はいつものように営業していて、いつものように外国人観光客で溢れていた。一刻も早い復興を願う。でも、その時もまだ現場は焦げ臭かった。


ラーメン店裏の漬物屋「広洋」も全焼。


コメント

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ