池袋に「アニメ東京スターション」という、マンガの施設が出来たと知った。
私はマンガは読まないし、アニメも見ないが、早速行ってみた。
地図を見たら以前に行った、「佐久間ドロップ」の近くだと分った。

でも念のために、地図をプリントして持って行った。
かなり慎重に考えての行動だったが、これが全く役立たなかった。      


 「アニメ東京ステーション」



大江戸線で「春日駅」で降りて、そこから都バスに乗って終点の「池袋駅東口」で降りた。正面は西武デパートであり、そこから地下街を通って西口に出た。
以前に来たことがあるので、佐久間ドロップ近くまで来たが見当たらい。

ウロウロした挙句に持参した地図を見たら、場所は西口ではなく東口だった。
「エー!」と驚いた。まるでボケ老人である。都バスで東口に降りたのにー!


  NARUROに登場する「九喇嘛(KURAMA)」



東口に戻り地図を見直したが、ゴチャゴチャした場所なのでよく分からない。
スマホの「Google Map」で調べたが、画面が小さくてもっと分からない。
「アニメ東京スターション」のホームページを呼び出してみたら、すぐ近くの私の知っている場所だった。「早とちり」は今に始まったことではないが、最近は加速度がついて来たようだ。


「NARUTO」の登場人物と映像



会場への入場は無料で、入口でパンフレットをもらった。
入口左側には大きな、NARUROに登場する「九喇嘛(KURAMA)」が飾ってある。
私の想像では若者や外国人観光客で大混雑だと考えていたが、入場者は少なく拍子抜けだった。

現在は期間限定で『NARURO-ナルト』のフィギアとゲームを展示している。
二階が映像とフィギアで、地下一階はアニメの制作工程を展示している。


「Ninjutsu photo booth」



1階の入口左側には「NARURO」に登場する大きな「九喇嘛(KURAMA)」のぬいぐるみが飾ってあった。そもそも私はアニメを見ないので、「これがなにか?」分からない。一応は写真を撮り、階段で二階に上がって行ってみた。

その会場は「NARUTO」に登場するキャラクターのフィギアと映像があった。
ゲームもあったが、分からないのでやらなかった。
結局は「なんだか分からない」ままに、外へ出た。


 手塚治虫の原画(レプリカ)など。



(おまけの話)
わざわざ池袋まで行ったのに、このまま帰るのもシャクだと感じた。
近くに「サンシャイン60」が見えたので、久し振りに行ってみた。
「サンシャイン60」のある場所は、1970年まで巣鴨刑務所だった。

戦後になり現在の四谷の防衛省に今も残る建物で、極東国際軍事裁判が行われ、戦争犯罪人として日本陸軍大将だった東条英機が、1948年12月23日に絞首刑で処刑された場所である。連合軍は非情で、天皇誕生日にわざわざ処刑したのである。


「サンシャイン60」



1978年に巣鴨刑務所は、「サンシャイン60」に生まれ変わった。
この時の60階建てのビルは「東洋一」の高さだったので、私も女房と見に行った覚えがある。そのしばらく後に行った時は、ビルは古くなり駅からも遠いので、寂びれてお客も少なかった。来ているのは台湾からの観光客が目立っていた。

その頃に私が面倒を見ていた台湾人のLさんが、学生時代にすぐ近くの台湾人専用お土産屋でアルバイトをしていたのを思い出した。


「Sunshine City」入口



今回も「寂れているだろうなー」と思って行ってみたら、大繁盛だった。
内部も模様替えが行なわれていて、飲食店がとても増えた。
サンシャイン・シティには「アルパ」という大規模な商業施設が入り、若者で賑わっていた。

帰ってから調べてみたら、ここは過去に2回のリニューアルを行ったようで、その2回目が2023年4月だった。知らなかったが、まだリニューアルして半年だったのだ。


 商業施設棟の「アルパ」



「サンシャイン60」は4つのビル群で構成されていて、メインの「サンシャイン・シティ」、「プリンスホテル」、「ワールド・インポートマートビル」、「文化会館」からなっている。前回に行った時は何年前か忘れたが、「ワールド・インポートマートビルの水族館が素晴らしい」と聞き、見に行った覚えがある。

水族館は今もあり、チケット売場の前まで行ってみたが、入場料が2800円もするので入るのを止めた。


 「水族館」と「プラネタリュウム」入口



気を取り直して、60階の展望台へ行ってみようと考えた。
エレベーターがリニューアルで、ものすごく早くなった。
私の乗ったエレベーターは59階までしか行かなかったので、そこで降りた。
そこはレストラン街で、途中にお休み処があり窓から外が見えた。

その後に60階まで行ってみたら、係員から「展望台の入場料は700円」と言われ、1階違いでは景色は同じと思い、これも止めたのである。
今回の池袋は「無駄」ではなかったが、ボケを再確認したくらいであまり得るものは無かった。


 59階からの眺め


伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,411,017

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

コメント

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,411,017

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ