【ドローンの映像】
マンションの「デジカメクラブ」の7月の月例会があった。
この月は前月に女性メンバーのSさんが、マレーシアと沖縄に行ってドローンで撮影した映像を見た。TVでドローン映像を見ることはあるが、知り合いが撮影した映像は初めて見た。

上空100メートルくらいの場所から撮影した映像だったが、海が綺麗だった。
『どこか近くで飛ばせないか?』との私の質問に、彼女は『東京は規制が厳しくて難しい。千葉県で出来るか調べて見る』と言っていた。


ドローン撮影の映像をみんなで見た。



【日本橋1-1-1】
日本橋にはよく行く。なんと言っても東海道の起点だし、日本の「へそ」である。
「日本橋なら住所もあるはず。1丁目1番地1号」もあるはず」と考えた。
そしてその場所を探してみた。意外にアッサリ見付けることが出来た。

その場所は銀座方面から日本橋に向かい、橋の手前の路地を左折した右側だった。
そこは和風高級居酒屋で、店の名前が大きな提灯に書かれていて、その名も「ニホンバシ イチノ イチノ イチ」であった。


「ニホンバシ イチノ イチノ イチ」



【榮太樓本舗のカフェ】
日本橋に行ったら、暑くて参った。
持参した飲み水も切れたので、橋のそばの「榮太樓」のカフェに入った。
この店の「きんつば」が好きなので、お茶と一緒に頼んだ。
ところが驚くことに、『お茶はありません。コーヒーです』と言われた。
世の中も変ったものだ!

帰りに店に置いてあった小冊子「日本橋」をもらって読んだら面白かった。
表紙の絵は林家木久蔵改め「木久扇」が描いた絵だった。上手いなー。


 榮太樓でもらった冊子「日本橋」



【GODIVAのパン】
「ゴディバ」と言えば、ベルギーの世界的に有名なチョコレート・メーカーである。
難点は「値段が高い」のである。以前にどこかでチョコレート・ソフトクリームを食べたが、600円近くして驚いたが美味しかった。

そのゴディバがどうしたことか、8月4日に有楽町でパン屋を始めると予告があった。
この店はゴディバにとっては世界で最初のパン屋だそうだが、私は値段が気になる。
「チョココロネ」などは、美味しいのではないかと思っている。


 開店予告の「ゴディパン」



【ファン付き作業衣】
2~3年前からチラホラ見掛けた「ファン付き作業衣」が、本格的な普及期に入ったようだ。30度を越す町中で、作業をしている人、交通整理をしている人の多くが「ファン付き作業衣」を着ている。
最近の私は暑がりになっているので、それを着てみたいと思っている。
これを開発した(株)空調服は製造を大手企業に委託した。

するとその会社は販売好調を見て、「これは自社が元祖だ」と裁判所に訴えた。
そして当り前だが、一審で敗訴になった。
資金力で勝る大手企業が、零細企業を理不尽な裁判に訴えたのであった。
現在は多くの企業がファン付き作業衣を売っているが、特許使用料を払っているのだろうか?


「ファン付き作業衣」を着て作業する人



【ドンペン・マーク】
少し前に「ドンキホーテ」の色々な店を廻る話を、ブログで公開した。
その時は紙面の関係で書けなかったが、「ドンペン・マーク」のことである。
「ドンペン」はドンキホーテのトレードマークで、ペンギンである。

トレードマークというのは会社の顔であるから、「どこでも同じ」と思っていた。
ところがドンキホーテは違った。ペンギンではあるが、店によりかなり違いがある。
派手な色使いもあるし、グレー一色もあるし、ビル内の店はマークを壁に書いている。


 ドンキホーテのトレードマーク「ドンペン」



【人手不足】
コロナが感染症の5類扱いになったら、急に多くの人が行動し出した。
特に飲食店ではパートやアルバイトが集まらず、困っているようだ。
コロナ蔓延の時に、多くの飲食店ではアルバイトに辞めてもらった。
その反動がいま出て来たのである。

「インバウンドに期待」との経済界からの話も出ているが、そもそも今までの人件費が安過ぎたのではないのか?
時給1200円くらいでは、1日7時間を働いて8400円、25日だと月額で21万円である。
パートだから有休もボーナスも無い。じきに時給1500円の時代が来るだろう。


 「人手不足」のお知らせ



(おまけの話)【公開収録】
毎朝5時から文化放送の「おはよう寺ちゃん」をラジオで聞いているが、週末の放送は無い。そこでその時はニッポン放送にダイヤルを切り替えて、「ひろたみゆ紀のサンデー早起き有楽町」を聞いている。その番組では、毎週、映画の招待券応募があるが、少し前に当選した。

5時30分からは「中山秀征の有楽町で逢いまSHOW」という番組になるが、時々、「公開収録」の案内がある。興味本位で応募してみたら、なんと当選して招待状が届いたのである。文化放送の映画招待は当選したことが無いが、ニッポン放送は私と相性が良いようだ。


公開収録の招待状



その日は7月21日(金)の午後3時開場で、有楽町のニッポン放送イマジン・スタジオだった。出演者は伍代夏子、ささきいさお、BOSS★岡、エドアルドの各氏だった。
招待状には「録音・録画、撮影禁止」と書いてあったので、残念ながらこのブログには使えない。

当日はニッポン放送の地下4階のスタジオで、100人くらいの観客で収録が始まった。
観客は後期高齢者ばかりで、たまに若い人がいると思ったら、バアチャンの付き添いのようだ。午後3時30分から10分の休憩を挟んで1時間45分で、2日分の放送分を収録した。


中山秀征の「有楽町で逢いまSHOW」



スタジオは狭いので、歌手との距離は5列目の私でも5~6メートルと近い。
「伍代夏子」だけは、1回、2回の両方に登場した。彼女は61歳だそうだが、若いし美しい。「ささきいさお」は持ち歌の「銀河鉄道999」を力強く歌ったが、彼は私と同じ81歳だった。派手な銀色のラメ入りのブレザーを着ていたが、年には勝てず顔がジジイだった。

他の2人の歌手は私は全く知らない男達だが、コンサートとは違い間近で歌ってくれるので「実演っていいねー」と気に入ったのであった。収録では4人とも1回に2曲づつ歌い、放送ではトーク部分をカットして放送する。
1回分45分の収録を、放送では30分に縮めているのであった。


「ニッポン放送」イマジン・スタディオ


伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,411,490

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

コメント

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,411,490

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ