徒然ならざる伊達日記

議員になる前に市議会を傍聴した時に、
聞いていて何を質問しているのかわからない議員がいた。

その後、私が議員になってからも、
何を質問しているのかわからない議員や
聞いていて椅子からずり落ちそうになるような見識をさらす議員、
昔の話しを引き合いに出しながら、その昔話だけで終わる議員など
様々な人がいた。

どれもこれもその議員のスタイルや味だと言えば、まるくおさまりそうだが、
時に、聞いていて耐えられない発言をする人もいて、
何度か言い争いをしたこともある。
それも公けの会議の最中に。

呆気にとられながら聞いている若手議員らからは
これをネタにいじられるが、
許せない時はいてもたってもいられない。

議会が終わってから注意すればいいのかもしれないが、
いずれまた同じ発言を繰り返すのではと思うと、
ここで言っておかないと、この人にとっても良いことではないと、
勝手な言い訳を自分の中でこしらえて、手を上げる。

この手を上げるまでの、溜めが長ければ長いほど、
出てくる言葉が震えて裏返ってしまうが、
そんなのおかまいなく、言わなければならないことを、
その後、問題にならない程度に、
できるだけ固有名詞を使わずに、言い切る。

言い終わるとしばらく議会は重たい空気になるが、そんなことは気にしない。
間違った事は言っていないという自信があるので涼しい顔をしている。
こうしたこともあって、議会と行政職員の間では
「たまにキレるこわい人」と思われている。



コメント

    功 藤田
    功 藤田

    たまに切れないと分からない人が結構いらっしゃいます。其れでも分からない人も!

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

徒然ならざる伊達日記からの関連記事

この町に思うこと こくぼ重孝

25年前、東京からこの北海道伊達市に移住した。都会であくせくして生きてきた自分にとって、この街は楽園のようだった。そんな楽園も暮らしていくといろんなことがあった。徒然なる街ではなく、変化があり退屈しない街に住んで感じたことを600字に絞って綴っていこうと思う。

徒然ならざる伊達日記のよく読まれている記事(直近期間)

徒然ならざる伊達日記のカテゴリー

徒然ならざる伊達日記のハッシュタグ

徒然ならざる伊達日記のアーカイブ