心の伊達市民 第一号


少し涼しくなって来たら、落ち着いて色々と考えることが出来るようになった。
いま一番の心配事は「私はいつまで生きるのだろう?」ということである。
現役の時は全く考えもしなかったことである。

引退してもしばらくは「やりたいこと」が多く、先のことはあまり考えなかった。それが「やりたいこと」の多くをやってしまった頃から、「私はいつまで生きるのだろう?」となった。


建替えの為、銀座3丁目から8丁目に一時的に引越ししたアップルストア。



昔は「長寿は目出度い」ことだった。
私の若い頃は60歳の還暦で、「赤いちゃんちゃんこ」を着て嬉しそうにしている年寄りを身近に見た。自分がその年になった時には「60歳は当り前」になっていたので、何もせずに通り過ぎて行った。

それが70歳近くになると、ボチボチと同級生にお迎えが来た知らせを受けるようになった。そして特に親しくしていた友人の3人を失った。


店舗統合で銀座4丁目から8丁目に引っ越した三菱UFJ銀行 



私より誕生日が若い友人に先に逝かれると、心のダメージが大きい。
特に自らアチラヘ逝ってしまった友人の時は、『なぜ相談してくれなかったのだ?』と悔やまれた。いまのマンションで付き合っている友人達は私が70歳を越してから知り合った男達なので、同級生達のように心を許してはいない。

若さの溢れる時代を共に過ごした思い出も無いのだから、それも仕方ないと思っている。彼等とはたまにカフェでお茶をするが、「病気」と「介護」と「現役時代の会社」の話で建設的でない。


  しばらく休んでいた資生堂ギャラリーがオープンした。



コロナのせいで同級生達と定期的に行って来た「都心を歩く会」も休止状態である。いまはメールだけで連絡をし合っているが、会わないでいると段々と疎遠になるようで怖い。家族以外とは誰とも会わない生活が2年半も続くと、1人に慣れてしまう。するとかえって面倒が無く、「これも悪くない」と思うようになった。「一人っ子」というのは、こんな感じなんだろうと思っている。


 コーヒー(730円)、サンドイッチ・セット(250円)!?(ルノアール)



年と共に起きるのが、「忘れっぽい」、「目が悪くなる」、「耳が遠くなる」、「睡眠時間が短くなる」、「小食になる」など色々あるが、それでも家族は今でも私を「家長」として考えているのが困る。

忘れないように「なんでも手帳やメモに書く」ことを心掛けているが、それでも時々、そのメモを持って来るのを忘れることがある。手帳に書いた日にちを間違えて映画館に行ったら前日の予約で、入場料を2度払いしたこともある。


銀座では外国人観光客を見掛けるようになった(マスクはしていない)



テレビを見ていると女房に「音が大き過ぎる」と言われてボリュームを下げられて、今度は私が聞こえないが黙って我慢している。毎日の夕食の支度をしている女房から、『何か食べたいものは無い?』と聞かれる。

小食になった上に、特に食べたいものも無くなって来たので返答に困る。
そこでデパートの食品売り場に行って店内を見て廻り、食べたいものを探すが、それでも無いから困る。


マンションの友人から頂いたパプリカ。



テレビやネットのニュースで高齢者が色々なことに反対して、デモなどに参加している姿を見ることがある。最近では安倍元首相の「国葬反対」デモである。
昔の年寄りはある年齢になると悟りの境地に達するのか、なんでも分かって静かに余生を送っていたように見えた。

いまの高齢者は「いいじゃないか」ということが無くなり、行動に出る。
そのエネルギーに感心する。
アンケートによると国葬に関しては高齢者になるほど反対が多いが、若者が反対するのなら分かるが、なぜ高齢者なんだろう? 高齢者の私が分からない時代になった。 
やはり長生きし過ぎたようだ。


 雨が降ってもデリバリー(DEMAEKAN)



(おまけの話)
私の父は56歳で亡くなった。母は86歳で亡くなった。
父の家系は長寿なのだが、父はそうはいかなかった。母の父は40代で亡くなったが、母は長生きした。「家系と長生きは関係がある」と思っていたが、我が家ではそうでもない。

父の家系の私の従弟は多くがもう亡くなっている。私の兄弟姉妹は、まだ健在である。
なにが寿命やボケを決定するのか? 今さら知ってもどうにもならないが、でも知りたい。


トンボが出ると秋を感じる。



親戚から帝国ホテルの「コンソメスープの缶詰」が12個も送られて来た。
その少し前にメールが届き、『主人がボケたのか、ネットでスープを25万円も買ってしまった。お礼は要らないから消費に協力して』と書いてあった。主人という男は90歳近いと思うが、困ったものだ。

彼は現役の時は外資系の証券会社で役員待遇を受けていたはずなのだが、ボケと現役時代とは相関関係は無いようだ。家族でありがたくスープを頂いたが、なんだか私だけが苦い味がしたように感じたのであった。


1缶700円のコンソメスープが12缶も届いた。



8月末に配達された中央区の「区報」の一面に「10の質問で簡単に認知症チェック」という大きな表が出ていた。そして9月21日は「世界アルツハイマーデー」と書いてあり、私はこんな日があるのを初めて知った。
試しに10項目の質問に重症度を測る数値の1~4にチェックを入れてみた。

この点数が20点以上だと認知症の可能性が高いということのようだ。
私は8項目が1点で、2項目が2点だったので、合計で12点だった。まだ認知症は大丈夫のようだ。チェックをした区報をテーブルの上に置いていたら、女房に見られてしまった。


 1点8個+2点2個=12点は大丈夫。


コメント

  1. Shinji
    Shinji
    返信

    250,000円割る700円は約350個。一日一缶このスープを食べても一年近くかかります。同情します。

  2. 山本英次
    山本英次
    返信

    毎日のスポーツジムでの水分補給にペットボトルの飲料水(水、お茶)を定期購入しているが、「霧島天然水のむシリカ」(500ml×24本)を2ケースが届いた。
    今朝のアマゾンからのお知らせメールが届いたので、よく見たら「ノンラベルお茶定期便」配達の連絡であった。今週末に60本の定期配送があることが判明した。
    初回限定500円で定期購入50%引きという誘う文句に釣れられての発注を忘れていたのである。最近はこういうダブル注文をしてしまう事が多い。帝国ホテルのスープ缶ほどは高額ではないが、やはり「ボケ」の始まり化もしれない。

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のアーカイブ