心の伊達市民 第一号

マンションでの友人のMさんから電話があった。
『梅の季節になった。観梅と言えば「湯河原の幕山梅林公園」だが、一緒に写真を撮りに行かないか?』
私は暇を持て余していたので、大歓迎だった。


今回は私の他に、マンションのデジカメクラブのたった1人の女性会員のSさんが参加するそうだ。
前回も急に『忍野八海の写真を撮りに行かないか?』と誘われたのだが、その時は前日の誘いだったので都合が付かなかった。



湯河原の梅林はまだ7分咲き。


その後、当日の詳しい計画をメールで知らせて来た。
「午前7時にマンション前を出発」、「午前9時、湯河原梅林に到着」、「午前11時、江の浦測候所」、「13時30分、ランチ」、「15時、干物の山安」、「17時、帰宅」。そして各所のHPも添付されていた。


彼と一緒に出掛けると、旅行社の企画のような詳細計画が届く。
本人曰く『旅は計画段階から始まっているのだ』



カメラマンも多かった。


当日の朝になりMさんから電話が入った。中止のお知らせかと思った。
Mさんによると、『Sさんの部屋の上階から自宅に水漏れがして来ている。15分ほど出発を延ばして欲しい』ということだった。私は驚いた。『自宅が水漏れして被害が出ているのに、Sさんは行くの?』


道中でSさんに話を聞いたら、『15年間で、これが3回目』と驚くような話だった。
彼女はもう慣れているのか、保険で修繕はしてもらえるので、あまり気にしていなかった。



ピンクの梅の花は遠くからでもよく分かる。


9時に湯河原梅林に到着の予定が、道路の混雑で10時となった。
現地は観梅に来た人達で大混雑で、3人はそれぞれ別行動にした。
梅はまだ7分咲きで、元々、梅は華やかではないので、少し寂しい。
私は写真を撮るのが早いので、すぐに終り飽きてしまった。
私の「一写入魂」と違いMさんは「百写入魂」だから、いつまでも戻って来なかった。



快晴の空に映える梅の花


午前中に行く予定の「江之浦測候所」は午後からに変更し、小田原で食事とする。
Mさんが予約をしてくれていた懐石料理店は、料理が安いし雰囲気も良かった。
コロナ前だと、なかなか予約が取れない繁盛店だったそうだが、この日は我々以外には2人だけだった。
前日にはロシアがウクライナに侵攻するという暴挙を犯すし、コロナで人生が狂ってしまった人も多いと思う。そんな時に「観梅」をする我々は少し気が引けた。



料理屋「右近」の「点心懐石ランチ」(2500円+税)


(おまけの話)
私が写真を撮る時は「一写入魂」とは言っているが、あまり考えもせずにパッと撮る。
一方でMさんは考え抜いた上に、何枚も撮る。
だから私と一緒に撮影に行くと、私は時間を持て余してしまう。


後で彼の撮った写真を見せてもらうと、かなり私より上手だ。枚数も私の10倍くらいはある。
でも運転免許証を返納した私なので、Mさんに誘ってもらえるのはとても嬉しいので我慢する。



NHK大河ドラマ「青天を衝く」の題字。


食事の後に「江之浦測候所」に行くことになった。
その時になりMさんは『予約が必要だったかもしれない』と言い出す。
そして慌てもせずに電話番号を調べて、電話をしていた。


Mさん『入館には予約が必要ですか?』
先方 『予約が必要です』
Mさん『当日予約は出来ませんか?
先方 『出来ますが、高くなります』
Mさん『いくらですか?』
先方 『3850円です』
Mさん『それでお願いします』



江乃浦測候所のガラス張りのギャラリー。


私は驚いた。江之浦測候所というのはなにかの測候所だろうが、そこに入るのに3850円は高過ぎる。
でも既に予約をしてしまった後なので、いまさら止めにも出来ない。


私 『江之浦測候所って、どんなところなの?』
Mさん『ウーン。説明が難しいが、有名な芸術家が私費を投じて「みかん山」に巨大なアートの設備を作ってある。自然の中でそれぞれが静かにアートの世界に浸れる場所である』
私には「なんだか」分からなかった。



崖から突き出た四角の鉄のアートは「何を意味するのか?」


江之浦観測所はみかん山の頂上にあり、車でなければ行けない場所だった。
入口で3850円を支払い、見学の説明書とアートのパンフレットを渡された。


そこには作者の杉本博司氏が【今、時代は成長の臨界点に至り、アートはその表現すべき対象を見失ってしまった。私達に出来る事、それはもう一度人類意識の発生現場に立ち戻って、意識によってたつ由来を反芻してみる事ではないだろうか】
相変わらず芸術家の言うことは難解である。測候所という名前は『人類意識の発生現場を見てくれ』ということなのかもしれない。



四角の鉄の箱の中は真っ暗だった


杉本博司氏はNHKの大河ドラマ「青天を衝け」の題字を描いたアーチストだった。
係員に聞いたら、『この江之浦測候所は、17年間の工事を終えて、5年前に開業した』
入口は超近代的なガラス張りの展示場で、そこを出ると石をふんだんに使った庭が現れる。


崖から突き出た四角い鉄は何なのか? 中に入ると真っ暗で、その先の明りが見える。
みかん山の小径をかなり下りて行くと、竹林や神社がある。
しかし戻るのが大変だった。難解なアートの上に、山登りまでさせられてしまった。
この施設を見た後の私の感想は、『凄い!』と一言だった。



小石を敷き詰めた庭園は素晴らしい


コメント

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ