コンサートへ行ったのは、何年ぶりだろうか?
しばらくコンサートからは遠ざかっていたが、同級生のYさんからお誘いメールがあった。

『突然ですが、我が家を「積水ハウス」で建てたので、そのオーナー様ということで「Owner's Friendship Concert」の招待に当選しました。貴兄が会場の近くにお住まいなので、勝手に同伴者として申請してあります。7月16日(日)午後2時開場で、3時~4時45分の演奏時間です。会場は東京国際フォーラムです。演奏予定曲はクラシック、ミュージカル、映画音楽等があります』と知らせて来た。


  「東京国際フォーラム」



当日は中央区役所の総務部災害管理課から「熱中症警報」がメールで届いた。
『本日は暑さ指数が「厳重警戒」以上と予想されます。炎天下の活動は控え、こまめな水分補給、休憩を心掛けて下さい』。

天気予報をTVで見たら、東京の最高気温は36度であった。
体温と同じ気温となるとやはり高齢者にはキツイが、Yさんからのお誘いなので昼から出掛けて行った。 


エスカレーターで「ホールC」へ向かう。



開演は午後3時なのに、気の早いYさんは「午後1時30分にホールCの入口で待つ」と知らせて来た。「早過ぎないか?」と思ったが、みんな年をとると気が早くなるので仕方ない。その時間に間に合うように家を出たら、午後1時に『もう入口に来ました』と気が早い。

午後2時が開場なので、待つ場所も無く、地下のエスカレーターの横で時間をつぶした。2時に会場に入ったが、それでもまだ開園までは1時間もあった。
指定席なので、そんなに早くから来る必要も無かったと私は思うのだが・・・。


「ホールC」の入口から



なにしろ時間があるので、席に着いてからは私が持参した補聴器の話になった。
彼も持参していたが、20万円の耳掛け式の補聴器である。
私が彼の補聴器を借り、彼は私の補聴器を付けて話をした。

その結果は、どうやら私の3万4000円の方が、Yさんの20万円より具合が良いようだ。
彼は2台目として、私の持参した補聴器を買う気持ちになっていた。
2人の意見としては、『あんなに小さな補聴器に、色々と詰め込むことに無理がある』だった。    


 踊り場から見た「骨董市」



それより驚いた話があった。Yさんはあるグループに所属していて、そこで書記を務めている。みんなの発言を書き留めて、それを報告書にするのが彼の役目だそうだ。
でも難聴の為に聞き取れず、最新技術を導入したそうだ。

それは「録音する」、「録音したものをPCに転送する」、「ソフトで文字化する」、「生成AIで決められた文字数で文章化する」という、私から見たら超ハイテクを駆使しているのである。補聴器の話より、こちらの話の方がはるかに面白かった。     


 コンサートのパンフレットと入場券



開演時間になり舞台に登場して来たのは、女性が多い30人くらいのプロのオーケストラだった。指揮者は奥村伸樹という男だが、私はクラシックに疎いので有名かどうかは分からない。

コンサートは素人受けするようにクラシックだけでなく、映画音楽、ディズニー音楽、NHK大河ドラマ「八重の桜」と色々と演奏してくれて楽しめた。
お決まりのアンコールは「威風堂々」で締めくくり、1時間45分のコンサートは終った。その曲目のおかげで、最後に元気をもらってホールを後にした。


 開演前の「演奏会場」



コンサートが終ったら、Yさんは『昼飯を食べていないので、腹が空いた』と言い出した。まだ5時前というのに、夕食を食べる羽目となってしまった。
しかし日曜日ということもあり、どこも満席で入れる店が無い。

やっと見付けた中華料理店で、早い夕食を食べながら色々な話に花が咲いた。
窓から外を見下したら、有楽町駅前に救急車が来ていて熱中症らしき人を運んでいた。
我々はクーラーの効いたコンサートホールにいたので、少し寒いくらいだった。


 熱中症で救急車で運ばれる人



(おまけの話)
24日(月)は毎月1回の「都心を歩かない会」の開催予定日である。
天気予報では東京の最高気温が36度となっているが、コンクリート・ジャングルの銀座では40度にはなるだろう。今回は用事があり、不参加が3人出た。

「暑いから用事が出来たことにしよう」などという不届き者ではないことは、今までの付き合いから分かる。みんな同級生だから、年齢も同じである。6年間の学生生活をを一緒に過ごした仲間達である。


「ジンギスカン・ランチ(スープ、サラダ、コーヒー付)」(1100円)



午前11時30分に、JR有楽町駅に集合した。
今回は先ずはランチから始めた。みんなで行った店は「ニュートーキョー」である。
この店には私の青春の残香がある。今から59年前にアメリカで行われたNY世界博覧会の日本館で働くために、私が飲食業の実習をした店なのである。

集団就職の中卒の女性ウェートレスに交じって、ビールの小ジョッキーを片手に4杯づつ持って客席に運んだのも懐かしい思い出になっている。この日はみんなで「ジンギスカン・ランチ」を食べた。


「METoA」でゲームを楽しむ友人達



食後は近くの三菱電機のイベント会場(METoA)で、子供騙しのゲームをやった。
次にルイ・ヴィトンの変ったビルを見てから、中央通りに出て「M銀座ウィスキー館」に入る。そして次は「SONY Plaza」6階のイメージング・ギャラリーに行った。その次に和光6階の「SEIKO ハウス銀座ホール」で開催中の書道の大家の書を見てから、銀座珈琲に入った。

今回は全て無料のイベント会場でクーラーで体を冷やし、外を歩いても体が熱くならない内に次の会場に入った。その企画が功を奏して、誰も熱中症にもならず、満足して帰って行った。・・・と思う。


銀座ウィスキー博物館


伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,411,024

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

コメント

    ご招待(Y)
    ご招待(Y)

    JR中央線は頻繁に遅延することで有名な路線であり、それを利用する三多摩人は、常に30分~1時間の余裕を持って行動する事を強いられている。人を招待するにはその人より遅くなってはいけないので、今回は少し?早めの出発であった。しかしこんな時にはすべてが順調で特快に乗車して、運よく座れて東京駅まで着くことが出来た。会場を良く知るmusyanabi君は涼しい館内で待機していたが、不案内なY君は裏口の入り口で暑さに耐えながら1時間半も待つ羽目になってしまった。ア・・・・・

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,411,024

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ