『注意1秒 怪我一生』

この秀逸な交通標語を 
たまたま娘に自分の車を運転させて
我が家まで来た彼女は、まったく知らなかった。
30歳なかばか後半の年齢だと思うが、
そんなもんかねぇ~と思った。

四月のある日。
中島町の北海道銀行に行った時のこと。

記帳と入金に車で行ったのだが、
僕は銀行に行く時はいつも空いている時間帯を選んで行く。

ピカピカのクラウンの新車が駐車していた。
運転手付きだ。
この車は高いんだろうな〜とATMを済ませて
自分の車に歩いて行く時、
そのクラウンは走り出した。

出口ゲートに向かうクラウンの先には水色の軽自動車が・・

前にいた軽自動車はカードの差し込み口から遠かったらしく
バックしてやり直そうとしていた。

けたたましいクラクションが鳴り響いた。

ガツーン!!!

後を見てないのか
モロにクラウンにぶつかった。

久々に目の前の事故に遭遇。
折衝の為か2台の車は空いているスペースに移動したので
僕は出て家に戻った。

なんと気の毒な、あのオバさんは 
どんだけ修理代を払ったのか今でも気になる。

人の振り見て我が振り直せ

気をつけようっと。



それでも人生は進んでいく 糸をつむぐように

アクセス総数:13,229

北海道室蘭市で生まれ育った無骨で頑固なオヤジですけど? 何か?
インスタでも覗いてケロ

コメント

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

糸をつむぐようにからの関連記事

それでも人生は進んでいく 糸をつむぐように

アクセス総数:13,229

北海道室蘭市で生まれ育った無骨で頑固なオヤジですけど? 何か?
インスタでも覗いてケロ

糸をつむぐようにのよく読まれている記事(直近期間)

糸をつむぐようにのカテゴリー

糸をつむぐようにのハッシュタグ

糸をつむぐようにのアーカイブ