糸井重里が毎日、ネットに書いている「ほぼ日刊イトイ新聞」というエッセイがある。結構面白く、そこから得る情報も多い。

ある時の書き込みで『思えば超高層ビルとかって、上の方の階は縦に遠いだけじゃない?』とは前からよく言っているんだけど、「ああなるほどねー」なんて肯定されつつ笑われる』。


 工事中のビルの右手に沈む太陽



『ほんとに、そうだと思わないのかな。ふつうに200メートル歩くって、遠く感じない? しかもエレベーターを待って乗って行くしかないんだよ。東京とか大都市は土地の値段が高いから、建物を高くして使える面積を増やさないと効率が悪い、という論理がけっこう説得力があったんだけど、そこまで土地代が高いところで仕事をする必要はあるのか?』


 段々と太陽が消えて行く



全文ではもっと長いのだが、このエッセイを読んで考えた。
私が超高層のマンションに住んでいるからである。

最近の「窓から見る夕陽が綺麗だ」と感じていた時に、このエッセイを読んだ。「なるほどねー」と思いつつ、私は少し違うことを考えた。いまの時期には、夕陽の沈む位置が工事中の高層ビルの辺りになっている。


太陽が沈み、富士山の影がビルの右上に見える。



屋上に立てられているクレーンが、自然とは相容れない物なのに、それがあるので夕陽が目立つ。そして考えた。「次々と建つ高層ビルだが、500年後にはどうなっているだろう?」

「もしかしたら廃墟となり、遺跡のようになっているのだろうか? 昔の10階建てくらいまでのビルなら解体も簡単だが、60階ともなったらどうなるんだろう?」。


 午前6時の銀座・丸の内方面  



最近の話題では戦後に建てられたマンションが、住民の高齢化で空き室が増えてしまい、管理費も入らない、修繕積立金も無いということで、ニッチもサッチも行かなくなっていると聞く。相続人も相続放棄をしているので、どうにもならない。

一戸建てでも同じような廃屋があり、近所の人が迷惑がっている。
これからは家余りになりそうなので、家は持たずに借りる方が良い時代になるかもしれない。


月島方面「清澄通り」



それでも近所には、また新しい巨大な高層マンションが建った。
以前はその土地は倉庫街だった。

街が綺麗になり、散歩する場所が増え、レストランやカフェも出来た。私にとっては少し景観が邪魔された程度で、あまり悪いことは無い。でも越して来る人も若い人が多いようなので、あまり先のことまで考えていないだろう。


 隣に完成した「パークタワー勝どき」



私も若い頃は、自分が年を取った時のことは考えていなかった。
いや若い時だけじゃない。61歳で引退した時さえ、こんなに長く生きるとは考えていなかったのである。

これから世の中の役に立つことも出来ないし、お世話になるばかりのような気がしている。なんとかみんなに迷惑を掛けないで、「ピンピン・コロリ」と逝きたいものだ。


 「竹芝桟橋」方面



(おまけの話)
世の中には、私の想像外の人もかなりいる。
私に迷惑が掛からない限りは、だから世の中は面白いのではないかと考えている。
同級生でコロナで亡くなった男は、「歯を磨いたことが無い」と言っていた。

特別な唾液を持った人には、虫歯にならない人がいるようだ。
でも私は虫歯になるが、今のところコロナに罹っていないし死ななかった。
どちらが良いのだろう?


 お隣の「パークタワー勝どき」のラグーン(1)



私の住むマンションは高層マンションで、2棟が建っている。
住民は数は約8000人だから、小さな町くらいの人が住んでいる。
そうなると当然であるが、想像外の人も住んでいるはずだ。

ある時、マンション関係の仕事をしている人に聞いたことがある。
私『マンションにはどのくらいの率で、変な人が住んでいるのですか?』
男『どこのマンションでも、だいたい5%くらいは変な人がいます』
そうなると私もマンションでは、40人くらいはいることになる。


 お隣の「パークタワー勝どき」のラグーン(2)



同じマンションに住む知り合いに、少し変わった人がいる。
彼は高齢で介護を受けている。週に3回くらい介護人が来ているようだ。
変な話は「彼はものごころついた頃から、風呂に入っても石鹸で体は洗わない」。
私が『洗濯物はどうしているの?』と聞いたら、『1週間に一度、介護の人がやってくれる』と言っていた。

私は『では量が多くて大変ですねー』と言ったら、『大丈夫。私は1週間は着替えをしないから』と言うので、とても驚いた。
でも本人は「変だ」とは思っていない。


お隣の「パークタワー勝どき」のラグーン(3)


伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,399,620

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

コメント

  1. 風呂好き(Y)
    風呂好き(Y)
    返信

    昔は入浴は週3~4回であった。歳を取ったら新陳代謝が悪くなるので、入浴回数を減らしてもいいかな?とも考えていたが、スポーツジムで毎日風呂に入る習慣が付いたら、ジムの休館日には風呂が無いのが無性に気にかかってしまう。スポーツジムが店内改装のために8日間の休館をしてしまった。
    我慢ならない私は、近くの「国立温泉・湯楽の里」と「竜泉寺の湯」へ通うことにした。
    久し振りの大衆温泉に少し緊張していた。何と老いも若きも男も女も週日の昼間にも拘わらず大混雑である。炭酸風呂は1000ppm、37℃の低温で30分ほどの長湯が気持ちいい!泡風呂、ジャグジー、岩盤浴と20種類以上の風呂のオンパレードで飽きない。車で行ったためにアルコール禁止であるが、レストランメニューが高いが美味い。疲れたら漫画本が14000冊の読み放題にリクライニングシートで暫しの居眠り。暇を持て余す老人には一日をノンビリ過ごすにはうってつけの施設であった。また行きたい!

  2. Shinji
    Shinji
    返信

    リモートワークが当たり前になっているので、高いビルにある事務所に行く必要がなくなり、事務所ビルはテナント不足になると思います。東京ではどんどん新しいプロジェクトが進行していますが、そのほとんどが、低層部が商店、上がオフィス、ホテル、住居の複合ビルの相変わらずの計画のようです。私は悲観的です。メインテナンスが機能しなくなり、エレヴェーターが作動しなくなったら、高層ビルが恐怖の遺跡になる、と。

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,399,620

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ