日本人なら誰でも知っている飛鳥時代の聖人であり、
政治改革者である聖徳太子…。
聖徳太子には厩戸皇子と呼ばれていた存命中から
様々な異説が囁かれ、
謎の多い人物ですよね?

そんな中でも、
私が興味を惹かれるのは、
聖徳太子が予言をしていた!という事実…。
予言を記した書は幻の書とされ、
「未来記」と呼ばれています。

聖徳太子は幼い頃から様々な予言をしているようで、物部氏と蘇我氏が争った時にも「物部守屋は死す事になろう」と戦前に予言し、結果はその通りになった…。

国家の正史である「日本書紀」にも「厩戸皇子、未然を知ろしめしたもう」という一節がある。
聖徳太子(厩戸皇子)が、未来の事を予言しているという意味ですわ…。
正史に予言をしたと記されているのは聖徳太子であって…。


「日本書紀」にあるのは「兼知未然」という文字だけで、
聖徳太子がどのような内容の予言をしたのか?
は書かれていませんが、
その内容は密かに法隆寺系や四天王寺系の太子ゆかりの寺の僧の一部によって、伝えられていたそうです。

例えば平安時代の歌人・藤原定家は日記「明月記」の中で、
瑪瑙石に刻まれた聖徳太子の「未来記」の一部を発見し、
そこに、「やがて関東武士勢力(鎌倉幕府)が世を治めるようになるであろう」と書かれていたと記している。

また「太平記」によると、
南北朝時代の武将・楠正成は大阪の四天王寺で「未来記」の断片を読んだらしい…。
そこには「人王96代に当たり、天下一たび乱れて、主安からず。
東魚きたりて四海を呑む。日、西天に没する三百七十余日、西島きたりて東魚を喰らう」とあった。

正成は「人王96代」を後醍醐天皇、
「東魚」を北条氏とし、
それを喰らう「西島」を自分の事だと考えた…。
そして370日頑張れば勝てると考えていたそうで…。

また、江戸時代の僧・潮音は太子が記した
「未来記」を元にした解説書「未然本記」を発見したという…。
そこには622年から1622年までの予言が書かれており、
それ以降の時代も100年ごとに同じ事件が繰り返し起こると書かれていたとされる…。

江戸幕府により焚書の憂き目に遭い、
この「未然本記」も現代には伝わっていないんですけどね…。

楠正成などの目撃談はありますが、
聖徳太子が記したといわれる「未来記」はすでにこの世には存在しない可能性は高いですが、
「未来記」を形として残したと言われるものがある。
奈良の法隆寺にある五重塔!「寺=テラ」は世界を表す「テラ=TERRA=地球」であり、法隆寺全体が世界の象徴だ!と言われている。
そして五重塔は、人類の未来を示しているんだそうで…。

聖徳太子が信仰していた仏教の祖・釈迦は、人類の未来を自らの入滅後500年ごとに5つの時代に分類し、釈迦の庇護の下にある時代とした。
それぞれの階層の壁にはその時代を象徴する絵が描かれていたというのだけど、後の権力者によって消されたらしい…。
その絵があまりにも凄惨な内容だったともいわれています。

釈迦入滅(定説では紀元前480~500年頃)の後、
500年後になると釈迦の庇護がない時代になる訳で、人々は、今までとは全く異なる世界に投げ出される事になる…。
問題となる釈迦入滅後2500年目は一体いつなのでしょうか?
定説通りなら、それは2000~2030年頃という事だという…。
「未来記」には、その時の救済方法記されていたんでしょうかね…?



ちょっと不思議なおはなし タリズマン・マスター

アクセス総数:865,378

コメント

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

タリズマン・マスターからの関連記事

ちょっと不思議なおはなし タリズマン・マスター

アクセス総数:865,378

タリズマン・マスターのよく読まれている記事(直近期間)

タリズマン・マスターのカテゴリー

タリズマン・マスターのアーカイブ