少し前のブログで、友人のYさんのコメントを読んで私は驚いた。
「5か月間もカードの請求明細を確認しない間に、40万円も不正利用された」と書いてあった。「世の中には私と違い、他人を疑わない良い人がいるんだ!」と、驚いた。

私は25年以上も前だが、カードの不正利用をされたことがある。
その時はカード会社から電話連絡があり、2件の不正利用を止めた。

(今回の写真は有楽町のJRガード下の風景です)


表通りなのに、裏側みたい



1件目はアメリカのシカゴで、レンタカーを借りた時である。
その頃の私は海外旅行に行くと、ほとんどの場合、レンタカーを借りていた。
後日のカード会社からの請求書では、同じ日にロサンゼルスでも私がレンタカーを借りている。

これは明らかな不正と分かる。同じ人間がシカゴとロサンゼルスで、同じ日にレンタカーを借りるのは不可能だからだ。これはカード会社もすぐに納得してくれた。


「URA U CONCOURS」と洒落ている。



2件目はシンガポールで起きた。
カード会社からの連絡では「シンガポールでダイヤモンドを買いましたか?」だった。
私がダイヤモンドなど買うはずがない。カード会社は、いつもの私と違うと判断したのだろう。

その日は私は日本にいたので、シンガポールにはいなかった。
パスポートの写しをカード会社に送り、不正使用と分かり解決した。


「いっぷく堂」



この時のことを思い出すと、マレーシアのクアラルンプールでレストランに入った。支払いの時にウェイターが私のカードを受け取って、奥に行ったのが気になっていた。
その頃はカードレーダーなどまだ無く、カーボン紙の上からサインをする時代だった。

アメリカに住む友人も言っていたが、『カーボン紙は自分で取って捨てないと、それをもう一度使われてしまう』。今も昔も、油断も隙も無い世界である。
それから1年以上も経ってから、シンガポールでのダイヤモンド購入になったのである。


「堂食くぷんま」



その時の私は海外に行くことが多かったので、どこでも通用するカードとしてアメリカのCITY BANKのゴールドカードを持っていた。その頃はCITY BANKのカードは、世界界一のセキュリティでシッカリしていたのだと思う。

現在は年会費の掛からない日本の普通のカードだが、時々、カード会社から「ゴールドカードにしませんか?」と連絡が来る。でも引退し見栄を張る必要もないし、年会費も払いたくないので、そのまま普通のカードにしている。


ステキな店構え



しかし「マイカード」のサイトを見ると、私はカード会社が勝手にダイヤモンド会員にしてくれている。多分だが、毎月のマンションの電力費、JCOM関連をこのカードで支払っているので、支払額からはダイヤモンド会員の扱いなのだろう。でもカードも今まで通りの普通のカードで、年会費も無しである。

今の時代はキャッシュレスが進み、アチコチでセルフレジや「現金不可」がある。
カードを多く持ちたくないし、失くす恐れ、不正使用もあるので、昔のように「いつもニコニコ、現金払い」がいいなー。


「バス停」がいい感じ



その後、Yさんからメールが届いた。そこには次のように書かれていた。
『今では当然、毎月の請求書を確認していますが、カード会社によってセキュリティに差があるようですね。信金カードは、銀行カードと比べて不正アクセスに弱い気がして来ました。現在は三井住友カードにし、番号の記載されていないものに変えました。カード社会に生きて行くのは難しいことですね!』。

Yさんの場合は『初めはセキュリティに引っかからない少額から使い始め、行動履歴として蓄積し、カードが止められないようなら少しずつ金額や頻度を増やして...』と、カード詐欺の方も慣れているので上手く使われたのだろう。


向かい側の壁の古い映画ポスター



(おまけの話)
私は幸いに今までの人生で、「他人を騙した」、或いは「他人から騙された」という経験が無い。騙したり騙されたりは、多くはお金が絡んでいる。
私が現役の時は親しい人なら、5万円以下なら貸してあげた。

「戻って来なくても仕方ない」と思って貸していたからだ。
引退してからは、もうお金は貸さないことにした。私に稼ぐ力が無いからだ。


入店御免



台湾から日本に帰化した男(X)がいた。私が何年にもわたり面倒を見て来た男だ。
Xの両親は日本語も達者で、私は何回も会って良く知っていた。
大学卒業後に私の友人の会社で働いた後にXは日本で事業を起こし、まあまあの業績を上げるようになると、私のアドバイスを嫌がり疎遠になって行った。

それが突然のように、15年くらい前にXからメールが届いた。
メールには『明日中に1500万円を貸して欲しい。30日後に返金する』とあった。
私は驚いて電話をし、『メールで依頼するような話じゃないだろう! 自宅に来い!』と伝えた。


電子タバコも禁止



その日の夜に自宅に来たXは、『1500万円がどうしても必要だ。それが無いと手形が不渡りになる』と言った。そこで私は『貸してもいいが、その為には今から台湾に電話して、両親の承諾を得る』と言った。するとXは『それは止めてくれ』と言った。

そこから話は具体的な会社の内容に及び、私の判断では「1500万円はドブに捨てる金になる」と分った。そして延々と話を続けて、会社は倒産、個人は破産、その手続きは私が知り合いの弁護士を雇って解決するとなった。その後、全てを整理した後のXは、晴れ晴れとした顔だった。


誘われて入りそうだ


伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,385,980

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

コメント

  1. ブログネタ提供者(Y)
    ブログネタ提供者(Y)
    返信

    またmushanaviさんへブログネタを提供してしまった。他人?を信用し過ぎるとこうなる典型的なボケ人間である。カード会社を信用して請求明細書の確認を半年近く怠っていたのが失敗の原因である。日本国内ではカードの不正使用は起こらないとの思い込みは全く根拠のない所であった。不正の多くはタクシー料金、松屋、ピザーラ、そばや等の少額使用である。皆さんもご注意を!

  2. Shinji
    Shinji
    返信

    人の人生を左右するような大事に、しかも明日までに決断を迫られている緊張の夜でしたね。大英断、お見事!

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,385,979

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ