平安時代に活躍した真言宗の開祖・空海は、
若い頃からふるさとの四国の山野を駆け巡って修行をし、
修験道等も学んだという…。

そのためか空海には様々な逸話が残っていて、
千里眼で未来を見通す事が出来る
超能力のような能力も持っていたといわれています。

空海は遣唐使として中国に渡りましたが、
そこでも驚異的な能力を発揮し、
経典にある真言(マントラ)を100万回唱えなければ得られないという
驚異的な暗記術も習得したらしい…。
本来は20年かかるはずの密教の学習もたった3年で終え、
灌頂(密教の正統な後継者とするための儀式)を受けて
日本に帰ったといいます。

帰って来た空海は龍神を操り、

旱魃で苦しむ人々の土地に雨を降らせたともいわれています。


実は空海が唐から持ち帰った経典や仏具の中に、
宿曜経という未来を知るための経典が含まれいたのをご存じでしょうか?
宿曜経は上下2巻からなり、仏教世界最高の英知が凝縮されているといわれています。

元々はバビロニアに起源を持ち、
インド、中国で発展して800年頃、
空海によって日本に持ち込まれました。

この宿曜経を研究した僧や修験者は宿曜師と呼ばれ、
吉凶や未来を判断する陰陽師と二分する勢力を持っていたようです。

この宿曜経、古くは釈迦も影響を受けたといわれ、
特に戦に関係する人々が利用したといわれています。
三国志時代の諸葛孔明や、源平合戦の源頼朝や義経、
戦国時代には山本勘助や竹中半兵衛、
真田幸村や斎藤道三等そうそうたる武将が
戦勝のために利用したそうです。

ただ、この宿曜経はやがて姿を消してしまう…。
それは江戸幕府が出来た時に徳川家康が活用を
禁じてしまったからで…
家康自身も宿曜経を使い天下を取り、
その腹心の「黒衣の大僧正」といわれた南光坊天海も
この宿曜経の使い手で、
徳川幕府を300年間安定させるために宿曜経を活用したとされています。

それほど強力な宿曜経を他者が使い、
徳川の安泰が脅かされる事を恐れた家康は宿曜経を禁止した訳ですわ…。
宿曜経を駆使すればより良い未来を得られるといわれていて、
それは予言の一種とも考えられています。

空海は人の生き死ににも関与出来るほどの力があったようで、
嵯峨天皇が長患いした時に、
空海は高野山で加持祈祷した水「真言水」を献上した。

名だたる名医や陰陽師も手を付けられなかった嵯峨天皇の難病を、
この「真言水」が治してしまったんだと…。

こうした様々な奇跡を起こした空海は仏教界のスーパースターで、
人類の行く末についても語っていて、
「自らが救済者になる!」という…。

「自分は56億7000万年後、弥勒菩薩と共に下生し、
弥勒の世界を造る」と語っているのさ…。

最初、私はある阿闍梨からこの話を聞いた時、
何天文学的な数字言ってるの?と思ったのですが、
阿闍梨に怒られました…。

自分たちだから分かるんだって!

人間の煩悩の数である「108」で割り、
仏教でいうところの三千世界の「3000」で割る。

そして物質世界を支配する「7」で割った数字…
大体その数字は2500になる。

年号の始点は釈迦入滅後の時といわれているから、
西暦に直す2020年…
2020年からは破壊が目に見える形で始まるぞ!って聞きました…。

2020年始まったのはコ〇〇ですよね…

ここからは、全ての秩序も常識も壊れるって空海は言ってますが…。


ちょっと不思議なおはなし タリズマン・マスター

アクセス総数:860,971

コメント

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

タリズマン・マスターからの関連記事

ちょっと不思議なおはなし タリズマン・マスター

アクセス総数:860,971

タリズマン・マスターのよく読まれている記事(直近期間)

タリズマン・マスターのカテゴリー

タリズマン・マスターのアーカイブ