心の伊達市民 第一号

ブログ閉鎖中の話題(2017年9月22日)

元産経新聞の記者で、現在はジャーナリストをしている高山正之という人がいる。
私は彼の書く皮肉を込めた評論や、それをまとめた本が好きでよく読んでいる。
インターネット放送の番組 「放言BAR リークス」のホストも務めていて、この番組は
結構面白いのでよく見る。

(今回の写真は9月15日に撮影した相生橋近くの土手と、日比谷公園の彼岸花です)


清澄通りを門前仲町方面に進むと、相生橋がある。 その右手の土手に植えられた彼岸花が美しい。


彼は海外駐在や取材も多く、驚くほど世界の事情に詳しい。
私は彼の著書のタイトルにもある「世界は腹黒い」から、世界の腹黒さを教えられた。
そもそも歴史というのは、どの国でも勝者が書いているから敗者の事情については書かない。だから、正しい歴史、或いは公平な歴史というのは自分で調べないと分からない。


彼岸花は赤色が常識だが、たまに黄色や白色もある。



世界は腹黒いと感じるのは、殆どの白人国家「オランダ、スペイン、イギリス、フランス、ポルトガル、ベルギー、イタリア、ドイツ、アメリカ、ロシア」が世界の殆どの陸地を自国の植民地にし、そこからの搾取のやり放題の歴史と、その後の態度があるからだ。

現在、起きている紛争や事件はそのことが100年以上も経ってから自国に跳ね返って来ているのであるから自業自得とも言えるが、高山正之氏以外は誰もそのことには触れない。


9月20日に、天皇ご夫妻も埼玉県の巾着田にある曼殊沙華公園で彼岸花をご覧になった。


最近はミャンマーの「ロヒンギャ」が迫害を受けているとニュースになっているが、これには私の知らない裏の事情があったのである。
イギリスはインドを植民地にした後に、現在のミャンマー(昔の国名はビルマであるが)を植民地にしようと考えた。

イギリス人の腹黒いところは、自分で支配すると報復される恐れがあるので、インド東部に住むイスラム教徒のベンガル人をビルマに連れて行き過酷な支配を代理でやらせたのである。



そして長いイギリスの支配の間にそのベンガル人と現地人と混血したのがロヒンギャと呼ばれる人達なのである。第2次世界大戦後、ビルマが独立すると、ビルマ人は今までの恨みを晴らすべくロヒンギャに国籍を与えず差別し迫害するようになったのである。

だからこの問題はイギリスが責任を持って解決すべきなのに、国連は知らないふりをしてアウン・サン・スー・チーを非難している。「違うだろー!」と言いたい。



中東の民族抗争もイギリスとフランスに責任がある。
第一次世界大戦後、オスマントルコの支配地をイギリス、フランス、ロシアで分け合った。その秘密協定を「サイクス・ピコ協定」と言うそうだが、勝手に国境を線引きしたために、民族、宗教などが分断されてしまい、現在の紛争や難民発生の原因となっている。でもイギリスもフランスも知らぬふりをして、その責任を果たそうとしない。



ベトナム戦争の末期に「ボート・ピープル」と言って、闇雲にベトナムから小舟で海に逃げ出した人達がいて、海で多くの避難民が死んだニュースを見て、「可哀想だ」と思っていた。

ところが本を読むと、逃げ出したのは純粋のベトナム人ではなく、支配層にいた華僑であった。
政権と密着して金儲けばかりしていた彼らは、仕返しを恐れて海に逃げたのである。
ニュースというのは、表面からだけでは分からない奥深さがあると高山氏の本で知った。まだまだ多くの「世界の腹黒さ」を、彼の本で知ることが出来た。



(おまけの話)
日本の新聞では報道されないニュースに、「奥繁治氏が韓国で出国禁止」というのがある。このニュースは面白いし、私はその行方に大いに興味を持っている。

今でも朝日新聞の虚偽の報道で、日韓がぎくしゃくしている原因の1つが「慰安婦の強制連行」の嘘話の本を書いた故吉田清治である。彼には男の子がいる。
彼は父親の嘘のせいで、世間に顔向けが出来ず世を憚って生きていたが、遂に人生の最後で父親のことを文芸春秋に公開した。


日比谷公園の彼岸花。


彼は自分の父親が韓国の国立墓地に建立した慰安碑に書かれた嘘を書き換えたくて、元自衛官の奥茂治氏に書き換えを依頼したのである。奥氏は日本から持参した石碑を真夜中に秘かに持ち込み、今までの石碑の上から貼り付けて、碑の文字を書き換えた。

そして正々堂々と、氏名、住所の連絡先を墓地の事務所に知らせてから帰国した。
その後、それを発見した韓国警察は、慌てて奥氏に「出頭せよ!」と連絡して来た。
彼は「これで裁判になり、吉田清治の嘘がハッキリする」と言って、わざわざ日本から韓国警察に出頭したのである。


中央の真っ赤な蕾は明日は咲くだろう。



韓国警察も「まさか出頭しないだろう」と思っていたので、彼の出頭に驚いたし、その扱いにも困っている。とりあえずは出国禁止という処置をしたが、裁判で吉田清治の嘘が大々的ニュースになり、韓国国民に真実を知られるのも困る。
「さー、どうする? 韓国政府!」

今までの日本政府の低姿勢が韓国に付け込まれた理由でもあるので、こんな国士が日本にいることを私は誇りに思う。


日比谷公園の彼岸花を撮影した写真を昨年のことだが、写真のような構図で 「千代田区観光写真コンテスト」に応募したが、あえ無く落選した。


コメント

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のアーカイブ