産業革命以前のイギリスの織り工場では
女人禁制だった。

日本では染めは男

織りは男女、

糸紡ぎは婆さん

平安時代から絹織物は

税金である租庸調の調として納められていました。

昭和の初期でさえ
糸紡ぎは女子供の仕事とされ
下げすまれて来ました。

織物は糸の良し悪しが全てだったのに。

その頃は

糸が紡げない女は嫁にもいけない
というのが常識だった。

それは令和の現在では
パワハラとかモラハラになるのでしょう。

繰り返しになりますが

染め・織り・紡ぎの中で最も時間を要するのが

糸紡ぎです。

しかも
その良し悪しが

織物を決定するのです。



それでも人生は進んでいく 糸をつむぐように

アクセス総数:13,394

北海道室蘭市で生まれ育った無骨で頑固なオヤジですけど? 何か?
インスタでも覗いてケロ

コメント

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

糸をつむぐようにからの関連記事

それでも人生は進んでいく 糸をつむぐように

アクセス総数:13,394

北海道室蘭市で生まれ育った無骨で頑固なオヤジですけど? 何か?
インスタでも覗いてケロ

糸をつむぐようにのよく読まれている記事(直近期間)

糸をつむぐようにのカテゴリー

糸をつむぐようにのハッシュタグ

糸をつむぐようにのアーカイブ