我が家はバス通りに面している。道路には全て名前がついている。
この道は中島港北通りという。港北町行きのバス停が家の前に有る。

娘が高校生の時に通学に使用していた。

バスが来た時は音でわかる。
停車時のブレーキ音や発車の音は結構大きいから。
2階の窓から娘がバスに乗り込むのを見ていた。

今も毎朝同じ時間に同じメンバーの子供達が同じような順番で並んで待っている。

バス停が有る側の歩道をびっこを引きながら、
日に何度となくゴールデンレトリバーが散歩していた。
高齢と思われる男性か女性かが付き添ってゆっくりと静かに歩いていた。

それがついに辛そうな散歩を見る事はなくなった。
歩けなくなったのかは解らないが
あの老犬がピョコタンピョコタンと散歩する姿を待ちながら
今朝も僕は2階の窓から下を眺めている。




◎生きていたゴールデンレトリバー●帰ってきたピョコタン



それでも人生は進んでいく 糸をつむぐように

アクセス総数:13,438

北海道室蘭市で生まれ育った無骨で頑固なオヤジですけど? 何か?
インスタでも覗いてケロ

コメント

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

糸をつむぐようにからの関連記事

それでも人生は進んでいく 糸をつむぐように

アクセス総数:13,438

北海道室蘭市で生まれ育った無骨で頑固なオヤジですけど? 何か?
インスタでも覗いてケロ

糸をつむぐようにのよく読まれている記事(直近期間)

糸をつむぐようにのカテゴリー

糸をつむぐようにのハッシュタグ

糸をつむぐようにのアーカイブ