桜の季節が近づいて来たら、女房が言った。
『目黒川の桜を船から見ると、とてもいいらしいわよ!』
そこでネットで調べて、乗船の予約をすることにした。

その話を聞き付けたマンションの女房の友人の夫婦2組が、『一緒に行きたい』と言ったので、6人で申し込むことにした。他人も行くとなると私の責任は重大で、「いつ乗船するか?」と、乗船日を決めるのに悩んだ。


 天王洲アイルの乗船桟橋



早目に予約しないと、もし「満席」となったら責任重大である。
一方で早過ぎたら、桜は咲いていない。
そこで昨年の満開日を調べた上で、2月中旬に「3月29日乗船」で予約した。

ところが2月後半になり、どうしたことか夏日が続いた。
「これでは開花が早まる」と考え、予約日を3月25日に前倒しにした。
ところが3月初旬頃から寒い日が続き、ネット情報でも開花日が遅れていた。
そこで乗船日の予約をまた変更し、4月1日にした。


船は手が届く橋の下を通過する。



昨年の東京の開花宣言は「3月14日」だったが、その後、NHKニュースによると今年は4日遅れの18日になった。しかしその後も変更が続き24日となり、それがまた延びて31日になった。「目黒川桜」でネットを検索すると、こちらも何度か予想が延びて、「開花は3月31日」、「満開は4月7日」となっていた。

そこで今度は3月25日になり、またまた予約日を4月6日に3度目の変更をした。
3月20日過ぎても寒い日が続き、「4月6日も早過ぎるか?」と心配の毎日だった。


カヌーの集団が上流からやって来た。



3月末になり急に気温が高くなり、29日に開花宣言が出た。
30日と31日の気温は26度越えとなり、夏日になった。
今度は満開日が早まり、桜が散ってしまう心配が出て来た。
また他人を誘うと、天気が気になる。

1週間前には雨だったが、私は「晴れ男」なので大丈夫と思っていた。そして当日になり、曇り降雨量ゼロとなった。ランチに刀削麺を食べて、桟橋に向かった。
船の先頭に乗りたいので、まだ係員が来ないのに受付で待った。


 五反田辺りから桜が増える。



時間になり受付が始まり、予定通りに乗船の1番札をゲットした。
6人が先頭の座席の横一列に並んで座った。定員の40人が揃い、定刻に船は出発した。水門を通り過ぎて、いよいよ目黒川に入った。

間もなく私が昨年は何回も通った「品川橋」の下を通り過ぎた。
この辺りは「花筏」を求めて彷徨ったので、橋の名前もよく分かる。


目黒川にせり出す見事な桜。



品川橋から9個目の橋である「居木橋」に来た。
この橋の先で昨年は、川いっぱいに広がった花筏を見たのである。
カヌーで目黒川を下って来る集団がいた。
お花見に来ている小型の遊覧船、黄色の水上タクシーも来る。

この辺りから両側の桜の木も増えて、満開の桜がとても綺麗だ。
川の横の歩道から見る光景とは全く違い、期待以上の光景だった。


 他社の「お花見クルーズ」もやって来る。



船は35分で折返し地点の太鼓橋近くまで来た。
ここまでに30の橋の下を通過した。満潮の時間帯らしく、座席に座ったままでも手を伸ばせば橋の裏に手が届く。橋の上からは、観光客が並んで手を振ってくれる。
目黒雅叙園の少し先の「太鼓橋」の手前で、船は反転して戻る。

帰路の船ではガイドの女性がウクレレ片手に、5~6曲の歌を歌った。
天気も良く、気温も丁度良く、非常に満足の70分の「お花見クルーズ」だった。


「太鼓橋」の手前で船は戻る。



(おまけの話)
目黒川の桜クルーズに参加するのは、私達は初めてである。
乗船場所が「天王洲アイル」で、出発が午後1時30分なので乗船前に食事の必要があった。そこで女房の手前もあり、事前に乗船場所と食事場所を確認するために、3月25日に1人で天王洲に行って見た。

大江戸線で「大門駅」で降り、そこから「モノレール」に乗る。1駅で「天王洲アイル駅」だが、知らずに乗ったら急行で、羽田空港まで連れて行かれてしまった。やはり「下見に来て良かったー!」と感じたのである。


小雨の中を「天王洲ピア桟橋」を出発する。



目黒川の様子を見るために「天王洲ピア桟橋」の乗船場所から、歩いて上流に向かったが小雨で寒くて参った。
10分ほどで品川橋に着き、そこで目黒まで川を上る船と戻る船を待つことにした。
10時30分発のクルーズ船は1時間くらいで、この品川橋へ戻って来るはずだ。

寒い中を待っていたら、上流から船が来るのが見えた。乗客は40人乗りの船に18人だった。乗客は合羽を着て、寒そうにしていた。その時に他社のクルーズ船が目黒川を上って来て、品川橋の傍ですれ違った。こちらの乗客は白づくめの合羽姿だった。


 目黒川の「品川橋」から下りの船を見る。



小雨の中で桜も咲いていないクルーズ船に乗った乗客は、さぞ腹立たしかっただろう。この日以外は忙しくて、日にちの変更が出来なかったのかもしれない。
昨年は目黒川の「花筏」の撮影に、私は何度も品川橋とその上流へ出掛けて行った。
この話は昨年の「4月5日」のブログ「花筏を見に行く(2)」に載せた。

「花筏」が現れるのは、「満開」から1週間くらい後である。
それから計算すると、今年の目黒川の「花筏」は「4月14日頃」になりそうだ。
今年もその時に「やることが無ければ・・・」、花筏の撮影に来るつもりだ。


目黒川の「品川橋」から上りの船を見る。


伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,412,284

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

コメント

  1. Shinji
    Shinji
    返信

    合計6人の予定変更計画は、さぞかし大変だったでしょう。しかも、毎日の如く、サクラ情報が変わるのであれば、尚更の事。無事、良き日を迎えて、めでたし。

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,412,284

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ