織りの準備作業では
どうしても一人ではできない事が有る。

大作(タペストリーや服地)の時であるが、
しぶしぶ手伝ってもらっていた時につぶやいた妻の言葉。

「この地球上に摩擦が無ければどうなるのだろう・・」と。

今は僕と妻との摩擦を例えて言ってたのに違いないと思っているが、
鈍い僕はその時

「もし地球に摩擦が無ければ我々は一瞬たりとて存在することはできない」
なんて科学上の事実を言った。

妻は文系人間。
僕は理系:宗教まで科学的に考えるような人間。

妻と僕は正反対の性格で、
考え方もそうだった。

どんなひどいと思われる事も僕はポジティブに・・
妻はとても良い状態の時でもネガティブな考え方をする人だった。

しかしその為に無謀な行動をしがちな自分を
助けてくれていたのは間違いない。

それは相当なストレスだったと思われる。

東京に住む、2人の娘に恵まれた僕の娘は
両親の性格をバランス良く受け継いでいる事と
信じてはいるが・・
娘の夫は子煩悩なサラリーマンだ。

仕事をしながらの子育ては大変な事だと思うが、
娘の仕事を協力しながら頑張ってくれている。

良き伴侶を持ったものだ。



それでも人生は進んでいく 糸をつむぐように

アクセス総数:13,221

北海道室蘭市で生まれ育った無骨で頑固なオヤジですけど? 何か?
インスタでも覗いてケロ

コメント

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

糸をつむぐようにからの関連記事

それでも人生は進んでいく 糸をつむぐように

アクセス総数:13,221

北海道室蘭市で生まれ育った無骨で頑固なオヤジですけど? 何か?
インスタでも覗いてケロ

糸をつむぐようにのよく読まれている記事(直近期間)

糸をつむぐようにのカテゴリー

糸をつむぐようにのハッシュタグ

糸をつむぐようにのアーカイブ