【ビックジャンボ】
暮れが近くなった時に、電気掃除機が動かなくなった。最近の出来製品は昔のように「叩いて]も直らない。仕方ないので、有楽町のビックカメラに買いに行った。
同じメーカーの掃除機を買った。レシートを見たら、「ビックジャンボ」と大書きされて「購入金額の10万円までは、全額戻って来る」というキャンペーンをやっていた。

早速、私はQRコードを読み込み、説明書きに従い申し込みをしたが上手く行かない。
総合案内で聞いてみたら、親切に教えてくれて申し込みが出来た。当選すれば2月中旬頃に、ビックカメラのカードにポイントが付くらしい。果たして、どうなるか?


「ビックジャンボの申し込み画面」



【8人でコーヒー1杯】
ビックカメラで掃除機を買った後に、駅の反対側にあるイトーシアの地下一階のドーナツ屋「クリスピー」に入った。私は時々、ここへ入って本を読んで休憩する。
私がドーナツとコーヒーを持って、いつもの席に向かった。するとその手前の大テーブルに8人の家族が座っていた。よく見ると中国人の家族のようだった。

子供達は「おにぎり」を食べている。母親は缶ジュースを飲んでいる。
更によく見たら、この店で買ったものは、ジイさんのコーヒーだけだった。
インバウンドと騒ぐが、こういう人達も来ているのである。


 「Crispy」ドーナツ



【暮れのゴミ出し】
私の住むマンションは居住階に、それぞれ2ヶ所のゴミ出しの為の部屋がある。
生ごみ、ペットボトル、紙類、缶類、ビン類、電池、プラスチック・キャップと分別して出すことになっている。時々、粗大ゴミをとぼけて出している人がいるが、その場合は貼り紙がしてあり持って行かない。更にその階の各部屋には、写真付きで注意を促される。

ゴミ収集の正月休みは12月29日から1月3日までで、その間は1階にあるゴミ集積場に各自が持参する。そこは広い場所で、ゴミ圧縮気が4台も設置されている。
私の会社はゴミ圧縮機も製造していたので、いつも興味深く見て来る。


 ゴミ集積場の「生ごみ圧縮機」



【季刊誌 Will】
(公益財団法人)日本尊厳死協会は、1昨年秋からTBSラジオで「MyLIFE! MyCHOICE」という番組を提供し、尊厳死の啓発活動を行っている。1月号では山田邦子さんと、コロッケさんが登場した。それを季刊誌「Will」誌上で再現している。

山田邦子『母が老いていよいよ介護が必要になり、一日一日老いて行くけれど、最後のあり方を子供に見せているんだと思っています』。

コロッケ『生涯芸人でありたい。何か世の中の役に立つことをやりたいなと思っている。そこに辿り着くには、まだまだ頑張っていかないと。いま63歳なんで、人生のフィナーレに動き出すのは75歳くらいかな』


季刊誌「Will」の特集記事



【年越ソバ】
クリスマスが終ったと思ったら、翌日にはマンションの前に大きな門松が立った。
いつまでもクリスマスツリーを飾っておくようなことはせず、「日本人は几帳面な性格だなー」と感じる。大晦日に銀座の三越デパートに、注文しておいた「お節料理」を引き取りに行った。この時に、「1年の過ぎるのが早いなー」と感じた。

門松を見ると、一休禅師の狂歌である「門松は冥途の旅の一里塚 めでたくもあり めでたくもなし」が浮かぶ。この意味が身に沁みる。
夕食は女房の揚げた「イカと野菜のかき揚げ」の年越ソバを食べた。


【年越ソバ】



【交通事故】
大晦日の昼頃に銀座一丁目の交差点の信号が変るのを待っていたら、左後方かた「ガシャン」という音が聞こえた。交通事故だとすぐに分かったが、ぶつかる瞬間は見ていない。振り返ったらバイクが倒れ、運転手の男が道路に投げ出されていた。
相手は軽ワゴン車で、信号を渡った左側で停まった。

交番が近かったので、警察官が飛んで来た。右折した場所にバイクを運び、バイク、軽ワゴン、警察官の男3人で話し合っていた。その内にバイクの男が頭を下げて、それで終わった。彼が悪かったのだろう。事故扱いにもしないで、いいのだろうか?


銀座一丁目の事故現場



【アパホテルの傘】
銀座通りで、私の前を欧米系の観光客の家族4人が歩いていた。
オヤジは背中に赤いリュックサックを背負い、そこに2本の雨傘が刺さっていた。
よく見たら「アパホテル(東京九段下)」と書いてあった。

早速、九段下の正月料金を調べてみた。このホテルは各地のホテルの支配人に、需給による料金設定を任せているそうだ。ネットで調べたら、1月は全て満室なのでよく分からない。他の連休から想像して、1室2人で1人あたり1万4000円らしい。
正月なのに、それにしても安い。


 背中には「アパホテル」の傘が2本。



(おまけの話)【マンガ×AI】
数寄屋橋交差点に近いところに、三菱電機の「METoA Ginza」という施設がある。
ここでは一般の人に三菱電機が取り組んでいる事業の中から面白そうなものを易しく画像で紹介している。このイベントは期間がハッキリしていないので、時々、覗く必要がある。暮れが近付いたある日に、久し振りに私は覗いてみた。

すると新企画が行なわれていて、「マンガ×AI」というタイトルからはよく分からないものを開催中だった。


 会場入口の大きなパネル



家に帰ってからHPを見て確認すると『モラルに反する使用や、プライバシーの侵害、情報の信憑性や責任のありかなど。AIによってくらしが便利になる一方で、その在り方が今問われています。METoA Ginzaでは、「AIとくらす未来を考える」をテーマに、漫画とインタラクティブな体験をお届け』

『小泉徳宏&モノガタリラボ、カシワイ…漫画家や映画監督、演出家など、多彩なアーティストがマンガを通じて三菱電機とコラボレーションします。ここだけの新しいマンガ体験を通して、これからのAIとの向き合い方をみんなで考えてみませんか?』。


 会場に入ると巨大な画面いっぱいにマンガがあった。



『スクリーンの前に立つと体験者のポーズに合わせて、マンガのキャラクターが動き、実際にマンガの世界に入り込んだような体験。例えば、落ちている物を拾う動作が「ごみ拾い」と見なされるのか、または物を盗ったとして「不審行動」と見なされるのか、判別が難しい状況を誰かの判断(価値観)によって「善意の行動か、不審な行動か」を』

『ラベル付けされる体験を通じて、『AIと暮らす未来で起こるかもしれない出来事を体験することができます』ともあった。
現地ではこのような説明が無いので、何がなんだか分からずに体験して帰って来てしまった私だった。


   私が左手を上げたら、マンガも上げた。


伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,412,556

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

コメント

  1. Shinji
    Shinji
    返信

    キリスト教では、エピファニー(今年は1月6日)まではクリスマスツリーを飾ります。この日はまた、東方からの3賢人がイエスに面会して祝福した日でもあります。日本は12月25日を過ぎると、正月飾りに変身しますが、その素早さにはいつも、感心します。

  2. 謹賀新年(Y)
    謹賀新年(Y)
    返信

    元旦から日本中に起こる大事件に今年の行く末を案じています。惰眠を貪っていた私に「目を覚ませ!」と叱っているような事態です。来年は「巳年」で7回目の年男を迎えるわけであるけれど心配になってきた。mushanaviのブログを毎日の励みとして楽しんではいるが、終活との戦いに挑戦しなければならないのかな?
    静かな老後を許してくれない世の中を恨んではいけないが、自分の責任で終活を全うしよう!

  3. dy
    dy
    返信

    新年早々飛ばしてますね・・・ネタ大丈夫ですか?笑

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,412,556

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ